衛星放送を見るにはどうしたらいい?視聴する方法を徹底解説

アンテナBlog

衛星放送を見るにはどうしたらいい?視聴する方法を徹底解説

2023年03月24日 (金曜日) 09:29

衛星放送を見るにはどうしたらいい?視聴する方法を徹底解説

「衛星放送を見るにはどうしたらいい?」という疑問に答えるべく、視聴する方法についてアンテナ工事のプロが分かりやすく解説します。

衛星放送を見るにはどうしたらいい?

はてなイメージ

衛星放送を見るには、基本的に以下の設備や手順が必要です。

① 衛星放送アンテナの準備
② チューナーの準備
③ アンテナケーブルの準備

それぞれ詳しくみてみましょう。

衛星放送アンテナの準備

まず、衛星放送を見るには専用のアンテナを設置する必要があります。地デジ専用アンテナでは衛星放送の電波を受信できませんのでご注意ください。

また、衛星放送は、大きく分けるとBS放送とCS放送があり、BSは放送衛星をCSは通信衛星を利用した放送のことです。

また、BS放送は新4K8K放送が含まれていて、CS放送は主にスカパー!のことで110度CSデジタル放送とスカパー!プレミアムサービスの124/128度CSデジタル放送が展開されています。

110度や124/128度は通信衛星の位置を示していて、それぞれの衛星放送を見るには、対応の専用アンテナの設置が必要です。

以前は、それぞれの衛星放送を見るために個別の専用アンテナが必要でしたが、現在はBS・110度CS用と124/128度CS用の他、これら3波に対応したアンテナがあります。下記のように視聴目的に応じて、専用アンテナをご用意ください。

アンテナの種類 視聴可能衛星放送
BS・110度CSアンテナ BS放送
新4K8K放送
スカパー!
BS・110/124/128度CSアンテナ BS放送
新4K8K放送
スカパー!
スカパー!プレミアム

 

なお、アパートやマンションなどの集合住宅の場合は、共用のアンテナが設置されている物件もありますので、管理人や契約内容をご確認ください。未設置の場合は、許可のもと個別でベランダへの設置も可能です。

衛星放送専用アンテナの設置は電翔でも行っていますので、お気軽にお声掛けくださいませ。

衛星放送専用アンテナ工事は電翔へ

チューナーの準備

衛星放送を見るには、アンテナ以外にチューナーも用意しなければなりません。チューナーはテレビ内臓タイプと外付けタイプがあります。

アンテナと同じように、どの衛星放送を視聴するかによって対応のチューナーを選んでください。

なお、4K放送についてですが、2018年以6月以前に製造された4K対応テレビのほとんどは、外付けチューナーを接続しないと見られません。4K対応の意味は、4Kの高画質に対応していることを指しているだけで、チューナーが内蔵されているわけではないので、ご注意ください。

アンテナケーブルの準備

アンテナで衛星放送を見るには、電波をテレビまでおくる専用のアンテナケーブルも必要です。地デジのみにしか対応していないタイプのアンテナケーブルですと衛星放送は見られません。

また、新4K8K放送を見る場合は、BSだけでなく4K8K対応品を使用してください。現在、市販されているケーブルであれば、基本的にすべての衛星放送に対応しています。

なお、アンテナケーブルの他、ブースターやコンバーターなどの周辺機器も衛星放送対応品が必要です。地デジのみをご使用中の方は、対応品への交換で衛星放送が見られるようになります。

ご購入や設置のご相談は、ぜひ電翔までお問い合わせください。

衛星放送専用機器の設置ご希望の方:電翔の無料相談/見積もり依頼

衛星放送のチャンネルと種類について

リモコンイメージ

つづいて衛星放送はどんな番組が見られるのか、チャンネルと種類について解説します。現在の衛星放送は以下のチャンネルが視聴可能です。

・衛星放送の無料チャンネル
・衛星放送の公共放送チャンネル
・衛星放送の有料チャンネル

それぞれの衛星放送のチャンネルを詳しくみてみましょう。

衛星放送の無料チャンネル

2023年3月現在放送されている衛星放送の無料チャンネルは以下のとおりです。

衛星放送の種類 チャンネル名(チャンネル番号)
BS放送 BS日テレ(BS ch141)
BS朝日(BS ch151)
BS-TBS(BS ch161)
BSテレ東(BS ch17)
BSフジ(BS ch181)
BS11(BS ch211)
TwellV(BS ch22)
放送大学(BS ch231・232)
BS松竹東急(BS ch26)
BSJapanext(BS ch263)
BSよしもと(BS ch265)
BS4K放送 BS朝日4K(BS4K ch151)
BS-TBS 4K(BS4K ch161)
BSテレ東4K(BS4K ch17)
BSフジ4K(BS ch181)
BS日テレ4K(BS ch14)
110度CS放送 ショップチャンネル(CS ch055)
QVC(CS ch161)

 

これらの衛星放送を見るには、BS・110度CSアンテナが必要です。設置のご依頼は電翔へご連絡くださいませ。

無料の衛星放送視聴をご希望の方電翔の無料相談/見積もり依頼

また、衛星放送の無料チャンネルについては下記のコラムでも解説しています。

BSの無料放送を見るには?一軒家やマンションでの視聴方法!

衛星放送の公共放送チャンネル

公共放送といえばNHKですが、地デジの他、衛星放送にも以下のようにチャンネルが設けられています。

衛星放送の種類 チャンネル名(チャンネル番号)
BS放送 NHK BS1(BS ch101)
NHK BSプレミアム(BS ch10)
BS4K放送 NHK BS4K(BS4K ch10)
BS8K放送 NHK BS8K(BS8K ch10)

 

なお、衛星放送のNHKを視聴する場合には別途視聴料の支払いが義務付けられています。また、こちらの衛星放送を見るには、前項の無料放送同様にBS・110度CSアンテナの設置が必要です。

衛星放送の有料チャンネル

衛星放送の有料チャンネルの一覧と各料金は以下のとおりです。

衛星放送の種類 チャンネル名(チャンネル番号) 料金
BS放送 WOWOWプライム(BS ch191)
WOWOWライブ(BS ch192)
WOWOWシネマ(BS ch193)
3チャンネルセットで月額2,530円
(別途スカパー!月額基本料429円が必要)
スターチャンネル1(BS ch200)
スターチャンネル2(BS ch201)
スターチャンネル3(BS ch202)
3チャンネルセットで月額2,530円
(別途スカパー!月額基本料429円が必要)
グリーンチャンネル(BS ch234) 月額880円(別途スカパー!月額基本料429円が必要)
BSアニマックス(BS ch236) 月額813円(別途スカパー!月額基本料429円が必要)
J SPORTS 1(BS ch242)
J SPORTS 2(BS ch243)
J SPORTS 3(BS ch244)
J SPORTS 4(BS ch245)
4チャンネルセットで月額2,515円
(別途スカパー!月額基本料429円が必要)
BS釣りビジョン(BS ch251) 月額1,320円(別途スカパー!月額基本料429円が必要)
シネフィルWOWOW(BS ch252) 月額770円(別途スカパー!月額基本料429円が必要)
日本映画専門チャンネル(BS ch255) 月額770円(別途スカパー!月額基本料429円が必要)
ディズニーチャンネル(BS ch256) 月額813円(別途スカパー!月額基本料429円が必要)

 

CS放送に関してはスカパー!の契約内容によって異なりますので、下記の公式ホームページよりご確認ください。

スカパー!サービスの料金

なお、衛星放送の有料放送を見るには、スカパー!プレミアム以外の視聴であれば、BS・110度CSアンテナをスカパー!プレミアムの視聴もご希望であればBS・110/124/128度CSアンテナが必要です。こちらの設置も電翔で行っていますので、お気軽にご相談くださいませ。

衛星放送の有料放送を見たい方:電翔の無料相談/見積もり依頼

衛星放送アンテナ設置の依頼先について

業者イメージ

最後に衛星放送アンテナ設置の依頼先について解説します。

衛星放送アンテナ設置は専門業者がおすすめ

衛星放送アンテナ設置は知識や経験が豊富なプロの専門業者に任せるのが一番です。

特に資格は必要ないのでDIYでの設置も可能ですが、未経験ですと難しい場面も多々生じることが想定されます。特に衛星放送の電波は地デジに比べて調整がシビアです。少しでもアンテナの位置がズレてしまうと、映りません。

エリアや立地ごとに正確な位置調整をするにはレベルチェッカーなどで正確に測定する必要もあります。また、DIYはコストを抑えることができますが、アンテナ工事においては万が一失敗してしまうと、逆に出費が増えてしまうケースも珍しくありません。

高所への設置を必要とするアンテナは、落下させてしまうと破損は免れず、落下先の物へ直撃すれば破損、人に当たってしまえば大怪我を負わす可能性も十分考えられます。その他、不安定な足場での作業はご自身の転落の可能性もあり、大変危険です。

くれぐれも、ご無理なさらずプロへの依頼をご検討ください。電翔であれば、安心安全で迅速に衛星放送の視聴環境を整えられます。ぜひご利用くださいませ。

衛星放送アンテナの設置をご希望の方:電翔の無料相談/見積もり依頼

衛星放送アンテナ設置料金

電翔では参考価格としてBS/CSアンテナの設置を約25,000円(税込)~でご案内しています。正確な金額は現地調査の上、見積もりをお出ししておりますので、お気軽にご依頼くださいませ。

BSアンテナ工事の料金

電翔では、現在、ホワイト色とブラック色のBS/CSアンテナに加え、強風対策に効果的なメッシュタイプをご用意しております。

その他、衛星放送に合わせて必要な周辺機器の費用などは、下記の料金ページにて詳しくご案内していますので、併せてご参考になさってください。

テレビアンテナ工事の費用は?料金目安や業者選びのポイント

衛星放送アンテナ設置のご依頼やご相談は下記より受け付けております。

電翔の無料相談/見積もり依頼

まとめ:衛星放送の視聴について

まとめのイメージ

以上、衛星放送の視聴について解説しました。基本的に衛星放送を見るには、アンテナ、チューナー、ケーブルが必要です。また、視聴希望の衛星放送の種類によって対応アンテナを選ぶ必要があります。

いずれもアンテナ工事が必要で、安心安全に設置されたいのであれば、プロの専門業者への依頼がおすすめです。電翔では、そのお手伝いが可能ですので、ぜひご相談くださいませ。皆様からのお問い合わせ、心よりお待ちしております。

プロの衛星放送アンテナ工事をご希望の方:電翔の無料相談/見積もり依頼

友だち追加

無料見積依頼

無料見積依頼

開く 閉じる