新築のアンテナ工事で配線がない場合の対応策

アンテナBlog

新築のアンテナ工事で配線がない場合の対応策

2021年09月21日 (火曜日) 13:32

こんにちは!テレビアンテナ工事電翔のブログ担当、川原です😊

 

新築を建てられてテレビアンテナの設置をお考えの際、配線がなくて工事ができないのでは?とご不安ではないでしょうか?

テレビ視聴をするためには、アンテナ設置の他、光テレビやケーブルテレビにご契約といった方法もありますが、その場合、アンテナでの視聴を想定されていない仕様の住宅も稀にあります。

特に光テレビで視聴を想定した造りの新築では、アンテナでテレビを見ようとしても必要な配線が備わっていなくて、視聴できないなんてことも・・・😱

そこで今回は、お役立ち情報として、新築で配線が無い場合のアンテナ工事についてご紹介します♪

 

新築でアンテナ用配線が無いケース

最初に、どのような造りの住宅がアンテナ設置を想定されていないのかについてお伝えさせていただきます😉

前提として、アンテナでテレビを視聴するために、アンテナとテレビを同軸ケーブルというケーブルを繋ぐ必要があります!アンテナは屋根や外壁など屋外に設置することが多く、壁に備え付けられた引込口を通じて、配線されていなければアンテナを設置しても電波をテレビに送ることができないのです🤔

そして、元々光テレビによる視聴を想定されて建てられた住宅には、この同軸ケーブルが配線されていないこともよくあります。

具体的にはこちらのお写真をご覧ください👀

外壁の引込口外壁の引込口

左のお写真は、アンテナに繋ぐための同軸ケーブルが配線されていて、右のお写真はCD管と呼ばれる同軸ケーブルを通す管だけが配管されている状態です!

つまり、右側のお写真のようなケースでは、単にアンテナを設置してもテレビを視聴することができません😣もしかして、お家がこの造りだったらアンテナでの視聴は諦めるしかないのかと思われましたか?

ご安心ください!次項でご説明する工事を行えば、アンテナでもテレビを視聴することができます👍

 

新築でアンテナ用配線が無いケースでの工事

では、アンテナ配線が無いケースでの工事方法をご紹介します😉

簡単にいうと、先ほどご説明した同軸ケーブルを配線すれば良いのです👌そうすれば、アンテナを設置してテレビ視聴が実現します👍

ただし、この配線工事は人手が必要です!電翔は、通常のアンテナ工事を1人で行いますが、同軸ケーブルの配線は、長くて屋外と屋内の両側から引き合わなければなりません。そのため、2人以上で工事を行っています!

同様のケースでは、個人店など1人体制の他社様などでは、配線作業が行えないためお断りされることもあります😢もし、お断りされてしまい、お困りでしたら電翔までお気軽にご相談くださいませ😉

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

ここまで、新築のアンテナ工事で配線がない場合の対応策として、実際の例と、電翔の工事方法をご紹介してきました。仮にアンテナ設置を想定していない新築であっても工事が可能だということがお分かりいただけたかと思います😊

これをご参考に、ぜひ、アンテナ工事は電翔にお任せくださいませ💪皆様からのお問合せ、心よりお待ちしております😌

友だち追加

無料見積依頼

無料見積依頼

開く 閉じる