アンテナが倒れた時の修理について電翔の対応方法をご紹介!

アンテナBlog

BSアンテナの一覧

アンテナが倒れた時の修理について電翔の対応方法をご紹介!

2022年05月11日 (水曜日) 12:36

こんにちは!テレビアンテナ工事電翔のブログ担当、川原です😊

皆様、ゴールデンウイーク明けの日常はいかがお過ごしでしょうか?休みボケは解消されましたか?😄

 

さて、沖縄では梅雨に入り、これから季節は夏に向かう時期でもありますが、同時に毎年不安視されるのが、台風ですね🌀

近年、甚大な被害をもたらす大型台風の発生率も増えていて、災害対策も意識しておきたいところかと思います。

もちろん、アンテナも例外ではありませんが、万が一倒れてしまった時に修理などの対処方法もきになるとこではないでしょうか?

今回は、実際に屋根上のアンテナが倒れてしまった事例より、電翔の対応方法をご紹介します!

 

ご依頼くださったのは、茨城県古河市北町にお住いのY様。テレビは映っているがアンテナが倒れてしまったとのことで、修理をご希望いただきました。

実際の状況がこちら。

屋根上の倒壊したテレビアンテナ屋根上の倒壊したテレビアンテナ

ソーラーパネルのある屋根上に地デジ用のUHFアンテナと衛星放送用BSアンテナが真横に倒れてしまっていました😱

これでテレビが映っていたということは、奇跡的に電波を受信できていたことになりますが、このままですと、ソーラーパネルを損傷してしまったり、屋根から落下してしまう恐れがあります😰

早急に対応が求められましたが、あいにく最初に伺った日は雨模様でY様宅の屋根上は瓦屋根で滑りやすいため、工事を断念。後日改めて行うこととなりました。

しかし、先述のとおり修理のご希望でしたが、ご予算などY様とご相談の結果、今回はアンテナの撤去のみ実施することに!

屋根上からUHFアンテナとBSアンテナを撤去した様子です👀

撤去したテレビアンテナ

よくよく見ると、あちこち錆びも見られますね💦

ちなみに、今回のアンテナ倒壊の原因ですが、過去に雨樋の工事をされたようで、その際に支線がしっかり取り付けられておらず、緩みによってバランスを失ってしまった可能性もありました。

ご参考までにアンテナの支線のお写真です。

屋根上のアンテナ用支線

通常屋根上設置では、四方に支線を張って倒れないようにしますが、これがしっかり固定されていないと、強風などで簡単に倒れてしまうこともあります😣

なので、支線の緩みによるアンテナ倒壊は、張り直しでも対処可能な場合もありますが、倒れてしまった衝撃による破損や経年劣化していることも多々あるため、電翔では新設撤去工事もおすすめしています!

もちろん、アンテナ工事はお客様のご希望最優先で進めておりますので、ご安心ください♪

もし、同様のケースでお困りでしたら、お気軽に電翔をご利用くださいませ😉

皆様からのお問合せ、心よりお待ちしております😌

無料見積依頼


最近のテレビはおかしい?普及率や番組内容から理由を考察

2022年03月03日 (木曜日) 14:12

「最近のテレビはおかしい」と一部世論の声がある昨今。インターネット上にも、「最近のテレビ番組がおもしろくない」「テレビを見なくなった」との声も見受けられます。

テレビアンテナ工事専門店としては、悲しいご意見ではありますが、その一方でテレビ設置や地デジの普及率は高い水準で推移しており、東京オリンピックや北京オリンピックなど世界的イベントの中継の視聴率をたたき出しているという現状もあります。

そこで、「最近のテレビがおかしい」をテーマにその理由について番組内容などから、その理由に迫ってみました。

最近のテレビはおかしい理由について

日本においては、第二次世界大戦後にテレビ放送が本格的に開始されたという歴史があり、当時の娯楽の一端を担っていたとっても過言ではありません。

時代の流れとともに、白黒からカラー放送に切り替わり、地上波はアナログ放送から地上デジタル放送へ移行。電波塔が東京タワーから東京スカイツリーへと変化するなど100年も満たない年数で、テレビ界も様々な出来事があったのもまた事実です。

そんなテレビがおかしいと言われているのはなぜでしょうか?その理由を次のように考察してみました。

娯楽の多様化に最近のテレビがおかしいと感じる

先述のとおり、以前はテレビが娯楽の中心的存在でありましたが、現代社会において、インターネット、スマートフォーン・タブレット、ゲームの普及など他にも楽しめる物事が増えた現実が存在します。

そのため、他の娯楽とテレビのおもしろさや楽しさを比較すると「おかしい」と疑問を感じる方もいることが考えられるのです。

また、この娯楽の多様化はテレビだけに限らず、お一人様でも楽しめる事柄が増えたことにより、コミュティなど人との繋がりが希薄化しているといった社会問題もあげられます。

コンプライアンス等の番組規制により最近のテレビはおかしい

過去のテレビ番組に着目してみると、特に地上波は、今では考えられない程の過激な演出がありましたが、現在は、コンプライアンス等による規制からそういった演出をする番組ほとんどありません。

インターネットの普及により視聴者の意見がダイレクトに可視化しているため、スポンサー頼りの民放を中心に、どうしてもクレームを避けた番組制作を行わざるを得ないといった事情もあるのではないでしょうか?

例えば、グルメ番組で演者が食べ残した物を「後でスタッフが美味しくいただきました」といったテロップを流すなど、過剰に視聴者に気を遣っている演出も見られます。

また、車の後部座席のシートベルト着用が義務付けられたことによりドラマでも演者が後部座席に着席時にシートベルトをしているシーンは当たり前になりました。

これについては賛否両論ありますが、任侠系のストーリーなどでアウトローの人間がシートベルトをしていることに違和感が生じることもあります。

こういった事情により「最近のテレビはおかしい」に繋がることが考えられます。

同時にバブル崩壊後の長引く不況により製作費の大幅な削減など限られた予算での番組作りが求められることにより、以前と比べればクオリティが低下していることも否めません。

最近のテレビはおかしいのに普及率は高く人気番組も存在する

前項のとおり、様々な事情や理由から「最近のテレビはおかしい」との意見があるものの、多くの家庭にはテレビが1台以上設置されているという普及率の高さも伺えます。

これは、過去からの名残でテレビは一家に一台が当たり前という、言わば常識的な考え基づいていることが理由としてあげられますが、それだけに限らなさそうです。

最近のテレビはおかしい中でも高い普及率

前提として、「最近のテレビはおかしい」との意見があがるのは、それだけテレビを見ているからではないでしょうか。

つまり、テレビが設置されている世帯が多く普及率は高いが、最近のテレビ番組に疑問を感じる人がいるというのが実情であると言えます。

ちなみに、2021年の消費動向調査データを見てみるとテレビの普及率は、単身世帯で87.9%、二人以上世帯が96.2%と高めです。

ただし、これはテレビが設置されているだけで実際に番組視聴されているかまでは不明確なデータとなっています。

確かに、これまでテレビは地上波や衛星放送の視聴が主な目的でしたが、現在はインターネット番組の視聴やパソコンのモニターとしての使用など用途も多様化しているため、テレビ普及率=テレビ番組視聴率とは言えません。

しかし、テレビ番組を視聴するために必要なアンテナに着目してみると、電翔では高い水準で新規の設置工事のご依頼をいただいており、普及率の高さが伺えるといった現状もあります。

最近のテレビはおかしい中でも人気の番組

最近のテレビはおかしいと思われる番組に着目してみると、毎週決まった日程で放送されているようなバラエティ、ワイドショーなどのジャンルに対しての意見が多い印象です。

それに反して、人気の番組は期間限定で放送されるような内容や直にリアリティを感じられるような内容のものといえます。

その例として、冒頭でも触れたオリンピックは4年に1度という正に限定的なイベント。テレビ放送局各社も必然的に視聴率が上がることを意識してか放送権獲得に向けた動きを劇化させます。

オリンピックだけでなく、スポーツといえば人気も高く、日本では大相撲や高校野球を中心に注目度が高く、これらの中継放送番組も多くの方が視聴しているはずです。

また、日本文化として根強いアニメも人気で、先日まで放送されていた鬼滅の刃遊郭編は日曜日の23:30という時間帯にも関わらず、高い視聴率が取れていました。

このように、ジャンルによっては人気の高い番組もあり、多くの方に視聴されているという現実もあり、全ての番組が「最近のテレビはおかしい」に必ずしも該当するとも言えなさそうです。

最近のテレビはおかしいと感じる方におすすめの視聴方法

お伝えの通り、最近のテレビはおかしいと感じる方は全ての番組に対して否定的ではないことが伺えジャンルによっては面白さや楽しさを感じる番組もありそうです。

そこで、もし最近のテレビに疑問を感じているのであれば、次のような視聴スタイルに変えてみてはいかがでしょうか?

地デジの視聴で最近のテレビはおかしいと感じるなら衛星放送

もし、現在の視聴環境下が地上デジタル放送のみで「最近のテレビはおかしい」と感じているのであれば、衛星放送を導入がおすすめです。

衛星放送というと地デジと違って有料だと思われている方も少なくありませんが、無料で視聴可能番組も多数あります。

地デジとは違った番組も多数放送されていて、趣向にあった専門チャンネルも揃っているため、また一味違った番組を楽しめて、きっとテレビライフの幅が広がります。

視聴するためには、BS/CSアンテナの新設や増設工事で実現し、電翔で工事可能ですので、ぜひご利用くださいませ。

なお、基本的に現行のBS/CSアンテナは後述する新4K8K放送対応製品を使用しています。

旧式BS放送の視聴で最近のテレビはおかしいと感じるなら新4K8K放送

現在、旧式の衛星放送を視聴されていて「最近のテレビはおかしい」と感じているのであれば、最新の新4K8K放送の導入はいかがでしょうか?

これまでのハイビジョン放送に比べて、4Kで約4倍(約800万画素)、8Kで約8倍(3200万画素)の高画質で、リアリティある映像を体感できます。

特にスポーツ番組などでは、まるでその場にいるかのような臨場感を味わえるのも醍醐味です。

視聴するためには、既存のBSアンテナから新4K8K放送対応のBS/CSアンテナへ取替工事で実現します。

1台のアンテナで新4K8K放送以外のBS放送はもちろん、CS(スカパー)も視聴可能です。こちらも電翔で工事が行えますので、お気軽にご相談くださいませ。

まとめ:最近のテレビはおかしいについて

以上、最近のテレビはおかしいについて、その理由について考察してきました。

ご紹介のとおり、時代の変化に伴い、限定的な番組構成が影響したことにより、疑問を感じる方が多いもの、期間限定の番組など一部の放送に対しては好意的なことが伺えます。

これにより、テレビやアンテナの普及率も高いことがいえます。

また、現在、視聴環境でテレビ番組におかしさを感じているのであれば、BS放送や新4K8K放送の導入がおすすめです。

そして、そのためのアンテナ工事は電翔で行っていますので、ご用命の際はぜひご利用いただければと思います。

皆様からのお問合せ、心よりお待ちしております。

無料見積依頼


北京五輪のテレビ中継を見るならアンテナ設置がおすすめ!!

2022年02月15日 (火曜日) 12:18

こんにちは!テレビアンテナ工事電翔のブログ担当、川原です😊

 

北京五輪が盛り上がっていますね!!

 

長野県出身で北海道の大学を卒業している私は、ショートトラックとカーリングのある日本人選手と高校と大学の出身校が一緒なので、勝手ながら身近に感じて競技に見入ってしまっています(笑)

 

ところで皆さん、北京五輪はどのような環境でテレビ中継を見られていますか?テレビの視聴方法は、光テレビやケーブルテレビなどありますが、これらはランニングコストが発生します😱

 

もし、ランニングコストのお見直しをお考えであれば、設置費のみで視聴可能なテレビアンテナへの切り替えがおすすめです!!

 

今なら電翔創業10周年感謝祭キャンペーンでお得なアンテナ工事が実現します♪

電翔創業10周年感謝祭のバナー

 

また、先日関東でも降雪がありましたが、もし積雪によりアンテナが倒れてしまったなどのトラブルでお困りでしたら、見た目オシャレで災害に強いアンテナもご用意しております👌ぜひ、新設撤去工事をご検討くださいませ😉

 

いずれも電翔でご対応可能です!!アンテナ工事士資格を持ったスタッフが迅速対応いたします🤗予約に空きがあれば、即日工事も可能ですよ👍

 

この後、実際に電翔が行ったアンテナ工事をご紹介しますので、ぜひご参考の上、キャンペーンご利用でお申込みくださいませ!

 

 

今回、依頼くださったのは、埼玉県草加市北にお住いのI様。

 

既存のBSアンテナを新4K8K放送対応BS/CSアンテナに取り換えたいとのご希望でした。新4K8K放送であれば、北京五輪も美しく迫力満点の映像でお楽しみいただけますよ♪

 

外壁に設置したBSアンテナ外壁に設置したBSアンテナ

 

こちらが既存のBSアンテナです。このアンテナを撤去して新しいBS/CSアンテナを設置します🔧

外壁に設置したBS/CSアンテナBS/CSアンテナを外壁に取り付けた戸建住宅

 

撤去したアンテナではBSのみ視聴可能でしたが、新しいアンテナでは1台でBSもCSも新4K8K放送も視聴できるようになります😊

 

五輪を新4K8K放送で楽しみたいというお客様も増えており、電翔にもご依頼が多くなっています😆

 

屋外配線工事屋内に設置したブースターの本体と電源

 

こちらは、配線工事の様子です。屋外の同軸ケーブル接続と屋内にブースターの本体と電源を設置しました🔧新4K8K放送を視聴するには、これらも対応製品を使用する必要があります!

 

以上でBSアンテナの新設工事が完了。無事、新4K8K放送も視聴できるようになりました👏

 

北京五輪も日程消化が進み、残り日数も少なくなってきていますが、まだ間に合います!ぜひ、テレビアンテナを設置してお楽しみくださいませ♪皆様からの工事のご依頼多数お待ちしております😌

無料見積依頼


BSが受信できない!衛星放送アンテナのメンテナンス方法は?

2022年01月16日 (日曜日) 11:18

地デジは受信できているのにBS放送が受信できないといったトラブルでお困りではないでしょうか?

もし、テレビアンテナを設置視聴されているのであれば、この記事で原因や対処方法といった衛星放送用のBS/CSアンテナのメンテナンス方法をご紹介しますので、ぜひご参考になさってください。

BSが受信できない原因

前提として、BSが受信できないということは、テレビ画面にエラーメッセージが表示されていることが想定されます。

よくある例としては、E202エラーメッセージが表示されてしまっている場合です。

これに関しては、こちらのコラム記事でも詳しく解説していますので、併せてご参考になさってください。

E202で受信できませんとは?BS放送が映らない原因と対処方法

これを踏まえて、BSが受信できない場合、大きく分けて次の2つの原因が考えられます。

テレビアンテナが原因でBSが受信できない

「BSが受信できない。」すなわち衛星放送のテレビ電波を受信できていない状況に陥っている可能性が考えられます。

特に地上デジタル放送は問題なく視聴できているのに、衛星放送が映らない場合に発生することが多いです。このケースでは、設置されているテレビアンテナで電波が受信できなくなっていることよくあります。

衛星放送のテレビ電波は地デジに比べてアンテナの位置調整がシビアです。少しでも位置がずれてしまうだけでも、BSが受信できないトラブルの原因に直結してしまうのです。

また、アンテナの位置は正常でも、周辺環境の変化によっても衛星放送のテレビ電波が遮られてしまい、受信できなくなってしまう場合があります。

例えば、ご自宅の前に高層ビルやマンションが建設された。森林などの木々が成長した。という環境変化であれば、電波が遮蔽されて受信できなくなることもあるのです。

テレビやチューナーが原因でBSが受信できない

テレビアンテナの衛星放送の電波受信に問題がなければ、テレビまたはチューナー本体が原因である可能性も否めません。

特にBSのみならず、地デジも受信できないのであれば、機器の故障も疑われます。

その他、単純な原因としては、B-CASカードの挿し間違え、同軸ケーブルの接続ミスなどもよくあるので、今一度チェックしてみましょう。

BSが受信できない場合の対処方法

では、前項までの原因を基に、BSが受信できない場合の対処方法をご紹介します。

テレビアンテナが原因の場合の対処方法

テレビアンテナが原因の場合は、正しく衛星放送の電波を受信できるように調整すれば解決が望めます。

位置がずれてしまっているだけであれば、元の位置に戻す。周辺環境変化が原因であれば、アンテナの設置場所を変えてみるのも対処方法として効果的です。

ただし、いずれも知識と技術が必要なため、ご自身での対処が難しければ、専門業者へご依頼するのが一番早いです。

もちろん電翔でもご対応いたしますので、原因特定から解決までお任せくださいませ。

ちなみに、原因の項目ではお伝えしませんでしたが、新4K8K放送非対応のBSアンテナをお使いで新4K8K放送が受信できない状況であれば、対応アンテナに取り換えることで視聴できるようになります。

テレビやチューナーが原因の場合の対処方法

原因の項目でお伝えしたように、B-CASカードの挿し間違えや同軸ケーブルの接続ミスなど単純なものであれば、正しく直すことで改善されます。

しかし、それが該当せずかつテレビアンテナやアンテナ周りに問題がないようでしたら、テレビやチューナーの故障が考えるため、修理または買い替えの対応が必要になる場合があります。

もし、これが該当するようでしたら、製造元または購入元へお問合せの上、ご確認くださいませ。

まとめ:BSが受信できないトラブルについて

ここまで、BSが受信できないトラブルについて、原因や対処方法について解説してきました。

お伝えの通り、主な原因としては、テレビアンテナ、テレビやチューナーに問題を抱えている事が考えられます。

そして、アンテナ類のトラブルであれば、専門業者のご利用、テレビやチューナーのトラブルであれば、製造元または購入元へのお問合せが解決の近道であるとお伝えしました。

もし、詳しいご案内が必要でしたら、ぜひ電翔にお問合せ下さいませ。必要に応じて現地にて調査の上、解決いたします。

無料見積依頼


E202で受信できませんとは?BS放送が映らない原因と対処方法

2021年12月26日 (日曜日) 14:11

ノイズの出たテレビ

現在のテレビは、正常に映らないと画面上に「E202」と表示されることが多くあります。この場合、E202の表記とともに「受信できません。アンテナの設定や調整を確認してください」というメッセージが表示されていることがほとんどです。

原因は様々ですが、今回はBS=衛星放送が映らない場合のよくある事例とその対処方法をご紹介します。

「E202・受信できません」でBS放送が映らない原因

HELPと書いた旗をあげる人

最初にBS放送がE202エラーで映らない場合の考えられる原因についてですが、表示されたメッセージのとおりアンテナの設定や調整に異常があるだけとは限りません。よくある事例としては次の原因が考えられます。

テレビや端子の同軸ケーブル抜けでE202エラー

一見、単純な例に思えるかもしれませんが、アンテナでテレビ視聴をする場合、同軸ケーブルが正しく接続されていないとE202エラーが発生することは多々あります。

例えば、テレビ裏の掃除をしたタイミングで抜けてしまう可能性もあるでしょう。ただし、この場合、衛星放送だけでなく地デジも映らないことがほとんどのため、もしBS放送のみ映らないのであれば、原因は他にありそうです。

原因不明の際はこちらを参照
「E202・受信できません」でBS放送が映らない原因がどれも該当しない場合

B-CASカードが正しく挿入されずのE202エラー

B-CASカードも前項の同軸ケーブル同様に正しくテレビやチューナーに挿入されている必要があります。

一般的には購入時に一度挿入してしまえば、触れることはあまりありませんが、掃除やテレビを修理に出すタイミングでB-CASカードを抜くシーンが考えられます。

元通りに挿入すれば問題ありませんが、逆向きに挿してしまうとE202エラーが表示してしまい、テレビが映りません。もちろん挿し忘れも然りです。

このパターンも衛星放送と地デジのどちらも映らなくなるので、BS放送のみに問題がある場合は他の原因が疑われます。ただし、B-CASカードを正しく挿入していてかつ他にトラブルが見当たらない場合はテレビやチューナー自体の故障も考えられます。

原因不明の際はこちらを参照
「E202・受信できません」でBS放送が映らない原因がどれも該当しない場合

BSアンテナや周辺機器のトラブルでE202エラー

前項まで以上に深刻なのが、BSアンテナや周辺機器にトラブルを抱えている場合です。特に衛星放送の電波は地デジに比べてアンテナの位置調節がシビアです。

少しでもずれてしまうと、映像に支障をきたしE202エラー等のトラブルを引き起こす可能性があります。

アンテナの位置がずれる主な原因としては、「強風」「大雪・大雨」などの自然災害が一般的ですが、別荘地などでは、猿が出没してアンテナを掴んで位置をずらしてしまうことも稀にあります。

また、アンテナ本体や周辺機器の経年劣化や寿命による故障、屋外配線が古くなって接続部分に雨水が侵入することによるショートなども考えられます。

もし、ねずみが屋根裏などに潜んでいれば、同軸ケーブルを噛んでショートしてしまうことも少なからずありそうです。

原因不明の際はこちらを参照
「E202・受信できません」でBS放送が映らない原因がどれも該当しない場合

「E202・受信できません」でBS放送が映らない原因がどれも該当しない場合

上記ご紹介のE202エラーの原因に該当しない。または原因の特定が困難でBS放送が映らないときは、プロによる調査をおすすめします。

電翔では、アンテナ工事士資格を持ったスタッフが日々、同様のトラブルによるBS放送の復旧作業を行っていますので、お気軽にご利用くださいませ。

BS放送が映らない原因調査から回復まで責任を持ってご対応いたします。

※アンテナ工事士資格についての詳細
アンテナ工事士資格とは?電気工事士資格との違いや保有メリットをご紹介!

もしBS放送が映らずお困りでお急ぎでしたら、0120900434へお電話またはメールにてご連絡くださいませ。電翔は、受付の対応も良いと高評価をいただいております。

また、工事スタッフは女性のお客様などご不安であれば、女性スタッフのご指名も承っておりますの、お気軽にお声掛けくださいませ。

電翔の無料相談とメール問い合わせのバナー

「E202・受信できません」でBS放送が映らない場合の対処方法

グッドと手を出す人々

では、「E202・受信できません」のエラー表示でBS放送が映らない場合にはどんな対象方法があるのか詳しくご案内します。

「E202・受信できません」でBS放送が映らない場合のDIY対処方法

ご自身で対処可能な方法としては、前項でご紹介した簡単なトラブル内容であれば、正しく同軸ケーブルを接続するB-CASカードを挿入するといったテレビ周りに関することが多いです。

また、テレビリモコンを使ってチャンネルの再スキャンで対処可能な場合もあります。

これらの方法で対処できない場合の多くは、アンテナや周辺機器のトラブルが考えられますが、知識と技術があれば、DIYで対処することもできますが、BSアンテナは屋外の高所に設置されていることがほとんどです。

慣れない高所作業は危険と隣り合わせですので、少しでもご不安があれば、ぜひ電翔をご利用くださいませ。業者によっては非対応の3階建住宅など高層階にも対応しております。

ご相談はこちらから
電翔の無料相談とメール問い合わせのバナー

「E202・受信できません」でBS放送が映らない場合のプロによる対処方法

先述のとおり、ご自身での対処が難しい場合は、プロの出番になりますが、E202エラーの原因によって対象方法が異なります。例えば、アンテナの位置ずれのみが原因でBS放送が映らないようであれば、正しい位置調節をすることで、改善されるでしょう。

一方、アンテナ本体が壊れてしまっているようであれば、修理や新設撤去といった工事による対処が必要になります。

同様にブースターなどの周辺機器や屋外・屋内のケーブルのショートといったトラブルも交換することでBS放送が再び映るようになることが期待できます。

ただし、テレビやチューナー本体が故障してしまっている場合は、メーカーや購入先の修理依頼が必要です。

新設工事だけでなく、配線・ブースターの交換などの修理修繕も専門業者の電翔にお任せください。

ご予算に合わせて解決方法をご提案いたします。

ご相談はこちらから
電翔の無料相談とメール問い合わせのバナー

「E202・受信できません」でBS放送が映らない場合の電翔対応事例

先述のとおり、電翔では「E202・受信できません」でBS放送が映らないトラブルでお困りのお客様対応も数多く行っています。

とはいえ、お気軽にお声掛けくださいとは言うものの、いささか一方的で、実際にどんなトラブル対応を行っているのか分からないとご不安で依頼を躊躇ってしまうケースも想定されます。

そこで、よりご安心してお申込みいただけますよう、これまでに電翔が対応してきた事例をブログにてご紹介していますので、こちらに記事リンクを転載いたします。

ぜひ、併せてご参考になさってください。

一部のBS放送が映らないトラブル対応事例

一つ目の事例紹介は、一部のBS放送が映らなくなってしまったトラブルの対応事例です。こちらの案件ではお客様自身で先述の1の原因を想定して対処してみたものの改善できず、電翔をご利用いただきました。

原因調査の結果、アンテナの位置ずれにより、電波を正常に受信できていないことが判明。対応方法は3つ提案してお客様に選んでいただきました。

BS放送が映らない?原因調査と対応事例をご紹介【神奈川県大和市】

BS放送が映らないトラブルの無料相談はこちらから
電翔の無料相談とメール問い合わせのバナー

樹木の成長に電波妨害でBS放送が映らないトラブル対応事例

BS放送に限らず、地デジなどのテレビ電波は建物による遮蔽が考えられますが、樹木といった植物によっても電波妨害が起きる可能性があります。

ご紹介する案件では、まさに周辺の木々によって電波妨害されてしまった影響でBS放送が映らなくなってしまいました。詳しい対応方法は記事をご参考になさってください。

木の枝が電波妨害?BS放送が映らないトラブル対応!【東京都練馬区】

BS放送が映らないトラブルの無料相談はこちらから
電翔の無料相談とメール問い合わせのバナー

BS放送が全く映らないトラブル対応事例

この案件は、BS放送が全チャンネル全く映らなくなってしまったトラブルにより、BSアンテナの移設工事を行いました。元々のアンテナ不思議な場所に設置されていたのも印象的でした。

全く映らない衛星放送を映すためのBS/CSアンテナの追加工事【千葉県山武市】

BS放送が映らないトラブルの無料相談はこちらから
電翔の無料相談とメール問い合わせのバナー

BS放送が映らないトラブルで火災保険を使用した事例

BS放送に限らず、テレビアンテナが災害によって故障等してしまった場合は、ご契約中の火災保険を適用して修復費を賄えるケースもあります。

近年、大型台風の多発など各地で甚大な被害が起きており、テレビアンテナへの影響も少なくありません。そんなときに、ぜひご活用いただきたいのが火災保険でもあります。

ご紹介の事例では、実際に火災保険を使ってBS放送を映るようにしていますので、同様のケースでお困りでしたら、ご参考になるかと思います。

埼玉県越谷市|アンテナ修理は火災保険で工事費を賄える?

BS放送が映らないトラブルの無料相談はこちらから
電翔の無料相談とメール問い合わせのバナー

まとめ:「E202・受信できません」エラーによるBS放送が映らない原因と対処法について

ここまで、「E202・受信できません」エラーでBS放送が映らない原因と対象方法について解説してきました。

まとめますと主な原因は、「同軸ケーブルが正しく接続されていない」「B-CASカードが正しく挿入されていない」「アンテナや周辺機器に問題あり」などです。

そして対処方法はご自身で行える場合とプロの専門業者の依頼が必要になる場合があるとお伝えしました。

もし、ご自身でBS放送が映らない原因特定が難しい場合は、電翔で調査いたしますので、お気軽にお声掛けくださいませ。迅速にご対応いたします。

BS放送が映らないトラブルの無料相談はこちらから
電翔の無料相談とメール問い合わせのバナー

無料見積依頼


開く 閉じる