キャンペーン実施中!

電翔10周年記念!決算還元・大感謝スーパーセール
詳しくはこちら >

BSの無料放送を見るには?一軒家やマンションでの視聴方法!

アンテナBlog

BS放送の一覧

BSの無料放送を見るには?一軒家やマンションでの視聴方法!

2022年11月11日 (金曜日) 13:18

BSの無料放送を見るには?一軒家やマンションでの視聴方法!

BSの無料放送を見るには何が必要?

最初にBSの無料放送を見るために何が必要か解説します。基本的には、次の3つ部材があれば視聴可能です。

BS専用のパラボラアンテナ

テレビアンテナでBSの無料放送を視聴する場合は、専用のパラボラアンテナが必要です。

現在のパラボラアンテナは、1台でBS放送の他、CS放送、新4K8K放送が見られるようになっています。そのため、相称してBS/CSアンテナとも表現されます。

また、過去の製品は、ホワイト色のみでしたが、技術力向上により、ブラック色も登場。その他、災害対策用としてメッシュタイプも販売されています。

パラボランテナ(BS/CSアンテナ)については、下記のコラム記事でも詳しく解説していますので、併せてご参考になさってください。

BS専用のテレビアンテナケーブル

BSを無料で見るにはアンテナ単体だけでは実現しません。アンテナで受信したBSの電波をテレビに送るために専用のアンテナケーブルも必要です。

これに付随して、電波レベルを安定して映像にノイズが入らないようにするためのブースターやコンバーターといった機器も欠かせません。

また、新4K8K放送の視聴もご希望であれば、対応品をご用意ください。ご購入や設置のご相談は、電翔にて下記より受け付けております。お気軽にお問合せ下さいませ。

BS対応のテレビまたはチューナー

もう一つ重要なのがBSに対応しているテレビやチューナーです。現在のテレビはほとんど対応しているので、問題ありませんが、旧式のタイプですと対応していない場合があります。

特に新4K8K放送については非対応のケースが多いため、対応のテレビへの買い替え、または専用チューナーの導入が必要です。

BSの無料放送を一軒家で見るには?

BSの無料放送を一軒家で見るには?

つづいて、戸建住宅など一軒家でBSの無料放送を見る方法についてです。

新築など全く視聴環境が無い場合は、前項でご紹介した部材を揃えて、設置工事を行えばBSの視聴環境が整います。

既存の住宅や中古物件でアンテナが設置されている状況であれば、調整、対応部材への交換といったメンテナンスのみでも視聴可能。

いずれのパターンでも、BSの無料放送は特に契約などの手続きをしなくても環境が整っていれば、チャンネル合わせて見られます。

BS用のアンテナ設置やメンテナンスをご希望でしたら、専門店の電翔をご利用くださいませ。

電翔の無料相談とメール問い合わせのバナー

また、テレビアンテナ以外の方法としては、ケーブルテレビや光テレビの契約もありますが、別途月額料金が必要です。イメージ的にはBSの無料放送を見るために、月々コストが発生します。

アンテナであれば、設置費のみで視聴できるので、長期的に見れば、最もコストを抑えられる方法としておすすめです。詳しくは下記の特設ページもご覧ください。

BSの無料放送をマンションやアパートで見るには?

BSの無料放送をマンションやアパートで見るには?

BSの無料方法をマンションやアパートなどの集合住宅で見るには、一軒屋と異なり、物件の環境によって異なりますので、よくあるパターンごとに解説します。

BSアンテナ既設の物件の場合

BSアンテナが既に設置されていて、視聴可能なマンションやアパートであれば、対応しているテレビまたはチューナーをご用意して接続すれば、見られます。

ただし、新4K8K放送の視聴も考えていて、築年数が長い物件の場合、アンテナが旧式で対応していないことも。こういったケースでは、後述する方法または、管理人へのお申し出により見られる可能性があります。

地デジ放送のみ視聴可能な物件の場合

物件によっては、地デジのみが共用されていてBSに対応していない場合があります。こういったマンションやアパートなどの集合住宅は入居者様が個別にアンテナを設置すれば視聴可能です。

ただし、個別の設置が認められている場合に限りますのでご注意ください。許可されていて、設置工事をご希望でしたら、電翔にてご対応いたしますので、お気軽にご利用くださいませ。

電翔の無料相談とメール問い合わせのバナー

ケーブルテレビや光テレビ対応物件の場合

アンテナでなくBS放送に対応しているケーブルテレビや光テレビに契約済みのマンションやアパートであれば、基本的にテレビのみ準備すれば、BSの無料放送も視聴できます。

注意点としては、物件がケーブルテレビや光テレビに対応になっていても、契約は入居者自信が行う必要がある場合です。こういった物件は、ケーブルテレビや光テレビに個別に申込みが必要になりますので、入居前によくご確認しておきましょう。

BSの無料放送一覧

BSの無料放送一覧

ところで、BSの無料放送はどんなチャンネルを見られるのかご存知でしょうか?ご参考までに2022年現在視聴可能な無料放送一覧を下記にまとめました。

■BS無料放送一覧

BS日テレ
BS朝日
BS-TBS
BSテレ東
BSフジ
BS11
TwellV
放送大学
BS松竹東急
BSJapanext
BSよしもと

■BS公共放送一覧

NHK BS1
NHK BSプレミアム

■110°CS放送一覧

ショップチャンネル
QVC

■BS4K放送一覧

BS朝日4K
BS-TBS 4K
BSテレ東4K
BSフジ4K
BS日テレ4K
ショップチャンネル4K
4KQVC

■BS4K公共放送一覧

NHK BS4K

■BS8K公共放送一覧

NHK BS8K

 

このように、地デジに比べると、はるかに多くのチャンネル数で色々な番組をお楽しみいただけるので、テレビライフが広がります。

公共放送については、別途NHK受信料が必要となりますので、ご注意ください。

ご視聴ご希望の場合は、テレビアンテナ工事など電翔でお手伝いいたしますので、ぜひご利用くださいませ。

電翔の無料相談とメール問い合わせのバナー

▼関連記事▼

まとめ:BSの無料放送について

まとめのイメージ

以上、BSの無料放送について見るには何が必要で、どんな視聴方法があるのかについて解説しました。

まとめますと、アンテナで見る場合は次の部材が必要です。

・BS専用パラボラアンテナ(BS/CSアンテナ)
・BS専用テレビアンテナ
・BS対応テレビまたはチューナー

 

また、一軒家やマンション、アパートなどの集合住宅の環境によって、視聴方法が異なります。

アンテナの設置状況、物件ごとの対応状況などご確認の上、適切な方法でBSの無料放送をお楽しみくださいませ。

何かご不明点等ございましたら、電翔がお答えいたしますので、お気軽にご連絡くださいませ。

無料見積依頼


埼玉県川口市でBSが映らない!アンテナの新設撤去工事で解決

2022年10月11日 (火曜日) 12:51

こんにちは!テレビアンテナ工事電翔のブログ担当、川原です😊

10月になり、テレビも新番組も放送されていますが、ご覧になられていますか?

特にドラマは各チャンネルともに新しい番組になっていますね📺

中でもNHKの朝ドラは4K放送でも見られますので、これまで地デジで見ていた方は、新4K8K放送対応のBS/CSアンテナ設置でご視聴されてみてはいかがでしょうか?

 

本日は、そのBS/CSアンテナに纏わる工事をご紹介します😉

ご依頼くださったのは、埼玉県川口市柳崎にお住いのO様。BS放送が映らないということで、ご連絡いただきました。

まずは現状確認です👀

屋根上のテレビアンテナ

O様宅では、お写真のように屋根上にUHFアンテナBSアンテナがセットで設置されていました。地デジは映るということで、BSアンテナ周りをチェック。

原因はBSアンテナの先端にあるコンバーターという部分が壊れてしまったからでした😨

ちなみに、コンバーターは下の赤丸の部分で、電波の周波数をアンテナケーブルで流しやすいように調節するための部品です!

BS/CSアンテナ

 

今回は、BS放送を映るようするために、アンテナの新設撤去工事を実施🔧

屋根上のテレビアンテナ

新品のBS/CSアンテナに取り換えて、電波を安定させるためのブースターも新しくしました👍

メディアボックス内にブースターの本体と電源です。これで、無事、BS放送が映るようになりました😆

なお、BS放送が映らなくなってしまった場合は、下記のコラム記事でも解説してしますので、ぜひご覧ください♪

 

E202受信できませんでBSが映らない原因と直し方ガイド

 

 

最後に今回、アンテナ工事で伺った川口市についてご紹介。川口市は、埼玉県の工業都市として有名で、中でも鋳物が盛ん街で、工場街は映画の舞台になったり、1964年の東京五輪で使われた聖火台にも川口市の鋳物が使われたりしました🤗

電翔は、本社が越谷なため、川口市のお客様からも多数アンテナ工事をご依頼いただいております😊川口市はもちろん、県内のお客様からの工事のご相談もお待ちしておりますので、お気軽にお声掛けくださいませ😉

皆様からのお問合せ、心よりお待ちしております😌

無料見積依頼


新築のアンテナ工事を自分で行う方法と3大リスクを徹底解説

2022年09月08日 (木曜日) 13:42

新築のアンテナ工事を自分で行う方法と3大リスクを徹底解説

新築のアンテナ工事を自分で行う方法

新築のアンテナ工事を自分で行う方法は、次の5つの流れです。

新築で視聴する放送とアンテナの種類を決める

新築では、次のような視聴可能な放送があります。

■地上デジタル放送
 ・キー局・キー局系列の地方局
 ・ローカル局(独立U局)※キー局とローカル局の違いについて
 ⇒キー局とローカル局の違いってなに?特徴をご紹介

■衛星放送
 ・BS放送
 ・CS放送
 ・スカパープレミアム

 

アンテナ工事を自分で行う1歩として、まずは、新築でどの放送の番組を見たいのか?どんなアンテナを設置したいのか?を把握しておくことが必要です。

地デジを見たいのか?衛星放送を見たいのか?両方見たいのか?など視聴目的によって設置するアンテナを選びます。

また、地デジや衛星放送の中にもチャンネルが様々あり、例えば地デジであれば、キー局とローカル局、衛星放送であれば、BS、CS、4K8K、スカパープレミアムなどが放送されていて、それぞれの番組を視聴するためには、以下のような各専用のアンテナをご用意していください。

■地デジ用
    ・デザインアンテナ
 ・ユニコーンアンテナ
 ・UHFアンテナ(八木式アンテナ)

■衛星放送(BS・CS・新4K8K放送)用
 ・BS/CSアンテナ

■衛星放送(スカパープレミアム)用
 ・スカパープレミアム専用BS/CSアンテナ

 

テレビアンテナの種類の詳細ついては下記の特設ページをご用意しています。

テレビアンテナの種類や特徴を紹介!メリットデメリットも

使用可能な放送やテレビアンテナの種類についてのご相談は、お気軽に電翔までお問い合わせくださいませ。

電翔の無料相談とメール問い合わせのバナー

新築のテレビ電波の受信レベルを確認

新築のテレビ電波の受信レベルを確認

視聴する放送とテレビアンテナの種類が決まったら、地デジや衛星放送の電波を受信できるのか確認します。

電波は目に見えないため、正確な測定にはレベルチェッカーの使用が望ましいです。もし、無い場合は、新築の近所の住宅には、どのようにテレビアンテナが設置されているのか確認することでもおおよその目安となります。

何軒かの住宅に似たような方法でアンテナが取り付けられている様であれば、同様に設置することで、テレビ視聴が実現する可能性が高いです。

また、地デジの電波であれば、「放送サービス高速化推進協会」のWEBサイトから最寄りの電波塔からどのくらいの範囲に飛んでいるのか確認できます。(画像クリックでサイトアクセス)

A-PABの放送エリアのめやす

スカパープレミアムを除く衛星放送の場合は、新築の南南西の方角を目印に上空を見上げ、建物等の遮蔽物がなければ、たいてい受信可能です。

なお、方角の確認は、BSコンパスというアプリでできます。

■BSコンパス
Android用:ダウンロード
iOS用:ダウンロード

これらの方法で、おおよその電波レベルを確認できますが、もしもっと正確に知りたいというようであれば、電翔で現地調査を行えますので、お気軽にお声掛けくださいませ。

電翔の無料相談とメール問い合わせのバナー

テレビアンテナと工具類の調達

テレビアンテナと工具類の調達

次に、以下のようなアンテナ工事に必要なアンテナ本体一式・工具を用意します。

■部材類
 ・テレビアンテナ本体
 ・アンテナ取り付け金具類
 ・ブースター、分波器、分波器等の周辺機器
 ・アンテナケーブル

■工具類
 ・梯子・脚立
 ・電動ドライバー・ドリル
 ・コーキング剤

■その他あると便利な道具
 ・ヘルメット
 ・安全靴
 ・作業用手袋
 ・レベルチェッカー(電波測定器)
 ・水平器

 

基本的にスカパープレミアム専用以外のテレビアンテナは、家電量販店、ホームセンター、ネットショップで取り扱っています。

工具類は。今お持ちの物も使用できますが、新しく調達する場合は、それなりの価格の物もありますので、今後DIYの予定がなく、アンテナ工事のみにしか使用しないような場合ですと割高になる可能性もありますのでご注意ください。

また、あると便利な道具は、ヘルメットや安全靴など見つける物は工事の安全対策になりますので、ぜひ使用してください。

アンテナ工事に必要な物に関して、ご質問がございましたら、電翔までお問い合わせください。

電翔の無料相談とメール問い合わせのバナー

新築のテレビアンテナ工事実施

新築のテレビアンテナ工事実施

全ての道具が揃えば、いよいよ新築のテレビアンテナ工事の開始です。

設置場所を定めたら、梯子・脚立を立てかけて、部材一式を登って運びます。

支柱を使用する場合は、登る前に地上で組み立ててから運ぶことで、設置場所での作業効率があがるのでおすすめです。

また、新築の外壁や破風板に取り付ける場合は、先に金具をビスで止める必要があるので、アンテナ本体を運ぶ前に、穴あけを済ましておくと効率的です。

準備が整えば、以下の手順でアンテナ工事を進めます。

・金具の取り付け
・アンテナ本体の固定
・アンテナケーブルの接続
・位置調整
・ブースターなどの周辺機器の設置
・配線処理

 

このように、アンテナ工事は本体以外にも周辺機器の取り付けや配線処理も適切に行わなければなりません。

新築住宅の構造によっては、屋根裏や天井裏といった狭い場所での作業も必要です。事前に配線ルートや工事可能なスペースであるか確認しておきましょう。

アンテナ工事についてもっと詳しく知りたい場合は、電翔へご連絡ください。

電翔の無料相談とメール問い合わせのバナー

テレビのチャンネルスキャン

テレビのチャンネルスキャン

新築住宅のテレビアンテナ工事の仕上げは、テレビがしっかり映るかのチェックです。アンテナを設置できても肝心なテレビが映らなければ、意味がありません。

テレビの電源を入れて、チャンネルスキャンを行い、正常に映るのかチェックしましょう。

もし、E202などのエラーが発生するようでしたら、正しくテレビアンテナを設置できていない可能性がありますので、不備がないかチェックしてください。

もう、上手くいかない場合は、電翔がお手伝いいたします。ご遠慮なくお声掛けくださいませ。

電翔の無料相談とメール問い合わせのバナー

新築のアンテナ工事を自分で行う場合の3大リスク

新築のアンテナ工事を自分で行う場合の3大リスク

新築住宅に限らず、テレビアンテナ工事は常に危険と隣り合わせです。ご自身で行う場合にぜひとも押さえておいて欲しい3つのリスクをご紹介します。

新築のアンテナ工事を自分で行う際の転落事故

新築のアンテナ工事を自分で行う際の転落事故

テレビアンテナのほとんどは、屋外の高所に設置しますが、梯子や脚立を使った高所作業は足場が不安定で転落事故のリスクがあります。

毎年、屋根の転落事故が起きているように、慣れない場所での作業は危険です。

万が一、転落してしまった場合は、大怪我してしまうことがほとんどで、最悪死亡事故にも繋がりかねません。

せっかく新築での新生活が始まろうとしているのに、ご自身でアンテナ工事を行った故、思わぬ事故に遭遇してしまったら悲しいはずです。

決して、無理せず少しでもご不安があれば、専門業者を頼ってください。電翔でも新築のアンテナ工事を多々行っていますので、ぜひお気軽にご相談くださいませ。

電翔の無料相談とメール問い合わせのバナー

新築のアンテナ工事を自分で行う際の部材破損

新築のアンテナ工事を自分で行う際の部材破損

ご自身の転落事故は防げても、アンテナ本体や部材を高い場所から落下させてしまいますと、破損の可能性大です。

アンテナが故障するだけでなく、下に自動車などがあれば、そちらの損傷も免れないでしょう。万が一、通行人に当たってしまったら、大事故に繋がりかねません。

また、隣の敷地に落下して物件や備品を損傷させてしまう可能性もあります。

こうなると、せっかくの新築住宅での新たな生活が最悪なスタートとなってしまいますので、ご自身の落下防止とともに部材の落下も十分注意してください。

ご心配であれば、電翔がご対応いたしますので、ご連絡くださいませ。

電翔の無料相談とメール問い合わせのバナー

新築のアンテナ工事で費用が高額に

新築のアンテナ工事で費用が高額に

新築でアンテナ工事をご自身で行う目的には、費用対効果もあるかと思います。

しかし、使用頻度の少ない工具を拘って高額な物を一式用意、アンテナの選び間違いで買い直しといった場合、業者へ依頼するよりもコストがかかってしまうリスクもあり得ます。

また、先述のような事故がおきてしまいますと、それに伴う費用も別途かかります。保険が適用されれば、賄える可能性もありますが、過失が大きく認められてしまうと、あまり期待できず、大きな自己負担になるでしょう。

せっかく費用を抑えようとしたご自身でのアンテナ工事が高くなってしまえば、家計にも大打撃です。

もし、こういった費用に関するリスクを抑えたい場合は、次項のアンテナ工事料金をご参考に電翔をご利用くださいませ。

電翔の無料相談とメール問い合わせのバナー

新築のアンテナ工事を業者に依頼する場合の費用

新築のアンテナ工事を業者に依頼する場合の費用

では、最後に電翔で新築住宅のテレビアンテナ工事の費用をご案内します。視聴目的に応じて料金変動はございますが、参考価格を以下にまとめました。

・地デジアンテナ:約22,000円(税込)~
・衛星放送アンテナ:約25,000円(税込)~
・地デジ×衛星放送アンテナ:約48,000円(税込)~

詳しくは下記の電翔の料金ページでも費用をご案内しています。

テレビアンテナ工事の費用は?料金目安や業者選びのポイント

また、電翔のアンテナ工事の正確な料金は現地調査が必要です。お見積もりをお出ししておりますので、ご希望でしたら、下記よりお申込みくださいませ。

電翔の無料相談とメール問い合わせのバナー

新築のアンテナ工事を自分で行う方法とリスクについて

新築のアンテナ工事を自分で行う方法とリスクについて

以上、新築のアンテナ工事を自分で行う方法とリスクについて解説しました。

工事の流れとリスクはつぎのとおりです。

■新築のアンテナ工事を自分で行う方法の流れ

1.視聴する放送とアンテナの種類を決める
2.受信テレビ電波レベルの確認
3.テレビアンテナと工具類の調達
4.アンテナ工事実施
5.テレビの視聴確認

 

■新築のアンテナ工事を自分で行う場合のリスク

・ご自身の転落事故
・部材の落下事故
・工事費用の高騰

 

もし、新築のテレビアンテナ工事がご自身で難しい場合は、ぜひ電翔をご利用くださいませ。

皆様からのお問合せ、心よりお待ちしております。

無料見積依頼


今大注目!”黒”クールなテレビアンテナを設置【千葉県松戸市】

2022年08月13日 (土曜日) 12:03

こんにちは🌈 テレビアンテナ工事・電翔のブログ担当の吉田です🙆‍♂️

本日ご紹介するのは、千葉県松戸市のアンテナ工事、デザインアンテナとBS/CSアンテナの設置例です👏

ご依頼いただいたのは、千葉県松戸市五香にお住まいのお客様🏠

松戸市は、共働き子育てしやすい街として知られ、健康医療都市として質の高い医療が提供できるなどの魅力がございます🌈

さらに東京都(葛飾区・江戸川区)とも隣接しており、アクセスも便利です🚅✨

では早速、千葉県松戸市のアンテナ工事を見ていきましょう👏

外壁のデザインアンテナとBS/CSアンテナ

こちらは、軒下の外壁のお写真📸

地デジ用デザインアンテナ(左)と衛星放送用BS/CSアンテナ(右)を取り付けさせていただきました👨‍🔧✨

デザインアンテナは今一番人気の地デジ用アンテナ⭐️

コンパクトなので「屋根の上にアンテナを付けるのは外観の見栄えが悪い😵」のようにお考えの方にオススメです😉✨

一方、BS/CSアンテナは、テレビ視聴のバリエーションを広げるテレビアンテナ📡✨

衛星からの電波を受信しBS放送・CS放送に加えて、電翔では新4K8K放送を受信できるBS/CSアンテナをご用意しています🌈

BS/CSアンテナとは?【BS放送・CS放送】両方受信

 

設置後の外観の様子はこちら⇩⇩

住宅の外観

設置したアンテナと同系色のクールな外観が印象的な新築でした🏠✨

屋根下には、先ほどのデザインアンテナとBS/CSアンテナが見えますが、一見するとアンテナが外観に溶け込んでいるようにも見えます🧐

 

魅力溢れるまちの、千葉県松戸市でアンテナ工事をご検討されているお客様は、是非電翔をご利用ください👏

松戸市

 

以上で、テレビアンテナ工事の完了👏

この度はご依頼いただきありがとうございました🙇‍♂️

テレビアンテナ工事のことなら是非、電翔へご相談ください⭐️

 

◇キャンペーンのご案内◇

只今電翔では、【平日割】新設工事が最大3000円引きキャンペーンを実施中❗️

特定の条件に当てはまれば、最大3000円引きにて工事が可能です🙌 (工事内容によってお値引き価格が違います。)

この機会に是非、ご覧ください✨(詳細は下記をクリック)

平日割キャンペーン

 

無料見積依頼


パラボラアンテナの取り付け方法!設置は自分でもできるの?

2022年06月09日 (木曜日) 15:02

パラボラアンテナは、BS放送やCS放送を視聴するために必要なテレビアンテナですが、取り付け方法をお探しのお客様も多いようです。

そこで、今回はパラボラアンテナについて設置方法や設置場所などをご紹介するとともにDIYによる取り付けについても解説します。

パラボラアンテナの取り付け方法について

住宅に設置したパラボラアンテナ

では、さっそく衛星放送を視聴するために必要なパラボラアンテナの設置方法をご紹介します。

パラボラアンテナの設置場所について

パラボラアンテナを設置に際して重要ポイントは衛星放送の電波を視聴レベルでキャッチできるかどうかです。

むやみやたらに、場所を選ばずに設置してもBS放送やCS放送は映るとは限りません。しっかりと電波が受信できるポイントを把握して設置場所を選ぶ必要があります。

なお、よくあるお問合せとして、パラボラアンテナを室内に設置できないか?との質問がありますが、現在、衛星放送のテレビ電波を室内で受信することは困難で、基本的に設置場所は屋外となります。

屋外の設置場所としては、感度の強い電波受信が望める「屋根上」「外壁」「ベランダ」などが代表的です。

ただし、これは設置する物件ごとに異なりますので、詳しく設置可能な場所を把握された場合は、電翔の現地調査をご利用くださいませ。

▼電翔に衛星放送の電波調査を依頼する▼
無料お見積もりフォームのバナー

パラボラアンテナの方角について

パラボラアンテナの設置場所を選定する上で、大切な要素として方角も考慮しなければなりません。

そして、現行のパラボラアンテナは通常、BS/CSアンテナのため、1台でBS放送とCS放送の電波を受信でき、設置するべき方角は日本国内では南南西と決まっています。

つまり、南南西の方角で衛星放送のテレビ電波受信ができるポイントを見極めて、パラボラアンテナの設置場所を選定する必要があるのです。

もし、南南西の方角のどの場所にパラボラアンテナを設置すれば良いのかお困りでしたら、電翔にご相談ください。

▼電翔にパラボラアンテナの設置方角について相談する▼
無料お見積もりフォームのバナー

パラボラアンテナの仰角について

さらに、衛星放送を適切に視聴するためにパラボラアンテナを設置する上で、重要となるのが仰角です。

仰角とはパラボラアンテナを水平から上向きに傾けた時の角度のことですが、地域ごとに異なり、エリアごとに適切な角度に調整しなければ、衛星放送のテレビ電波を正しく受信できません。

ご参考までに関東地方の受信地点ごとの仰角をご紹介しておきます。

・東京:38.0°
・横浜:38.3°
・大宮:37.9°
・浦和:38.0°
・千葉:37.9°
・土浦:37.4°
・水戸:37.0°
・宇都宮:37.2°
・前橋:37.9°

これをご覧になればお分かりいただけるかと思いますが、例えば電翔の本社がある埼玉県でみても、大宮と浦和とでは微妙に仰角が異なっています。

地上デジタル放送用のテレビアンテナであれば送信塔のある方角へ向ければ、多少角度がずれても電波を受信できますが、それに比べるとパラボラアンテナの場合は角度調節がシビアです。

もし、パラボラアンテナの設置をご検討されているエリアの仰角を正確に把握されたい場合は、電翔へお問い合わせください。

▼パラボラアンテナ設置に際して電翔で仰角を確認する▼
無料お見積もりフォームのバナー

パラボラアンテナを自分で設置する場合について

住宅に設置したパラボラアンテナ

DIYが注目されている昨今、「パラボラアンテナを自分で設置したい」と考えている方も多いようです。

結論から申し上げますと、パラボラアンテナはご自身でも設置可能です。

ただし、誰にでも簡単に設置できるかと言いますと、アンテナ工事のプロとしても100%可能ですとはお応えできません。

アンテナ工事に限らずですが、何事もご自身でトライする際には、知識と技術が必要です。

それらを無視してチャレンジしてしまいますと、思わぬ事故を引き起こしたり、出費を抑えるつもりが増えてしまったりといったトラブル発展の可能性もあります。

ぜひ、次にご紹介するポイントをご自身で設置されるかプロに依頼するかの判断材料としてご参考になさってください。

パラボラアンテナの知識が十分あれば自分で設置可能

ここでご紹介しているのは、あくまでパラボラアンテナの設置方法についてですが、専門業者のプロとしては、ごくごく当たり前の内容です。

この他にも細かい知識として、パラボラアンテナを設置する際に必要な工具や金具などの部材も重要となります。

また、設置内容に関しても、新設なのか増設なのか?または取替なのかなどパラボラアンテナを導入する状況によっても、それぞれ異なる工事の知識が必要です。

おそらく、パラボラアンテナの設置方法をお調べの方の多くは、ここまでの知識を持ち合わせていないことが予想されます。

このように、安心安全にパラボラアンテナをご自身で設置するためには、正しい知識が大変重要です。

ご不安であれば、パラボラアンテナ設置工事の知識と経験が豊富な電翔がお手伝いいたしますので、お気軽にお声掛けくださいませ。

▼パラボラアンテナ設置について電翔に相談する▼
無料お見積もりフォームのバナー

パラボラアンテナの設置技術が十分あれば自分で設置可能

もちろん、前項の知識に加えて、パラボラアンテナの設置技術も兼ね備えてなければ、ご自身での設置は難しいと言わざるを得ません。

例えば、自転車の乗り方を例に挙げると、「車体に跨ってペダルを漕ぐ」と頭では分かっていても、いざ乗ってみたら簡単にはできないことは良くあります。

これと同じようにパラボラアンテナも、設置を試みたけどできなかったという事例も多数あるのです。

実際に電翔にも、DIYで設置を試みて、失敗に終わり工事をご依頼いただいたケースも多いです。

何事も「知っている」と「できる」は異なりますので、少しでもご不安であればプロの専門業者に任せるのが一番安心といえるでしょう。

また、パラボラアンテナを含めテレビアンテナは足場の悪い場所に設置することが多いため、技術不足によって部材を落下、最悪ご自身が高所から転落といった事故も想定できます。

ベランダのように足場がしっかりしている場所であれば、時間はかかってもパラボラアンテナをご自身で設置できるかもしれませんが、1度も登ったことのない屋根上ではどうでしょうか?

この他にも地デジアンテナにパラボラアンテナを増設するといったケースでは、配線を誤って、地デジも映らなくなってしまうトラブルもあり得ますので、リスクの方が高いとお感じでしたら、ぜひ専門業者をご利用くださいませ。

電翔ならすぐにご対応可能ですので、ご連絡お待ちしております。

▼電翔にパラボラアンテナの設置を依頼する▼
無料お見積もりフォームのバナー

まとめ:パラボラアンテナの取り付け方法や自分で設置する場合について

以上、パラボアンテナの取り付け方法やご自身で設置する場合の注意事項について等、解説しました。

パラボラアンテナは、衛星放送電波が受信できる南南西の方角に位置する屋外を設置場所に選ぶ必要があり、適切に視聴するためには、仰角の調整が重要です。

また、ご自身で設置する際には、パラボラアンテナの正しい知識と取り付けるための技術が必要であることをお伝えしました。

そして、安心安全にパラボラアンテナを設置するのであれば、専門業者のご利用が一番です。

工事のご依頼、ご相談はぜひ電翔へお任せくださいませ。
皆様からのお問合せ、心よりお待ちしております。

無料見積依頼


開く 閉じる