ユニコーンアンテナは台風に強い?実際の設置例で徹底解説!

アンテナBlog

ユニコーンアンテナは台風に強い?実際の設置例で徹底解説!

2022年06月28日 (火曜日) 11:44

こんにちは!テレビアンテナ工事電翔のブログ担当、川原です😊

 

最初に〆切間近キャンペーンのお知らせをいたします!

■初めてお申込みのお客様のアンテナ工事費がお得に!

東京・埼玉・神奈川・千葉にお住まいの方で料金5%OFFです😉

初めてのお問合せ5%OFFのバナー

■Googleクチコミに口コミ投稿でギフト券プレゼント!

Googleに電翔のアンテナ工事またはLAN配線工事の口コミ投稿で1000円分のギフト券をプレゼントいたします!

Googleクチコミ投稿キャンペーンのバナー

どちらも今月末までのキャンペーンですので、お早めにお申し込みくださいませ♪

 

さて、関東地方は観測史上最短の梅雨明けとなり、6月としては異例の猛暑日が連続していますが、熱中症にも警戒したいところですね😫

また、この暑い中、東京電力管内では昨日に続き、企業や家庭へ節電の協力を要請すると発表されましたが、無理のない範囲で乗り越えましょう😭

そして、梅雨が明けたということは、夏が本格化するとともに心配なのが台風です!!できれば、何事もなく過ぎ去って欲しいものですが、いざという時に備えておきたいもの。

テレビアンテナも今のうちのメンテナンスなど対策しておくことで備えになります👍使用中のアンテナが古くて倒壊等が心配であれば、新品への交換もおすすめです😉

本日は一例として、台風のような強風にも強い地デジ用のユニコーンアンテナを使った工事をご紹介しますので、ぜひご参考になさってください♪

 

ご依頼くださったのは、千葉県市原市北国分寺に新築を建てられたI様。

ユニコーンアンテナを設置した戸建住宅

クールなダークカラーを基調とした佇まいがとっても印象的😆
お写真中央に写っているのが設置したユニコーンアンテナです!

近くで見てみましょう👀

破風板に設置したユニコーンアンテナ

あまり見たことないタイプのアンテナかもしれませんが、地デジ用の第3世代として登場したのが、このポール型のユニコーンアンテナです。

360°どこから見ても同じ形状で、風が当たっても受け流せる構造のため、台風などの災害対策としても効果を発揮します👍

今回は破風板に取り付けましたが、設置の手順は次の通りです。

破風板のビス穴

まずは破風板に金具を取り付けるためにビス穴を開け、腐敗防止のためコーキング処理を行います。この案件では6つのビス穴を開けました🔧

破風板に設置したサイドベース

つづいて、その穴に合わせて金具をビスで止めます。使用したのはサイドベースと呼ばれる金具です。

そして、先ほどのお写真のようにサイドベースの先端にユニコーンアンテナの本体を取り付けます🔧また、今回はサイドベースに地デジ電波を強くするための増幅器、ブースターもとり付けました!

サイドベースに取り付けたブースター

これを取り付けることで、映像にノイズが入るといった視聴トラブルを防ぎ、テレビを複数台設置しても、快適に見られるようになります👌

ちなみにブースターは電源が必要となるため、別途電源部を設置する必要がありますが、今回はこちらに取り付けました🔧

マルチメディアボックス内の機器類

屋内のマルチメディアボックス内です。正常値を示す緑のランプが点灯している部材がブースターの電源部です!

以上で、台風にも強いユニコーンアンテナの設置工事が完了しました🤗

同様の工事をご希望でしたら、施工数の多い電翔をご利用くださいませ😉

テレビアンテナの台風対策は次の記事でも解説しています。

台風でアンテナが飛んだ!?もしもに備えてやるべき対策3選

 

ユニコーンアンテナの詳細は以下の特設ページをご覧ください♪

ユニコーンアンテナとは?【ポール形状が魅力】新アンテナ

 

それでは、皆様からのお問い合わせ、心よりお待ちしております😌

友だち追加

無料見積依頼

無料見積依頼

開く 閉じる