デザインアンテナなら住宅密集地帯の越境問題をクリアできる

アンテナBlog

デザインアンテナなら住宅密集地帯の越境問題をクリアできる

2022年05月12日 (木曜日) 11:51

こんにちは!
テレビアンテナ工事電翔のブログ担当、川原です😊

 

住宅密集地などお隣の建物と密接しているようなエリアでは、越境問題が発生することもありますが、屋外設置の多いテレビアンテナも例外ではありません!

特に骨型タイプのUHFアンテナですと、横に長さがあるため設置状況によっては、お隣の敷地にはみ出てしまい、越境問題に発展してしまうことも😱

では、そういった地域ではアンテナでテレビを視聴できないの?と思わるかもしれませんが、ご安心ください。現在のアンテナは1種類だけでなく、設置方法も様々です。

本日は、実際のアンテナ工事で越境問題もクリアした様子をご紹介しますので、ぜひご参考になさってください😉

 

ご依頼くださったのは、東京都江戸川区松島に新築を建てられたお客様です。

デザインアンテナを設置した戸建住宅

モダンスタイルの佇まいでとってもオシャレでした😆お隣のお家と密接していますが、実はこのお写真、既にテレビアンテナ設置後に撮影したもので越境問題もクリアしています😁

もちろんアンテナもしっかり写っていますが、どこにあるか見つかりましたか?

もう少し近くに寄ってみましょう♪

デザインアンテナを設置した戸建住宅

いかがでしょうか?

まだ見つけられない方のために、さらに近寄ってみます!

外壁に取り付けたデザインアンテナ外壁に取り付けたデザインアンテナ

正解は、この壁面に取り付けられたボックスタイプの部材でした🤗

骨型タイプのアンテナしかご存知ない方にとっては信じられないかもしれませんが、こちらも地デジ用のアンテナです!デザインアンテナと呼ばれていて、発売からだいぶ認知度も高まり、今や新築住宅を中心に人気を博しています😉

シンプルなフォルムで外観を損ねない造りなので、どんな住宅にも馴染む造りが特徴的、詳しくは特設ページをご用意していますので、ご興味ございましたらご覧ください♪

デザインアンテナとは?【外観を損ねない】地デジアンテナ

最後により快適なテレビ視聴をしていただくために、電波を強くするためのブースター設置の様子をご紹介。

マルチメディアボックス内の分配器とブースターの本体及び電源部

今回は、屋内のマルチメディアボックス内にブースターの本体と電源部を取り付けました。これでテレビも2台以上設置しても、映像にノイズが入るなどの視聴トラブルも防げます👌

 

以上で、デザインアンテナの設置工事が完了💪

このように、デザインアンテナはコンパクトでフラットに設置できるため、越境問題対策にもご活用いただけます😉

設置可否判断を含めた現地調査から取り付けまで、アンテナ工事士資格を持っているスタッフが揃っている電翔でご対応いたしますので、ぜひご利用くださいませ!!

皆様からのお問合せ、心よりお待ちしております😌

友だち追加

無料見積依頼