キャンペーン実施中!

耐風速アンテナキャンペーン

テレビアンテナが屋根裏設置できる?条件や費用施工例も!

テレビアンテナの屋根裏設置
テレビアンテナの屋根裏設置
テレビアンテナの設置場所は様々ですが、せっかく導入するなら目立たせずに取り付けたい。そんなご希望に断然おすすめなのが屋根裏設置です。
ここでは住宅の美観を損ねない究極のアンテナ設置スタイルをご提案しています。

📄目次

①屋根上②破風板③壁面④ベランダ

3つの条件が揃えば、テレビアンテナは屋根裏設置できる

テレビアンテナを屋根裏に設置するための3つの条件

電波受信

屋根裏でも十分な数値で電波を受信することができる

テレビを快適に視聴するためには、アンテナで適切な電波受信が求められますが、屋根裏でも十分な電波量が必要です。

アンテナ

アンテナ本体が入るスペースがある

屋根裏設置を実現するには、アンテナ本体および作業員が入れるスペースを確保する必要があります。

同軸ケーブル

屋根裏を同軸ケーブルが通過している

アンテナからテレビまでは同軸ケーブルで電波を送信しますが、同軸ケーブルが屋根裏を通っていなければ設置することができません。

※お家の配線設備の状況によっては、屋根裏に同軸ケーブルがなくても、分配工事などを行うことで、屋根裏へアンテナを設置することができることもあります。

以上、屋根裏設置の最低条件ですが、立地や環境ごとにクリアすべきポイントがあり各々、念入りな調査が必要です。

詳細は電翔までお気軽にお問い合わせください。

無料見積依頼

無料見積依頼

テレビアンテナ屋根裏設置<メリット・デメリット>

メリット

外観

建物の外観を綺麗に保てる

住宅の外観から完全に隠せるアンテナの屋根裏設置は、建物の美観を全く損ねず綺麗に保てます。

倒壊のリスク

倒壊のリスク0

外気の影響を全く受けないため、強風などによる屋根上設置で想定されるアンテナの倒壊リスクを100%防げます。

耐用

耐用年数が格段に長い

屋根裏に設置したアンテナは雨風に触れることがないため、屋外設置に比べて劣化の進行を遅らせ寿命を延ばせます。

外壁

外壁が傷つかない

屋外のアンテナ工事は固定のため壁面にビス穴を開ける場合もありますが、屋根裏設置であれば外壁を傷めません。

このようにテレビアンテナの屋根裏設置は、住宅の見た目を維持し災害に強い安心のテレビライフが実現します。

デメリット

電波弱

電波が弱くなることがある

テレビ電波の受信レベルは常に変動していて、使われている住宅資材や立地によっては電波が弱くテレビが映りにくくなる可能性があります。

太陽光パネル

太陽光パネルの設置が難しい

金属性の太陽光パネルはテレビ電波の遮蔽物になる可能性があり、屋根裏のアンテナの位置によっては設置が難しい場合があります。

条件によっては工事困難な場合もありますが、電翔は必ず現地へお伺いし、入念なチェックとともに屋根裏設置実現に向けて最大限努めております。

テレビアンテナの屋根裏設置<費用>

地デジアンテナの屋根裏設置

電翔のテレビアンテナの屋根裏設置工事は家計に優しい料金設定。たったのプラス5,500円(税込)のみで、住宅の美観そのままでアンテナでテレビ視聴が実現します。雨風などの天災対策はもちろん、外気に触れずにアンテナの劣化防止、鳥害対策としても大変効果的です。

費用について詳しく確認≫

無料見積依頼

無料見積依頼

テレビアンテナ屋根裏設置<施工例>


屋根裏設置施工例
屋根裏設置施工例

ここでは実際に電翔が行ったテレビアンテナの屋根裏設置をご紹介。ご依頼のイメージとしてお役立てくださいませ。

地デジアンテナは屋根裏などの屋内設置が可能!

屋根上に設置した八木式アンテナ

新築住宅の屋根裏にデザインアンテナを設置した事例です。
柱への専用金具の使用など具体的な設置方法を詳しく解説しています。


詳しくはこちら矢印

倒壊寸前のアンテナを撤去!?新設場所は屋根裏

屋根上に設置した八木式アンテナ

屋根上のUHFアンテナ倒壊による新設撤去工事にて屋根裏に設置した施工をご紹介。
スペースがあればUHFアンテナも設置できます。


詳しくはこちら矢印

CATVから地デジ切り替えによる屋根裏アンテナ設置

屋根上に設置した八木式アンテナ

CATVや光テレビのメリットは住宅の美観を損ないこと。しかしランニングコストによる家計負担がネックに・・・。
それを解消した屋根裏設置工事をご紹介しています。


詳しくはこちら矢印

テレビアンテナの屋根裏設置<よくある質問>


よくある質問
よくある質問

テレビアンテナを屋根裏に設置する際に電翔に寄せられるよくあるご質問にお答えします。

夏場など猛暑日は屋根裏がサウナーのように蒸しますが、設置したアンテナに影響はありませんか?

基本的にテレビアンテナは、屋外設置を想定の上、設計されていて夏場の直射日光が当たっても影響ないような構造です。強い耐熱性が備わっているため、他の設置物同様に屋根裏でも問題なくご使用いただけます。万が一、不具合等ございましたら電翔独自の長期保証にてアフターサービスをご利用くださいませ。

衛星放送のBS/CSアンテナもセットで屋根裏に設置したいのですが可能ですか?

申し訳ございません。衛星放送の電波は特性上、屋内での受信が困難のため屋根裏に設置できません。しかし、屋外であってもベランダの内側の壁面に設置するなど外観から隠す方法もございますので、お気軽にご相談くださいませ。

屋根裏に設置する地デジアンテナの種類は選べますか?

屋根裏設置が可能なエリアは強電界地域と呼ばれる地デジ電波の感度が強い立地のため、どの地デジアンテナでも受信が期待できるため選択可能です。ただし、電波状況によっては受信性能の高い順に最適なアンテナの使用をご提案させていただきます。

テレビアンテナの屋根裏設置ができない!?どうしたらいい?

屋根裏設置ができないご物件とは?

チェック

屋根裏で電波を受信できない

チェック

アンテナ本体が入るスペースがない

チェック

屋根裏を同軸ケーブルが通過していない

お家の配線設備の状況によっては、屋根裏に同軸ケーブルがなくても、分配工事などを行うことで、屋根裏へアンテナを設置することができることもあります。

3つの条件をクリアできない場合は
屋根裏設置は難しい

でもご安心ください!!

電翔の豊富な知識と技術で
お客様にご満足いただける
最適な代替え案をご用意いたします。

八木式アンテナ
八木式アンテナ
デザインアンテナ
デザインアンテナ

屋根上設置

屋根上に設置した八木式アンテナ

見晴らしの良い屋根上は絶好の設置ポイントで高感度のテレビ電波受信が期待できます。
BS/CSアンテナとのセットもおすすめです。

破風板設置

破風板に設置した八木式アンテナ

頭頂部を目立たせたくない方法として効果的なのが破風板設置です。
サイドベースを使用した立ち上げスタイルで電波受信を実現します。

壁面設置

壁面に設置したデザインアンテナ

デザインアンテナの設置場所としてよく使われる壁面は、外観に溶け込んだような演出が可能。
壁色に適したアンテナカラーを選べば、より目立たせず設置できます。

ベランダ設置

ベランダに設置したデザインアンテナ

ベランダは壁面の他、手すりも使用でき様々な方法でアンテナを設置できます。
ベランダの屋根に隠れれば、雨風の影響も最小限に抑えれます。

無料見積依頼

無料見積依頼

開く 閉じる