BS/CSアンテナ|テレビアンテナの種類|株式会社電翔

BS/CSアンテナ

1.BS/CSアンテナとは

BS/CSアンテナは、住居のベランダや屋根上に設置されていることの多い白いパラボラアンテナです。

丸い円盤型のそのアンテナで、南南西の空に浮かぶBS放送・CS放送用のそれぞれの人工衛星からの電波を受信しています。通信衛星はどちらも東経110°の位置にあり、BSアンテナ、CSアンテナを個別に設置しなくても、この1台で両方の電波をキャッチできる優れものです。

取り付けのメリットは、バリエーション豊かに展開されているテレビ番組が視聴できること。様々なジャンルに特化したチャンネルは、海外ドラマやドキュメンタリー、音楽番組と個別契約することでお好みの放送を楽しめます。

※地上デジタル放送視聴の場合は、別途UHFアンテナの設置が必要です。

2.BS放送とは

BS用アンテナで視聴できるBS放送では、無料チャンネルを含む全31チャンネルを配信しています。

2018年12月1日には4K8K放送もスタートし、より高画質な映像を楽しむことができるようになります。視聴のためには、アンテナの設置のほか分配器やテレビ端子などの交換が必要な場合も。視聴準備に関する作業は、一括して電翔で行えますのでお気軽にご相談ください。

3.CS放送とは

CS用のアンテナを設置すると、「スカパー!」をご覧になることができます。

全チャンネル有料ですが、BS放送よりもさらに多彩な番組を楽しめるのが一番の魅力。スポーツ、海外ドラマ、音楽番組など、お客様のお好みのチョイスで、チャンネルごとの個別契約が可能です。

4.BS/CSアンテナの設置方法

BS/CSアンテナの取り付け工事には、①屋根の上に取り付ける屋根上設と、②住宅の壁面に取り付ける壁面設置があります。

通信衛星が東経110度の位置にあるので、関東エリアでは南南西(晴天時の午後1時に太陽のある位置)へと向けて設置します。衛星とアンテナを遮るものがなければ、設置方法は下記のどちらでも大丈夫です。

①屋根上設置
切妻型や寄棟型の場合は屋根上に設置できます。
屋根上に地デジの八木式アンテナがある場合は、ひとつのマストに地デジとBSCSアンテナ両方設置するのが一般的です。

②壁面設置
片流れや特殊な形状の屋根の場合は、壁面設置となります。
屋根上設置よりも取り付け場所が低くなるため、近隣の建物や木々など遮るものがないよう、より丁寧な電波調査が必要となります。

5.いつ設置したらいい?地デジ放送も見たいときは?

BS、CS放送の視聴を検討されている方は、地デジアンテナと同じタイミングでの取り付けがおすすめです。
あとから追加をする場合、設置状況によっては既存アンテナとBS/CSアンテナ両方の配線の混合作業が必要となります。

その分、まとめての設置よりも工事に要する時間・費用が増える場合があります。
また、設置だけならば月額料金は発生しません。

BSの無料放だけを楽しむのも有りです。将来的に、ほかの番組も見たくなったタイミングでのチャンネル契約でも大丈夫です。
悩まれているのなら、時間・費用のメリットを考え、まとめての設置をおすすめします。

無料見積依頼

  • 光・ケーブルテレビから切換えの方
  • TVの映りが悪い方
その他
  • テレビアンテナ工事の費用について
  • アンテナ工事の流れ