キャンペーン実施中!

電翔10周年記念!決算還元・大感謝スーパーセール
詳しくはこちら >

【受信性能が高い】パラスタックアンテナの特徴を解説!デメリットも紹介

アンテナ工事ブログ

人気記事のタグ一覧です。読みたい記事をクリックしてください。
#東京 #神奈川 #千葉 #埼玉 #茨城 #群馬 #栃木 #八木式アンテナ #デザインアンテナ #BS/CSアンテナ #4K8K対応工事 #屋根裏設置 #新築 #新設撤去 #CATV切替 #アンテナ倒壊

【受信性能が高い】パラスタックアンテナの特徴を解説!デメリットも紹介

2022年12月23日 (金曜日) 13:22

【受信性能が高い】パラスタックアンテナの特徴を解説!デメリットも紹介|MV

今回は、パラスタックアンテナをご紹介します。パラスタックアンテナは、弱電界地域で効果を発揮するテレビアンテナです。新築住宅の周辺が弱電界地域だったり、周辺の環境変化でテレビ電波の受信状況が悪くなったと感じている方におすすめのパラスタックアンテナ。その特徴や従来モデルとの違い、デメリットなどについて解説していきます。

パラスタックアンテナの特徴

パラスタックアンテナの特徴は、なんといっても「高い受信性能」です。弱電界地域と言われる、テレビ電波の弱いエリアや、周辺環境の影響で受信状況が良くない場所でも、高い効果が期待できます。形状は、八木式アンテナと呼ばれる魚の骨のような形のアンテナとほぼ同じです。

従来の八木式アンテナと何が違う?

では従来の八木式アンテナとパラスタックアンテナは、どのようなところが違うのでしょうか。

形状

〈従来の八木式アンテナ〉

UHFアンテナ

〈パラスタックアンテナ〉

パラスタックアンテナ

形状の特徴は、従来の八木式アンテナと比較して、「素子」の数が多い点です。
素子とは、アンテナの軸からいくつも伸びている、小さな横棒の部分です。「エレメント」と呼ばれることもあり、この部分で電波を受信したり送信したりする役割を担います。

電波の受信性能

八木式アンテナは、デザインアンテナやユニコーンアンテナに比べて、電波の受信性能が高いです。そして、八木式アンテナの中でも、この「素子」の数が多いほうが、受信性能が高くなっていきます。パラスタックアンテナの素子は軸に対してX状についています。一箇所あたりの素子は4つなり、従来の八木式アンテナの2倍です。このように、素子の数が多いことが、従来型よりも受信性能が高い理由です。

パラスタックアンテナの施工事例

電翔でもパラスタックアンテナの設置工事を承っていますので、施工事例の一部をご紹介します。(各リンク先では施工詳細もご覧いただけます)

住宅の外観

詳細:パラスタックアンテナを使用したアンテナ工事事例【茨城県神栖市】

屋根上のUHFアンテナ

詳細:横浜市南区|ケーブルテレビ有料化はアンテナ設置がおすすめ

パラスタックアンテナのデメリットは?

ここで、パラスタックアンテナのデメリットもご紹介します。

  • 風の影響を受けやすい
  • 電波が強い場所には設置できない場合もある

パラスタックアンテナは、従来の八木式アンテナよりも、風の影響を受けやすいといえます。素子が多いので、その分、風を受ける面積が大きくなったり、重量が重くなったりしているためです。設置する際は、しっかりとした強風対策ができるアンテナ工事業者に依頼することを強くおすすめします。
また、強電界地域と言われる、電波の強いエリアでは、パラスタックアンテナを設置した時に、テレビの映りを悪くしてしまう可能性もあります。

パラスタックアンテナのまとめ

弱電界エリアでも、従来のモデルより高い受信性能が期待できるパラスタックアンテナ。しかし、その設置には、しっかりとした事前の電波状況の確認と、丁寧な設置工事が必要です。設置する際には、信頼できる事業者にご依頼ください。

後悔しないアンテナ設置は電翔におまかせください:無料相談/見積もり依頼

友だち追加

無料見積依頼

無料見積依頼


戸建てのテレビのブースターはどこにあるの?設置場所を解説

2022年12月23日 (金曜日) 13:17

戸建てのテレビのブースターはどこにあるの?設置場所を解説

戸建て住宅でテレビのブースターがどこにあるのかアンテナのプロが設置場所を詳しく解説します。

※ブースターの役割については下記の記事で詳しく解説していますので併せてご参考になさってください。


戸建てのテレビのブースターの総合案内:電翔の無料相談/見積もり依頼


戸建てのテレビのブースターの場所

戸建てのテレビのブースターの場所

戸建て住宅では主に次のような場所にテレビのブースターが設置されていることが多いです。

戸建てのブースター設置場所1.屋根裏

屋根裏の機器類

戸建てでテレビのブースターの設置によく選ばれる場所のひとつに、分配器が設置されている屋根裏があげられます。

ブースターは本体と電源と機器が分かれていて、電源コンセンが必要です。

屋根裏には点検口や専用の出入り口から入ることができ、一般的にコンセントが近くにある柱に取り付けます。

屋根裏でも設置場所は、点検口などの扉をあけて、すぐ手が届く場所や少し奥など物件によって様々です。

また、ケースバイケースですが、ブースターの本体は後述する他の場所で電源のみ屋根裏に設置されている場合もあります。

戸建てのブースター設置場所2.ユニットバスの天井裏

天井裏の機器類

ブースターが屋根裏にない場合は、ユニットバスの天井裏に設置されていることも多いです。

浴室の天井に写真のようなパネルが配置されていれば、その中に分配器と一緒にブースターがあります。

なお、ユニットバスの天井裏は天井裏よりもスペースが小さいことが多く、一般的にはパネルを外せば手の届く範囲に設置されていることがほとんどです。

こちらも屋根裏と同じように、ブースター電源単体または本体とセットで取り付けてあります。

戸建てのブースター設置場所3.マルチメディアボックス

マルチメディアボックスの機器類

近年、マルチメディアボックスが標準で配備されている戸建てが増えていて、ここをブースターの設置場所として選ばれることも多いです。

マルチメディアボックスは、ブースターや分配器の他、インターネットのモデルやルーターの設置など住宅のインフラ設備を一纏めにできるので有効活用されていて、それぞれの機器は電力を有するため、電源コンセントとともに配置されています。

また、最近の新築では屋内に設置されていることがほとんどですが、屋外ボックスが配置されている場合は、こちらをブースターの設置場所として利用することもあります。

戸建てのブースター設置場所4.アンテナ本体の近く

サイドベースのブースター

ブースターの本体と電源が別々の場所にある場合は、本体はテレビアンテナの近くに設置されていることが一般的です。

アンテナを固定しているマスト(支柱)や金具に取り付けたり、デザインアンテナであれば本体裏に設置したり、様々な場所にあります。

なお、先述のとおりテレビのブースターは電源が必要なため、屋外のアンテナの近くに設置する場合は、本体のみで電源は、前項までにご紹介したいずれの場所に取り付けられていることがほとんどです。

また、アンテナ本体が屋根裏など屋内に設置されている場合は、ブースターは本体と電源が近くにセットで設置されています。

ここまで、戸建ての代表的なブースターの設置場所をご紹介してきましたが、ご自宅のどこに設置されているのかご不明でしたら、電翔でご案内いたしますので、お気軽にお問合せ下さい。

戸建てのテレビのブースターに関するご相談:

戸建てのテレビのブースターの種類

戸建てのテレビのブースターの種類

次に、テレビの視聴する番組によって設置されているブースターの種類が異なりますので、どんな製品が使用されているのか解説します。

地デジ用ブースター

地デジ用のブースター

地上デジタル放送用アンテナの専用ブースターです。地デジのみを視聴する場合に使用し、「UHFブースター」とも表記されています。

なお、テレビが突然映らなくなってアンテナに異常が無い場合は、ブースターが故障しているケースが多いです。

ブースターはアンテナで受信したテレビ電波を増幅する働きがあり、故障してしまうと、視聴に必要なレベルが満たされず、映像が映らなくなってしまうことがあります。
こういったトラブルはブースターの交換で改善されますので、電翔へお問い合わせくださいませ。

戸建てに地デジ用ブースターの新設・取替をご希望の方:電翔の無料相談/見積もり依頼

地デジ・衛星放送用ブースター

地デジ・衛星放送用ブースター

地デジの他、BS、CS、4K8K放送などの衛星放送を視聴する場合には、兼用のブースターを使用します。

表記は「CS/BS-IF・UHFブースター」などとなっていて、4K8K対応製品であれば、「4K8K」といった記載が本体にされています。

また、衛星放送用のテレビアンテナを後から増設した場合は、ブースターが地デジ専用のままの可能性が高いので、正常に視聴するには一緒に交換が必要です。

特に衛星放送の電波は、地デジよりも受信感度がシビアなため、ブースターを設置した方が確実に視聴できます。

地デジ・衛星放送用のブースターは電翔で設置いたしますので、お気軽にお声掛けくださいませ。同時にBS/CSアンテナの設置も行っています。

戸建てに地デジ・衛星放送用ブースターの設置をご希望の方:電翔の無料相談/見積もり依頼

戸建てのテレビのブースターの工事料金

料金のイメージ

最後に、戸建てのテレビのブースターの工事料金をご案内します。電翔では参考価格として以下のように金額をご提示。正確な料金が現地にてお見積もりをお出しいたします。

UHFブースター(アンテナ新設時)¥16,500~
地デジの電波が弱い場合、電波を増幅する機械です。
U/Bブースター(アンテナ新設時)¥22,000〜
地デジとBS・CS放送の電波が弱い場合、電波を増幅する機械です。
UHFブースターのみ交換¥30,800
U/Bブースター交換¥36,300

テレビアンテナとセット、ブースターのみなどお客様のご要望に合わせて設置可能ですので、ぜひ電翔をご利用くださいませ。

戸建てのブースターの料金について:電翔の無料相談/見積もり依頼

まとめ:戸建てのテレビのブースターについて

まとめのイメージ

以上、戸建てのテレビのブースターがどこにあるのかについて解説しました。

戸建ての場合は一般的には下記のような場所が設置場所です。

・屋根裏
・ユニットバスの天井裏
・マルチメディアボックス
・アンテナの近く

また、ブースターには地デジ用と衛星放送兼用の種類があり、視聴用途に応じて使用します。

戸建てのブースターの新設や交換は電翔におまかせくださいませ。皆様からのお問合せ心よりお待ちしております。

戸建てのテレビのブースターのご相談:電翔の無料相談/見積もり依頼

友だち追加

無料見積依頼

無料見積依頼


アパートにアンテナがない?賃貸でテレビを見る方法を解説!

2022年12月23日 (金曜日) 10:21

アパートにアンテナがない?賃貸でテレビを見る方法を解説!

アパートなどの賃貸物件にアンテナがないケースでテレビが見られない等でお困りの方向けに対象方法を解説します。

アパートにアンテナがない場合に確認すべきこと

アパートにアンテナがない場合に確認すべきこと

アパートなどの賃貸物件では、一般的に共用のアンテナが設置されていて、各居室でのテレビ視聴が可能となっています。

物件によっては、テレビアンテナが設置されていなくて、他の視聴方法が採用されているケースもありますが、本当にアンテナがないのか?など、確認すべきポイントから見ておきましょう。

アパートの賃貸契約にテレビ視聴に関する内容が明記されている

アンテナがあるアパートであれば、最初に賃貸契約を交わすときに契約書にUHFが設備として明記されていて、屋上や外壁の最上部などに設置されています。

もし、明記されているにも関わらず、アンテナが見当たらない場合は、オーナー様など物件を管理されている方にご連絡の上、ご確認ください。アパートによっては、外観からは見にくい場所や一見アンテナには見えないタイプの製品が設置されている可能性もあります。

この他、契約内容によっては景観地区や弱電界地域などアンテナ設置が難しいエリアのアパートや物件の外観の見映えなどによって、オーナー様の意向で設置してないパターンもありますが、こういった特殊なケースでは必ず契約時に説明があるはずです。

また、現代においてテレビ視聴環境は当たり前で、賃貸契約の際にアンテナの有無をあまり確認せず後々のトラブルに発展するケースもあるそうですが、今一度、契約内容をご確認ください。

なお、アパートによっては地デジのみの視聴が可能で衛星放送に対応していない場合もあります。この場合は下記のコラムで詳しく解説していますので併せてご参考になさってください。

アパートにアンテナがある場合のチェックポイント

アンテナがあるのにアパート全体または複数の居室でトラブルを抱えていれば、アンテナ本体や周辺機器に問題があり、ご自身の居室のみでテレビが見られない場合は、部屋の端子が異常をきたしていることが多いです。

この場合、慌てずにアパートの管理人や他の居住者に状況をご確認いただき、どちらのケースにあてはまるのかチェックしましょう。

アパートでテレビがみられないトラブルの原因特定は、アンテナ専門店の電翔でも行っていますので、お気軽にご相談くださいませ。物件オーナー様からのご依頼も受け付けております。

アパートのアンテナについてのお問合せ:電翔の無料相談/見積もり依頼

アパートにアンテナがない場合のテレビ視聴方法

アパートにアンテナがない場合のテレビ視聴方法

では、アパートにアンテナがない場合にはどのようにテレビを視聴すればよいのか解説します。

アパートの部屋に個別にアンテナを設置

アパートにアンテナがない場合は、個別にベランダに設置してテレビの視聴が実現する場合があります。

この方法は、特に衛星放送の非対応のアパートでBS/CSアンテナの設置が多いですが、オーナー様の許可が必要です。

詳しくは下記のコラムでも解説しています。

アパートにBS/CSアンテナ設置をご希望の方:電翔の無料相談/見積もり依頼

また、地デジアンテナをアパートで個別に設置するケースはあまり多くないですが、他の居住者など共用アンテナの設置を希望者が多ければ、申請することでアンテナ設置が実現する可能性もありますが、テレビを見られるようになるまでは、かなりの時間を要することが想定されますので、あまり現実的ではないかもしれません。

アパートの部屋に室内アンテナを設置

アパートにアンテナがない場合は、個別に室内アンテナを設置してテレビを見る方法もあります。

ただし、居室までテレビ電波が届いていることが最低条件です。立地や居室の階数などによって電波が届きにくいことも多々想定されますので、ご注意ください。

▼アパートの室内アンテナの関連記事▼

アパートでケーブルテレビや光テレビを契約

アパートにアンテナがなく、個別設置や室内アンテナも難しい場合は、ケーブルテレビや光テレビを契約することで、テレビ視聴が実現する可能性があります。

ただし、ケーブルテレビや光テレビはアパートの賃貸料金とは別に月額料金がランニングコストとして発生します。

物件によっては、アンテナが設置されていない、予定がない場合などにテレビ視聴には個別でケーブルテレビや光テレビの契約が必要な場合もあるので、こちらもチェックしておきましょう。

また、稀なケースではりますが、アパートの賃貸契約時にアンテナが設置されていると説明を受けたにも関わらず、実際はなかった場合に、ケーブルテレビや光テレビを求められることもあるそうです。

こういった場合は、不動産業者側の不手際に該当するため、ケーブルテレビや光テレビの費用を負担してもらえる可能性があります。

また、アパートの場合、新生活で引っ越しされる方も多いですが、家電量販店などで家電一式を購入する際に、インターネットの勧誘があり、オプションで光テレビの契約を求められることも珍しくありません。

もし、アパートにアンテナがあるにもかかわらず光テレビを契約してしまうと、無料で見られるテレビ視聴が有料になってしまって損する可能性もありますので、ご注意ください。

まとめ:アパートにアンテナがない事例について

まとめのイメージ

以上、アパートにアンテナがない事例について解説しました。

まとめますと、アパートには実際はアンテナがあるのにテレビが映らないことで、ないと判断してしまうケースもありますが、共用のアンテナや周辺機器がトラブルを抱えている可能性も十分考えられます。

また、アパートにアンテナがない物件も実際にあり、基本的には賃貸契約時に説明がありますので、アンテナでの視聴をご希望でしたら設備のある物件選びもおすすめです。

いずれにせよ、入居してしまってから後悔がないように、念入りに事前確認をしておきましょう。

もし、アパートにアンテナがないようでしたら、衛星放送用BS/CSアンテナの個別設置や室内アンテナの使用、ケーブルテレビや光テレビの契約などが現実的です。

なにかアパートのテレビ視聴に関してお困でしたら、お気軽に電翔へご相談くださいませ。快適なテレビ視聴環境づくりのお手伝いいたします。皆様からのお問合せ心よりお待ちしております。

アパートのテレビアンテナに関するお問合せ:電翔の無料相談/見積もり依頼

友だち追加

無料見積依頼

無料見積依頼


【BS/CSアンテナ】番組は視聴できないのは電源設定が原因かも

2022年12月23日 (金曜日) 10:19

【BS/CSアンテナ】番組は視聴できないのは電源設定が原因かも|MV

せっかくBS/CSアンテナを取り付けたのに番組が視聴できない。そんな時に確認していただきたいのが、アンテナへの電源供給設定です。BS/CSアンテナは電源供給がされないと、映像をテレビまで届けることができません。今回は、アンテナへの電源供給について解説していきます。

アンテナ・テレビトラブルのご相談は電翔にご連絡ください:無料相談/見積もり依頼

BS/CSアンテナの電源供給方法は?

BS/CSアンテナへの電源は、テレビやレコーダーなど、接続する機器から供給されます。また、ブースターを利用している場合は、ブースターから電源を供給します。家電製品のようにコンセントを繋ぐようなことはありません。

BS/CSアンテナの電源供給を確認するには?

電源がアンテナに届いているかの確認方法ですが、次の点をチェックしてください。

  • アンテナとテレビ(レコーダー)が正しく接続されている
  • テレビ(レコーダー)はコンセントが接続され、通電している
  • テレビ(レコーダー)の電源供給設定がされている

この中で、3つ目の電源供給設定は、接続するテレビまたはレコーダーから設定をする必要があります。

電源供給設定とは?

BS/CSアンテナに電源供給をするための設定があります。設定は、リモコンボタンの操作により可能ですが、メーカーによって設定方法が異なりますので、各メーカーのホームページなどを参考に行ってください。また、設定は「オン」と「オート」があり、それぞれ、次のような違いがあります。

  • オン:アンテナと接続している機器の電源が入っている時に、常にアンテナに電源を供給
  • オート:アンテナと接続している機器の電源が入っていて、BS/CS放送をみるときだけアンテナに電源を供給

オートに設定をしてBS/CS放送が視聴できない時は、設定をオンに切り替えてみてください。この切り替えを行うだけで、視聴できるようになる場合があります。

その他の電源供給トラブル例

複数のテレビでBS/CS放送を視聴していて、特定のテレビを消すと他のテレビでBS/CS放送の視聴ができなくなることがあります。この場合の考えられる原因は分配器です。
分配器には、1端子だけ電源が通る1端子電流通過型というものがあり、特定の1台からのみ電源供給ができる仕組みになっています。そのため、対象の機器の電源を切ると、アンテナに電気がいかなくなり、他のテレビで放送の視聴ができなくなるのです。
解決策としては、分配器を「全端子電流通過型分配器」に交換することです。このタイプの分配器に交換すれば、接続しているすべての機器から電源供給が可能になります。

BS/CSアンテナの電源供給のまとめ

電源供給設定は、基本的には一度設定すれば良いものです。しかし、テレビの買い換えや、機器の追加をした時は、再度同じような設定が必要になります。また、何かの拍子に設定が変わってしまうこともありますので、トラブルの際は必ず設定の確認も行ってください。
この記事でご紹介した方法で解決しない場合は、もしかしたら電源以外の原因でBS/CS放送が映らなくなっている可能性もあります。アンテナ工事業者にアンテナの点検を依頼や相談をしてみましょう。

アンテナ・テレビトラブルのご相談は電翔にご連絡ください:無料相談/見積もり依頼

友だち追加

無料見積依頼

無料見積依頼


【アンテナあるある】テレビアンテナ工事のよくある後悔と対策方法

2022年12月22日 (木曜日) 14:49

【アンテナあるある】テレビアンテナ工事のよくある後悔と対策方法|MV

新築の家を建てると、電気・ガス・水道といったライフラインとあわせて、テレビの視聴環境を整えなければなりません。新築一戸建ての場合、テレビアンテナは最初から取り付けられていないので、アンテナ工事専門業者への依頼が必要になります。
テレビライフを快適にスタートするために、アンテナは重要です。しかし、残念ながらアンテナ設置で後悔をしてしまう場合があります。今回は、後悔につながってしまう例と、後悔しないアンテナ設置のポイントをご紹介します。

後悔しないアンテナ設置は電翔におまかせください:無料相談/見積もり依頼

電波の受信状況の後悔

1つ目は、電波の受信状況についての後悔です。この後悔につながる要因は、事前の電波状況の確認不足です。設置予定場所の電波確認があまいと、十分な電波の受信が難しくなり、テレビの映りが悪くなったりします。

この後悔を防ぐには

設置前に、しっかりとした電波状況の確認が必要です。建物周辺の一部の場所だけの調査ではなく、実際に設置する場所の電波状況をきちんと調べてもらいましょう。そして、電波状況を確認した上で、取り付けたいアンテナでも問題なく電波受信ができるかどうかを専門家に判断してもらいましょう。

ポイント:電翔では細かく電波調査をおこない、適切な場所に適切なアンテナをご提案いたします。

設置費用に関する後悔

2つ目は、設置費用についてです。アンテナ設置は、想定より料金が高かったというアンテナ事業者の口コミをみることがあります。また、必要な工事の説明をあまり受けずに任せていたら、請求額が思ったより高かったというお声もききます。テレビアンテナに限らず、あとになってから「高い料金を払ってしまった」という後悔は、結構尾を引くものですね。

この後悔を防ぐには

まず、料金を抑えたい場合は、仲介手数料のかからない「アンテナ工事専門業者」がおすすめです。家電量販店やホームセンター、ハウスメーカーなど、アンテナ工事の受付窓口はさまざまなところにあります。しかし、最終的に作業をするのはアンテナ工事業者というケースがほとんどですので、直接依頼することで余計な手数料をカットできます。
そして、見積もりの際に、どのような工事がどのような理由で必要なのかを、しっかりと確認しておきましょう。基本的な取付料金以外に、費用が発生するかどうかも確認事項の1つです。工事の内容に納得ができなかったり、内容がよくわからなかったりする場合は、納得いくまで工事業者に質問をしてください。

ポイント:電翔では的確なお見積をだしています。作業内容についてもご不明な点があれば、きちんと御応えし、お客さまのご要望に合わせた適切な価格と、確実な作業を実施いたします。

保証に関する後悔

マッチングサイトなどで、個人や便利屋さんにアンテナ設置を依頼すると、安く設置をしてくれる方はいるのですが、注意したいのは保証の有無です。設置する時の金額の安さで業者を選んでしまい、故障した際に保証がなく失敗したという話も、よくある後悔の1つです。保証がないために、再度アンテナを設置しなおすと、結局トータルで高額な費用につながったりします。

この後悔を防ぐには

設置後の保証については、必ず確認をしましょう。自然故障やアンテナの方向調整など、万が一の時に保証でカバーできる作業は結構あります。アンテナ工事専門業者では、5年〜8年くらいの保証が一般的です。保証がない業者への依頼は極力さけることをおすすめします。

ポイント:電翔は安心の5年保証。自然故障の対応やテレビの映りが悪くなった時のアンテナ点検など、万が一の時はきちんとサポートさせていただきます。

テレビアンテナ工事で後悔しないために

ここまでテレビアンテナの工事にまつわる後悔についてご紹介してきました。最後に、テレビアンテナ工事で後悔しないためのポイントを再度まとめてみましょう。

  • 専門業者に依頼をする
  • 見積もり時に電波状況を細かく確認する業者か確認する
  • 設置後の保証について内容をしっかりと確認する

話をしっかりときいてくれて、頼りになるアンテナ工事業者に依頼すると、今後もテレビやアンテナのトラブル時に頼りになります。よい業者とつきあって、長いテレビライフを快適に過ごしてください。

後悔しないアンテナ設置は電翔におまかせください:無料相談/見積もり依頼

友だち追加

無料見積依頼

無料見積依頼


開く 閉じる