アンテナ設置済み住宅のテレビ視聴トラブル対応【東京都豊島区】

アンテナBlog

アンテナ設置済み住宅のテレビ視聴トラブル対応【東京都豊島区】

2020年11月24日 (火曜日) 13:01

こんにちは!

テレビアンテナ工事電翔のブログ担当川原です🙂

 

中古物件などをご購入された際に、既にテレビアンテナが設置されている状態で、テレビを見ようと思ったら映りが悪い・・・なんてことがあります。

状況によっては、アンテナ本体の取替工事が必要になりますが、位置調整配線交換といった修復で改善する場合もあります👌

本日ご紹介のアンテナ工事は、そのようなアンテナの位置調整とアウト線交換でテレビの視聴不良を改善した事例です。

ご依頼くださったのは、東京都豊島区南長崎にお住いのお客様です。

住宅の外観

アンテナは、お写真のように、地デジ用のデザインアンテナ(右)と衛星放送用のパラボラアンテ(左)それぞれをサイドベースを使って立ち上げスタイルで設置されていました。

ですが、お引っ越し後にテレビを見ようとしたら、映りが不安定ということで、修復のご依頼をいただきました📞

原因を調査してみたところ、アンテナ本体にはトラブルを抱えていませんでしたが、パラボラアンテナの位置がずれているのと、アウト線に異常が見られました🧐

そのため、アンテナの位置調整とアウト線の交換を行うことになりました。

支柱の水平器テレビ電波の測定器

水平器を使って金具が真っすぐに立っているか確認し、測定器で電波の強度を計ります。

電翔のアンテナ工事は、このような機器を使用し、数値をみながら作業を行います👍

決して、器具も使わず「だいたいこのくらいだろう!」なんて適当な工事は行いませんのでご安心ください👌

外壁のサイドベース外壁のアウト線

アウト線交換の様子です。

養生マットが映っていますが、工事の際、建物に傷がつく恐れのある場合、お写真のように保護しています👌

外壁のBSアンテナ

また、梯子を使う場合は、梯子が建物に触れて傷がつかないように、梯子の先端に布を巻いています👌

以上で、パラボラアンテナの位置調整とアウト線の交換が完了し、テレビの映りも安定しました😆👏

 

同様のケースでお困りのお客様は、電翔が迅速対応いたします👍

お気軽にお声掛けくださいませ😉

友だち追加

無料見積依頼

無料見積依頼

開く 閉じる