ケーブルからアンテナへ切替え工事

アンテナBlog

ケーブルからアンテナへ切替え工事

2014年01月28日 (火曜日) 04:05

こんにちは!!工事担当斎藤です。
今日は藤沢市でアンテナ工事をしております。
今日の1件目はケーブルからアンテナに切り替えたいというご依頼でした。
今までアンテナは設置した事がないご自宅でしたので、
新規にアンテナを設置します。

ステンレスワイヤーを張り、アンテナ設置します。
BSアンテナもご希望で、さらにTV端子を増やしたいとのご希望でしたので、
UHFアンテナ、BSアンテナ、U/Bブースターと外2分配器も設置しました。
平塚局で電波を受信する為、アンテナの取り付け方は大地と垂直に取り付けます。

今までケーブルテレビで視聴していたので、
保安器まで配線を持っていき引込線と繋ぎ変えます。

銀色の部分を保安器といいます。
ケーブルテレビに加入している方はこの保安器が付いています。
この左側の黒い線が、電柱から来ているケーブル会社の線で、
右の白い線が建物の中に入っていくお客様所有物の引込線です。
アンテナ設置する場合は、お客様所有物である引込線とアンテナ線を
繋ぐ工事となります。
ケーブル会社が撤去に来るときは、左側の黒い線と保安器を撤去します。

 

このように、アンテナからの線と引込線を繋ぎます。
いい加減な工事をすると、ここに水が溜まることがあり、
のちのちTVが映らなくなる事がございます。
いい加減な業者の工事はたいていここがヒドイです。
水が溜まってショートして真っ黒になり、TVが映らなくなります。
しっかりと防水用の接栓を使い、エフコテープを雨水が浸透しないように
しっかりと巻きます。
更に上からビニールテープでしっかりと巻きます。

ここまですれば完璧です。
ビニールテープだけしか巻いていない業者をよく見かけますが、
絶対にいつかショートして映らなくなります。
弊社は5年保証を付けておりますが、
保証を使わない工事を心がけております。
今回はTV端子の増設もありますので、
屋根上に設置した外2分配器からのもう1本の配線を、
視聴したい場所まで線を露出配線し、
新たに端子を作ります。

養生をして、壁に穴をあけて配線を通します。

新しく端子を取り付けます。

養生を外して作業終了です。

写真を撮り忘れてしまいましたが、
この位置にブースターの電源を設置し、
TVの移動のお手伝いをして、作業終了です。
現場では、出来るだけお客様のご希望に合った工事を
心がけておりますので、
ご不明な点や、ご希望などございましたら、
お申し付けください。

友だち追加

無料見積依頼

無料見積依頼

開く 閉じる