プロが無料相談受付中!
吹き出し 通話無料

0120-596-442

(法人様:03-4446-2382)

平日・土 9:00〜19:00/日・祝日 10:00〜19:00

メール

ブログ

ホーム ブログ テレビアンテナ

新築建売物件のテレビアンテナ工事!費用やアンテナ設置場所は?

新築建売物件のテレビアンテナ工事!費用やアンテナ設置場所は?

新築建売物件のテレビアンテナ工事

新築建売物件におけるテレビアンテナの設置について説明します。

新築住宅の場合、アンテナ端子にケーブルをつなぎ、コンセント差し込むだけでは、テレビを視聴することができません。テレビを視聴するためには、視聴環境を整えることが必要です。テレビを視聴できるようにする方法は、主に3つ。

  1. テレビアンテナを取り付ける
  2. ケーブルテレビを契約する
  3. 光通信など高速インターネット回線とセットで契約する

今回は、もっとも一般的でランニングコストのかからない「1.テレビアンテナを取り付ける」アンテナ工事について、アンテナの種類や費用などについて詳しく解説していきます。

今すぐ見積もりを取りたい方はこちらのフォームからご連絡ください。

アンテナ設置のご相談は2009年創業の老舗「株式会社電翔」まで
【全国対応】無料相談/見積もり依頼、お気軽にご連絡ください

テレビアンテナの種類

テレビアンテナは視聴したい番組によって、設置するべきアンテナが異なります。「一般的な地デジ番組をみたい」「BSやCS放送の番組をみたい」、またはその両方を見たいといった希望によって設置するアンテナを選びましょう。

目的別:必要なアンテナ早見表

地デジアンテナBS/CSアンテナ
地デジ番組だけみたい
BS/CS番組だけみたい
地デジもBS/CSもみたい

受信に必要なアンテナが設置されていないと、みたいテレビ番組をみることができません。引っ越し前であれば、どのようなテレビ番組をみているか確認しておきましょう。

新築物件に合わせて選びたいテレビアンテナの形状

次にテレビアンテナの形状について解説します。地デジアンテナの形状は3種類、BS/CSアンテナは2種類から選ぶことができます。

地デジアンテナは、新築戸建て物件の外観に馴染むという理由から、デザインアンテナやユニコーンアンテナが主流になってきています。電波が弱い環境では、好感度のUHFアンテナを選択できます。3種類それぞれの特徴をご紹介しますので、目的や好みにあうものはどのタイプのアンテナかご確認ください。

地デジアンテナ ①デザインアンテナ

地デジ|デザインアンテナ|アンテナ設置費用44,000円(税込)〜

デザインアンテナの特徴

  • ボックス型
  • おしゃれなデザインと4色のカラー
  • 高い耐風性能
  • どんな外観にもマッチするので人気が高い
  • アンテナ設置費用は約22,000円(税込)〜

 

地デジアンテナ②ユニコーンアンテナ

地デジ|ユニコーンアンテナ|アンテナ設置費用49,000円(税込)〜ユニコーンアンテナの特徴

  • ポール型
  • シンプルなデザインとカラー
  • 高い耐風性能の耐水性能
  • 外観のアクセントとしても人気
  • アンテナ設置費用は約22,000円(税込)〜

 

地デジアンテナ ③UHFアンテナ

地デジ|八木式アンテナ|アンテナ設置費用44,000円(税込)〜

UHF(八木式)アンテナの特徴

  • 電波が弱い環境でも安定した受信が期待できる
  • アンテナ設置費用は約22,000円(税込)〜

 

続いて、BS/CSアンテナについてご紹介します。パラボナアンテナと呼ばれる円形の形状のアンテナで、衛星から発信された電波を受信し、BS/CS放送を視聴できるようにします。テレビの4K/8K対応にあわせて、アンテナも4K/8K放送が視聴できるタイプがスタンダードになってきています。形状は穴あきと穴なしがあり、風の影響を受けやすい場所への設置や、台風などが多い地域では穴あきタイプがおすすめです。

新築建売物件であれば、地デジアンテナと同じタイミングで設置することで、工事費用を抑えることができます。

BS/CSアンテナ

4K8K|BSアンテナ|アンテナ設置費用31,600円(税込)〜

BS/CSアンテナの特徴

  • 地デジアンテナだけでは受信できないBS放送、CS放送が視聴できる
  • 穴あきタイプは風による位置ずれを軽減できる

 

新築物件のアンテナ設置場所

新築建売物件では、どこに設置するのがよいか迷う人もいるでしょう。最終的にはアンテナ工事会社の人に電波状況などを確認してもらい決めるのですが、事前に希望を考えておくと、設置場所の調査もスムーズに進みます。

ここでは、おすすめの設置場所をご紹介します。

景観重視ならアンテナの屋根裏設置がおすすめ

建物の景観を一番損ねない場所としては、屋根裏設置がおすすめです。主なメリットは、屋内設置になるので、外観を変えることなくアンテナを設置できる点と、アンテナ自体が雨風を受けないので劣化が抑えられるという点です。強風による倒壊のリスクもありません。
一方で、電波が弱い場所などの場合は、屋内に設置してしまうと快適な視聴が難しくなる場合があります。この点は事前にアンテナ工事会社の人が調査をしてくれるので、その結果をみてから判断しても問題ありません。

外壁や破風板設置という選択肢も

屋根裏では受信感度が低い、でも景観を損ねたくない。そんなご希望に添える設置場所は、外壁や破風板です。デザインアンテナで外壁になじませる、ユニコーンアンテナであえてアクセントをして活用するといった設置が可能です。屋外なので、屋根裏設置よりも高い受信感度が期待できます。

受信感度重視ならアンテナの屋根上設置

どうしても電波が弱かった場合は、屋根上にテレビアンテナを設置します。屋根上設置は高い位置にアンテナを取り付けるので、テレビの電波を受信しやすいというメリットがあります。

電波状況などは、アンテナ工事会社の見積もり時に調査してもらえるので、まずは設置したい場所を伝え、相談しながら決めていくようにしましょう。

アンテナ工事費用について

最後に、アンテナ工事にかかる費用についてご紹介します。最終的には現地見積もり後に、金額が確定となりますので、ここでの金額は目安としてお考えください。

設置するテレビアンテナアンテナ工事費用(基本料金)
デザインアンテナ約44,000円(税込)〜
ユニコーンアンテナ約49,000円(税込)〜
UHFアンテナ約44,000円(税込)〜
BS/CSアンテナ約31,600円(税込)〜
地デジアンテナ+BS/CSアンテナ約66,300円(税込)〜

基本料金+物件のまわりの電波環境や、設置する場所によって工事費がかかる場合があります。実際に希望の場所に希望のアンテナを付けられるのか。その場合いくらになるか。一度、見積もりでご確認いただくことをおすすめします。見積もり段階での費用は一切かかりません。

まとめ

ここまで、新築建売物件のテレビアンテナ工事についてご紹介してきました。最後にポイントをまとめると

  • アンテナは用途によって選べる!おしゃれなデザインも
  • 設置場所にもこだわれる(電波状況によります)
  • 工事は見積もりをとってから、実施するか決められる

新築のご自宅で、快適なテレビライフを送られるますように。

アンテナ設置のご相談は2009年創業の老舗「株式会社電翔」まで
【全国対応】無料相談/見積もり依頼、お気軽にご連絡ください

関連する記事

テレビアンテナの最新記事

まずはお気軽にご連絡ください

開く 閉じる