【コラム】テレビアンテナ工事と景観保全地区について | アンテナBlog | 株式会社電翔

【コラム】テレビアンテナ工事と景観保全地区について

アンテナBlog

【コラム】テレビアンテナ工事と景観保全地区について

2020年08月18日 (火曜日) 13:21

こんにちは!テレビアンテナ工事専門・電翔-densho-です。

ご自身で自宅のテレビの視聴方法を考えるとき、光テレビ、ケーブルテレビに加え、テレビアンテナの設置が手段として挙げられます。

設置費用やアンテナの種類、設置場所など考慮すべき点は色々とあると思いますが、意外と見落としなのが、お住いの地域の条例についてです。

 

今日は、テレビアンテナ工事について密接にかかわる、景観保全地区について紹介します。

テレビアンテナ工事と景観保全地区について

 

・景観保全地区とは

「景観保全地区」という言葉はなかなか耳慣れないかもしれませんが、‘景観法’に基づいて各地の市町村が規定する都市計画の一種です。

各市区町村は、都市計画によって街の景観が損なわれたりしないよう、景観保全地区を設けることができるそうです。そしてそのエリアは、建物の色やデザイン、高さなど色々な規制がされているのです。

例えば、歴史的な建造物が並ぶエリアでは、その街の雰囲気を損ねるような、モダンで奇抜な建造物の建設は禁止されていたります。また、最近では、新興住宅地でもこういった規制がされている例が多いようです。

この条例は、自治体が制定するので「景観条例」「美しいまちづくり条例」など名前も多岐にわたるほか、地区名も「景観保護地区」「美観地区」「景観計画地区」とさまざまなです。

 

・景観条例を守らないとどうなるの?

こちらも、各自治体が制定しています。

建物の建築中の場合は、工事の停止を求められることが多いようです。もしそれに従わなかった場合には、罰金が課されることもあるようなので注意が必要ですね。

 

・景観保全地区では、テレビアンテナ工事は諦めないといけないの?

これまで、条例や違反時の少し怖いお話をしてきましたが、ご安心くださいませ。

「景観保護地区」= 「テレビアンテナ工事ができない」というわけではありません。

この条例で決められている分野は多岐にわたります。テレビアンテナ設置を考える際には、外壁へ設置の有無や高さがポイントになります。

「テレビアンテナは屋根上につけるものだから、無理ではないか…」と心配なしくても大丈夫です。

アンテナ設置の専門店なら、お客様のエリア条件に合わせた多彩な設置方法が可能です!

 

・景観保全地区でも大丈夫!電翔のテレビアンテナ工事

例えば、屋根上に設置ができない場合は、下記の写真左のように外壁にデザインアンテナを壁面設置する方法がおすすめ。一見してアンテナには見えないフォルムなので、外観にも目立たせずに取り付けが可能です。

また、万一外壁自体への設置がNGの場合には、屋内設置という方法も(写真右)。三角屋根のお家の場合は、設置スペースが確保しやすいので、電波が取れて、配線設備が整っていれば屋内取り付けも可能です。

お家の美観を保持する施工法として、この例は景観保護地区以外のお客様からも好評です。

 

<左:デザインアンテナ壁面設置  右:デザインアンテナ屋内設置>

  

 

「景観保全地区なので、テレビアンテナ設置が心配」というご相談を日々いただきますが、各地域の決まりを守った適切な設置方法が実はたくさんあるんです。

その提案力の秘密は、数々の案件を手掛けてきた実績にあります。

色々な点でテレビアンテナ工事に不安や疑問点がある方も、ぜひ一度お問い合わせください。アンテナ工事のスペシャリストが丁寧に対応させていただきます。

 

 

友だち追加

無料見積依頼

  • テレビアンテナ工事 キャンペーン情報
  • 4K8K放送アンテナ工事
  • 光テレビ・ケーブルテレビから乗り換えをご検討の方
  • テレビが映らない!受信・映像の不具合発生!
  • 電翔アンテナ工事のお支払方法について
  • テレビアンテナ工事のよくある質問
  • 関西エリアアンテナ工事情報
その他
  • テレビアンテナ工事の費用について
  • アンテナ工事の流れ