テレビのノイズとは?テレビの寿命との関係性や直し方を解説

アンテナBlog

テレビのノイズとは?テレビの寿命との関係性や直し方を解説

2022年02月10日 (木曜日) 12:37

ノイズが出ているテレビ
テレビのノイズについてお調べでしょうか?テレビの寿命との関係性や直し方なども気になるところかと思います。

そこでこのコラム記事ではテレビのノイズについて詳しく解説していますので、ぜひご参考になさってください。

テレビのノイズとは?種類をご紹介

テレビのノイズとは、一般的に映像が乱れる現象のことを指します。また、そのノイズには地上デジタル放送を例にあげると、主に3つの種類がありますので、一つずつどんな特徴をしているのかみてみましょう。

テレビのノイズの種類その1.ブロックノイズ

現在、多くの家庭で使用されている液晶テレビにおいて、発生するノイズのほとんどがブロックノイズと言われています。

ブロックというのは、映像に出現する格子状を指し、色味の段差が現れる現象がブロックノイズというわけです。

ブロックノイズに関しては、下記の過去のコラムで詳しく解説していますので、併せてご参考になさってください。

ブロックノイズが特定のチャンネルで発生?原因と対策を紹介

テレビのノイズの種類その2.モスキートノイズ

モスキートというと、英語で「蚊」のことを指し、モスキート音という言葉を聞いたこともあるのではないでしょうか?

モスキート音は、蚊の羽音のような「キーン」とする音のことを表し、20代前半くらいまでは聞こえ、それ以上の年齢になると聞こえづらくなるという特徴があります。

そして、モスキートノイズも蚊に因んでおり、蚊の大群がまとわりついたように見える映像の乱れを指します。

なお、テレビの映像というよりは、JPEG静止画やMPEG動画などパソコンで扱うデジタル圧縮されたコンテンツにおいて、輪郭部分や色の変化が大きい部分で発生する画像の乱れをモスキートノイズと表現することが多いです。

テレビのノイズの種類その3.バーストノイズ

バーストというと真っ先にタイヤのパンクを思い浮かべるかもしれません。正確にはタイヤの破裂を指しますが、英語では爆発の意味あります。

こう表現すると、テレビの爆発なんて想像するかもしれませんが、バーストノイズは映像の一部が静止画になってしまうことを指します。

見た目的には、ブロックノイズよりも大きく乱れるのが特徴的です。

以上、テレビのノイズを3つご紹介しましたが、これらはテレビの寿命と関係しているのでしょうか?次項で詳しく解説します。

テレビのノイズと寿命との関係性や直し方について

テレビのノイズが発生する原因は様々で、別記事でもご紹介している通り、アンテナで視聴しているのであれば、本体の位置ずれやテレビ電波の供給量が少ないなども考えられます。

しかし、アンテナ周りに原因が見当たらない場合は、テレビの寿命や故障の可能性も否定できません。

テレビに限らず、現在の世の中に存在するものにはたいてい寿命が存在します。もちろん物によって異なりますが、テレビも永久品ではなく、遅かれ早かれ寿命を迎えます。

それにより、ノイズが発生することも十分考えられるというわけです。では、どれくらいで寿命を迎えるのか?またテレビの故障によるノイズ直し方について掘り下げてお伝えします。

テレビの寿命について

テレビの種類も様々ですが、現在でいえば液晶テレビを使用している方が多いかと思います。そしてその寿命はおおよそ5年~6年といわれています。

あくまで目安のため、5年~6年経てば寿命を迎えてノイズが発生しやすくなるというわけではありませんが、このくらいの年数が経ってくると故障率も高くなるというわけです。

そして、先述のようなアンテナ周りに原因が見られなく、テレビ購入から5年以上経過してノイズが発生していれば、十分寿命が原因であると考えられます。

テレビの寿命によるノイズの直し方

テレビの寿命によるノイズの直し方についてですが、現実的には厳しいと言わざるを得ません。

基本的に故障の場合、修理による回復が見込まれますが、テレビの場合、先述した寿命のおおよその年数、製造後5年~6年というのは、修理受付期間の終了時期と重なることがほとんどです。

そのため、ノイズ回復のために修理に出そうと思っても、受け付けてもらえないことが予想されます。

また、例え修理の受付が可能であっても、費用が高額になることが多く、直すよりも変え替えた方がお得なんてことも珍しくありません。

こう聞くと、費用を掛けずにDIYでノイズを直すという発想をされる方もいるかもしれませんが、テレビ本体の問題でノイズが発生している場合、そもそもどこが故障しているのか判断するのも難しいため、修理も困難となります。

例え運よく直せたとしても、いずれ他の場所が故障するなど、さらなる悪化の可能性もあるといえるでしょう。

このことから、残念ながら寿命を迎えたテレビの修理は現実的ではないといえます。

まとめ:テレビのノイズと寿命との関係性や直し方について

ここまで、テレビのノイズについて、テレビの寿命との関係性やノイズの直し方について解説してきました。

お伝えの通り、テレビのノイズにはいくつかの種類があり、ほとんどがブロックノイズと考えられます。

また、アンテナなどのテレビ電波の影響で発生することも多いですが、寿命で発生することもあり、この場合、直すのはなかなか難しく、買い替えが現実的とご説明させていただきました。

もし、テレビの故障や寿命によるノイズ発生でなければ、アンテナ周りの可能性が高いです。こちらのケースでは、電翔でもご対応の上、解決可能ですので、お困りでしたらお気軽にお問合せ下さいませ。

原因調査から解決まで迅速なアンテナ工事で解決いたします。

友だち追加

無料見積依頼