地デジアンテナの電波レベルが弱い場合はブースターの活用が効果的!

アンテナBlog

地デジアンテナの電波レベルが弱い場合はブースターの活用が効果的!

2020年11月13日 (金曜日) 11:11

こんにちは!

テレビアンテナ工事電翔のブログ担当川原です😊

 

アンテナ工事において、テレビ電波の受信が重要となりますが、地域や、住宅の立地条件、周辺の建物事情などによって、電波レベルは異なります。

それぞれの電波レベルに応じて、適切な工事が必要になるのです💡

レベルが弱い場合は、アンテナの種類を変えたり、設置場所を工夫したり、様々な方法でテレビ視聴を実現します!

その中で、アンテナで受信した電波を強くするための、ブースターと呼ばれる部材を使用するのも効果的です👍

弱い電波を強くすることで、テレビ視聴が安定する場合があります。

本日は、そのブースターで電波を強くして安定したテレビ視聴を実現した工事事例をご紹介します😉

ご依頼くださったのは、東京都国分寺市に新築を建てられたお客様です。

戸建住宅の外観

ツートンカラーでモダンな素敵な新築住宅ですね🏠🤩

地デジ用のデザインアンテナ設置後のお写真ですが、どこに取り付けられているのかお分かりでしょうか?

上手く外観に溶け込んでいますが、玄関上の窓右に見えるのがアンテナです🧐

近くて見てみると、

外壁に取り付けたデザインアンテナ

このようになっています。

カラーは壁色に合わせてベージュ色をお選びいただきました👌

ちなみに、お隣のお家の屋根上にもアンテナが見えますが、一番上の魚の骨のような形をしているのが地デジ電波を受信している八木式とも呼ばれるUHFアンテナです。

設置したデザインアンテナと比べると、存在感が大きいですね🧐

外観を意識されるお客様の中には、なるべく大きな物を設置したくないというお声も寄せられます。

そんな時に有効的なのが、コンパクト形状が特徴的なデザインアンテナです👍

見た目が良く、八木式と同等の性能を持っています。

さらに鳥が止まりにくく、糞害被害としても大変効果的です😉

なお、この設置場所は、地デジ電波レベルが弱かったですが、ブースターを使用したところ、問題なくテレビが映るようになりました👏

 

ブースターの本体および電源部

お写真左の部材がブースターで、今回はアンテナ本体の裏側に取り付けております。

右は電源で、

ユニットバスの天井裏に設置したブースターの電源部

宅内のユニットバス天井裏に設置しました🔧

 

電波レベルが弱くても、今回のようにブースターを使用することで、改善できる場合があります。

もし、他社でご希望のアンテナ設置をお断りされてしまったケースでも、設置方法の工夫で取り付けられる可能性があります👍

電翔がお手伝いさせていただきますので、お気軽にお声掛けくださいませ📞✉

友だち追加

無料見積依頼