デザインアンテナ|テレビアンテナ工事の種類について|株式会社電翔

デザインアンテナ

見た目の美しさと高性能を両立させた地デジ用アンテナが新登場
屋根の上にアンテナを付けるのは外観の見栄えが悪い!!とお考えの方には、おすすめです。
デザインタイプのアンテナを使用し、外観を損なわないアンテナ工事も取り扱っております。是非当社にお問合せください。

見た目の美しさと高性能を両立させた地デジ用アンテナが新登場!屋根の上にアンテナを付けるのは外観の見栄えが悪い!!とお考えの方には、おすすめです。デザインタイプのアンテナを使用し、外観を損なわないアンテナ工事も取り扱っております。是非当社にお問合せください。

デザインアンテナは今一番人気の地デジ用アンテナです。コンパクトな形状なので、設置後も目立ちにくく、お家の外観を大切にしたいご新築のお客様に好評です。カラーは全4色。お家のイメージに合わせてお選びください。

1. 「デザインアンテナ」とは?

デザインアンテナは、別名、フラットアンテナ、壁面アンテナ、平面アンテナとも言います。スタイリッシュな形状が特徴で、とてもコンパクトです。そして、カラーバリエーションが4色と豊富です。白、黒、茶色、ベージュの中からお家の外壁やサッシのカラーに合わせてお選びいただけるので、「アンテナが目立ってしまうのはちょっと…」という方やご新築に設置を希望の方にオススメです。

2. 「デザインアンテナ」を取り付けると何ができるの?

「UHFアンテナ」と同じく、地上デジタル放送がご覧になれます。かかる費用は、NHKの受信料のみです。

3.「デザインアンテナ」は「UHFアンテナ」と何が違うのか?

デザインアンテナはフラットな箱型、UHFアンテナは魚の骨のような形をしています。形状の違いが一番の特徴ですが、薄型なので外に設置しても雨風の影響を受けにくいというメリットがあります。また、お色が選べるのでお家の美観を損なわない為、ご新築のお客様にご好評いただいています。

4.「デザインアンテナ」の設置について

省スペースな設置ができる、デザインアンテナ。電翔では、新築をはじめとする数々の物件への取り付け実績がございます。東京スカイツリーや各地の中継局からの電波を効率よくキャッチできる場所をお調べし、お客様に最適な設置場所をご提案いたします。

①壁面設置

このタイプのアンテナで、一番標準的な取り付け方法が「壁面設置」と呼ばれるスタイルです。屋根の軒下に設置することが多く、屋根上に太陽光パネルのあるお家にもおすすめです。外壁と同系色を選べば、一層目立ちにくくなるのがポイント。風の煽りを受けにくいため、強風による倒壊や、鳥がとまってしまうことによる被害(鳥害・糞害)対策にも効果があります。

どうやって取り付けるの?

デザインアンテナに付属される専用の取り付け金具を使用しています。金具の固定は、ビス(ねじ)を用います。その際に、外壁にビス穴をあける必要があります。外壁に穴をあけた箇所からの腐食を防ぐ目的で、電翔ではシリコン樹脂でコーキングを行っています。補強と防水に効果があるこの作業は、お客様の大切なお家を守るための取り組みです。

②屋内設置

外から全く見えないため、お家の外観イメージを保つことのできる人気の取り付け方法です。屋根裏部屋にアンテナを置くスペースがある、十分な量の電波を受信できるかなどの条件に加え、配線設備などの位置関係も重要です。アンテナ本体や配線などが風雨や直射日光にさらされることがないので、経年劣化を防ぎ、耐用年数も長くなります。

5. BSやCSも見たいんだけど…

BS/CSアンテナを設置することで、視聴できる番組数はさらに増えます。さらに、2018年12月からは、BSの4K8K放送も始まります。4K8K放送の開始により、現在のハイジビジョン放送より、さらに高画質でテレビのご視聴を楽しむことができるようなります。後から追加で設置することもできますが、デザインアンテナと同時工事で、工事時間や費用などのコストを抑えることができます。皆さまが快適にテレビをご覧になれる環境づくりを電翔では、お手伝いさせていただいております。

 

無料見積依頼

  • ケーブルテレビ解約の方
  • 光テレビ解約の方
  • TVの映りが悪い方
その他
  • テレビアンテナ工事の費用について
  • アンテナ工事の流れ