地デジ放送と衛星放送は適切なアンテナ設置で快適視聴が実現

アンテナBlog

衛星放送の一覧

地デジ放送と衛星放送は適切なアンテナ設置で快適視聴が実現

2022年01月21日 (金曜日) 14:35

こんにちは!テレビアンテナ工事電翔のブログ担当、川原です😊

最近、川原は、アンテナに纏わる様々なコラム記事を書いておりましたが、久しぶりに施工例をご紹介させていただきます😆

 

今回は、地デジ放送と衛星放送視聴のためのアンテナ工事をご紹介♪ご依頼くださったのは、東京都あきる野市草花に新築を建てられたS様です。

建設中の新築住宅

まだ建設途中のご物件でしたが、完成間近のご様子👀モダン構造でとってもオシャレですね😊基本的にアンテナ工事は、お引渡し前でも電気工事が完了していれば行えます🤗

ご入居前にアンテナ工事を完了させておけば、お引っ越し後すぐにテレビをお楽しみいただけるので、早めの工事もおすすめです😉その場合、電翔の早得キャンペーンで工事費がお得になりますので、ぜひご利用くださいませ♪

早得キャンペーンのバナー

早得キャンペーン

 

 

さて、アンテナ工事のご紹介に戻りますが、今回は、地デジ用にユニコーンアンテナ、衛星放送用にBSCSアンテナを使用しました。それぞれ放送のテレビ電波を感度強く受信するため、別々の場所に設置🔧

破風板に取り付けたユニコーンアンテナ外壁に取り付けたBSCSアンテナ

左がユニコーンアンテナで、右がBSCSアンテナです。地デジと衛星放送の電波が別々の方角から発信されていたため、このような設置となりました🔧

つづいて、屋内配線の様子をご紹介♪

マルチメディアボックス内のブースターと電源

今回は、マルチメディアボックス内に、電波を強くするための装置、ブースターとその電源を設置しました🔧これで複数台のテレビを設置しても、テレビ電波が減衰せず映像にノイズが入るなどといったトラブルも防げます👍

以上で、ユニコーンアンテナBSCSアンテナの設置工事が完了。なお、BSCSアンテナは新4K8K放送にも対応しているので、従来のハイビジョン放送よりも高画質の映像もお楽しみいただけます😉

ちなみに、4Kが約800万8Kは約3200万画素数で、まるでその場に居るかのような迫力さ。まだ未体験であれば、ぜひ新4K8K放送対応アンテナの導入もご検討くださいませ!電翔が新設撤去や取替工事でご対応いたします!!

 

また、テレビアンテナの新設工事をご検討中であれば、こちらをご利用くださいませ♪

新しい年は新しいアンテナで!2022円引きキャンペーンのバナー

今月末の1月31日までのキャンペーンですが、新年の2022年に因んでアンテナ本体代が2022円引きとお得になります!!この機会をお見逃しなく!皆様からのお問合せ、心よりお待ちしております😌

無料見積依頼


BSが受信できない!衛星放送アンテナのメンテナンス方法は?

2022年01月16日 (日曜日) 11:18

地デジは受信できているのにBS放送が受信できないといったトラブルでお困りではないでしょうか?

もし、テレビアンテナを設置視聴されているのであれば、この記事で原因や対処方法といった衛星放送用のBS/CSアンテナのメンテナンス方法をご紹介しますので、ぜひご参考になさってください。

📔目次

   1.1. テレビアンテナが原因でBSが受信できない
   1.2. テレビやチューナーが原因でBSが受信できない

   2.1.テレビアンテナが原因の場合の対処方法
   2.2.テレビやチューナーが原因の場合の対処方法

 

BSが受信できない原因

前提として、BSが受信できないということは、テレビ画面にエラーメッセージが表示されていることが想定されます。

よくある例としては、E202エラーメッセージが表示されてしまっている場合です。

これに関しては、こちらのコラム記事でも詳しく解説していますので、併せてご参考になさってください。

E202で受信できませんとは?BS放送が映らない原因と対処方法

これを踏まえて、BSが受信できない場合、大きく分けて次の2つの原因が考えられます。

テレビアンテナが原因でBSが受信できない

「BSが受信できない。」すなわち衛星放送のテレビ電波を受信できていない状況に陥っている可能性が考えられます。

特に地上デジタル放送は問題なく視聴できているのに、衛星放送が映らない場合に発生することが多いです。このケースでは、設置されているテレビアンテナで電波が受信できなくなっていることよくあります。

衛星放送のテレビ電波は地デジに比べてアンテナの位置調整がシビアです。少しでも位置がずれてしまうだけでも、BSが受信できないトラブルの原因に直結してしまうのです。

また、アンテナの位置は正常でも、周辺環境の変化によっても衛星放送のテレビ電波が遮られてしまい、受信できなくなってしまう場合があります。

例えば、ご自宅の前に高層ビルやマンションが建設された。森林などの木々が成長した。という環境変化であれば、電波が遮蔽されて受信できなくなることもあるのです。

テレビやチューナーが原因でBSが受信できない

テレビアンテナの衛星放送の電波受信に問題がなければ、テレビまたはチューナー本体が原因である可能性も否めません。

特にBSのみならず、地デジも受信できないのであれば、機器の故障も疑われます。

その他、単純な原因としては、B-CASカードの挿し間違え、同軸ケーブルの接続ミスなどもよくあるので、今一度チェックしてみましょう。

BSが受信できない場合の対処方法

では、前項までの原因を基に、BSが受信できない場合の対処方法をご紹介します。

テレビアンテナが原因の場合の対処方法

テレビアンテナが原因の場合は、正しく衛星放送の電波を受信できるように調整すれば解決が望めます。

位置がずれてしまっているだけであれば、元の位置に戻す。周辺環境変化が原因であれば、アンテナの設置場所を変えてみるのも対処方法として効果的です。

ただし、いずれも知識と技術が必要なため、ご自身での対処が難しければ、専門業者へご依頼するのが一番早いです。

もちろん電翔でもご対応いたしますので、原因特定から解決までお任せくださいませ。

ちなみに、原因の項目ではお伝えしませんでしたが、新4K8K放送非対応のBSアンテナをお使いで新4K8K放送が受信できない状況であれば、対応アンテナに取り換えることで視聴できるようになります。

テレビやチューナーが原因の場合の対処方法

原因の項目でお伝えしたように、B-CASカードの挿し間違えや同軸ケーブルの接続ミスなど単純なものであれば、正しく直すことで改善されます。

しかし、それが該当せずかつテレビアンテナやアンテナ周りに問題がないようでしたら、テレビやチューナーの故障が考えるため、修理または買い替えの対応が必要になる場合があります。

もし、これが該当するようでしたら、製造元または購入元へお問合せの上、ご確認くださいませ。

まとめ:BSが受信できないトラブルについて

ここまで、BSが受信できないトラブルについて、原因や対処方法について解説してきました。

お伝えの通り、主な原因としては、テレビアンテナ、テレビやチューナーに問題を抱えている事が考えられます。

そして、アンテナ類のトラブルであれば、専門業者のご利用、テレビやチューナーのトラブルであれば、製造元または購入元へのお問合せが解決の近道であるとお伝えしました。

もし、詳しいご案内が必要でしたら、ぜひ電翔にお問合せ下さいませ。必要に応じて現地にて調査の上、解決いたします。

無料見積依頼


テレビの電源は入るが映らない!原因と対処方法を徹底解説!

2022年01月13日 (木曜日) 16:22

テレビをつけてみたら、電源は入るのに番組が映らないといったトラブルでお困りではないでしょうか?

いままで視聴できていたのに突然、このような症状が出てしまったらどのように解決すれば良いのか分からないこともあるかもしれません。

そこで、今回はテレビの電源は入るが映らない!をテーマにその原因と対処方法を解説します。

📔目次

   1.1.テレビ画面にエラーコードが表示されている
   1.2.テレビの故障

   2.1. エラーコードが表示されている場合の対処方法
   2.2. テレビアンテナの取替・移設

 

テレビの電源は入るが映らない原因について

テレビが映らない原因については、電翔ホームページ上、他のコラム記事でも解説しています。

テレビが受信できない!映らない原因と対処方法を徹底解説!

その中でも電源は入るのにテレビが映らない状況にスポットを当ててみると、次の状況から原因特定に近づきます。

テレビ画面にエラーコードが表示されている

テレビが映らない場合によく表示されるエラーコードにE202があります。これについては、こちらのコラム記事で詳しく解説していますので、もし該当するようであれば、ご参考になさってください。

E202で受信できませんとは?BS放送が映らない原因と対処方法

なお、上記コラム内でも解説しているとおり、エラーが表示されている場合は、原則メッセージ内容が原因の可能性もありますが、それ以外のケースも多々考えられます。

また、エラーコードもE202に限らずE201、E203など様々。しかしどのエラーでも、たいていは、テレビアンテナ、同軸ケーブルなどの配線、ブースター、B-CASカードのトラブルが原因です。

テレビの故障

エラーコードも表示され、電源ランプが点いているのみで、画面が映らない場合はテレビのバックライト切れなど故障が疑われます。

このケースでは、他のテレビをお持ちでしたら症状を比べてみると分かりやすいです。特定のテレビのみ映らないのであれば、テレビの故障の可能性が高いです。

また、前兆としては、以前よりも画面が薄暗くなった。電源が時々落ちた。といった症状が出る場合もあります。

テレビの電源は入るが映らない場合の対処方法

では、テレビの電源は入るのに映らない場合の対処方法を状況別にご紹介します。

エラーコードが表示されている場合の対処方法

この場合、テレビの配線やB-CASカードといったテレビ周辺のトラブルが原因であれば、比較的容易な対処で解決が見込まれます。

具体的には、テレビの配線が抜けているまたは接続場所が間違っていれば、正しく繋ぎなおせば映るようになる可能性が高いです。

ところが、テレビアンテナやその周辺にトラブルを抱えている場合は、知識と技術を要することがほとんどのため、対応が難しいと判断した場合は、プロのアンテナ工事業者への依頼をおすすめします。

電翔でも日々、同様のトラブル対応を多数行っていますので、迅速対応が可能です。

テレビが故障している場合の対処方法

もしも、バックライト切れといったテレビが故障している場合は、修理または買い替えが必要です。

仮にバックライトが原因ですと、メーカーや型番によって異なりますが、修理費は概ね4万円ほどとなります。

年数が経過しているようであれば、今後ほかのパーツが故障する可能性も出てきますので、場合によっては買い替えの方がお得になることも。

なお、メーカーや販売店の保証に加入してれば、無償で修理をしてもらえることが多いです。保障内容をご確認の上、製造元まはた購入店にご確認ください。

まとめ:テレビの電源は入るが映らないトラブルについて

ここまで、テレビの電源は入るが映らないトラブルについて原因や対処方法について解説してきました。

今回はよくある事例を中心にご紹介しましたが、大きく分けると原因は、アンテナなどのテレビ周りとテレビ本体自体のトラブルが多いです。

そして、アンテナ類に問題があれば、ご自身で対応以外の原因であれば、プロの工事業者への依頼をおすすめしました。

必要であれば、ぜひ、電翔をご利用くださいませ。

無料見積依頼


テレビが見れない!引っ越し先で視聴するための方法を解説!

2022年01月12日 (水曜日) 13:42

引っ越しがひと段落して、テレビでも見ようかと電源をつけたら見れない・・・。そんなトラブルでお困りではないでしょうか?

もし、引っ越し後にテレビが見れないようでしたら、この記事で解説していますので、ぜひご参考になさってください。

📔目次

   1.1. 新築戸建住宅でテレビが見れない場合
   1.2. 中古戸建住宅でテレビが見れない場合
   1.3. マンションなどの集合住宅でテレビが見れない場合

   2.1. テレビアンテナの新設工事
   2.2. テレビアンテナの取替・移設
   2.3. ブースターや配線のメンテナンス

 

テレビが見れない場合の引っ越し先の視聴環境

テレビが見れない場合、引っ越し先・以前、居住されていた場所に関わらず電波をテレビに正しく送れていなければ、映りません。

まずは下記の条件を参考に原因の特定を進めてみてください。

新築戸建住宅でテレビが見れない場合

テレビの視聴方法は、テレビアンテナの設置やケーブルテレビまたは光テレビの契約などがあり、新築戸建住宅でテレビ見れない場合は、視聴環境が十分に整っていない可能性があります。

しかし、近年は、家を新築で建てる際にテレビの視聴方法も考慮して造られることが多く、ハウスメーカーからの提案も珍しくありません。このため入居後にテレビを設置したにもかかわらず視聴できないというトラブルは少ないです。

それでも、視聴できないのであればテレビのチャンネル設定ができていない。引っ越し前から使っている製品であればテレビに問題を抱えている可能性が高いです。

万が一、視聴環境が整備されていないのであれば、テレビアンテナが設置されていない。ケーブルテレビまたは光テレビが未開通ということもあります。

なお、テレビアンテナは設置が完了すれば、即日で視聴できますが、ケーブルテレビや光テレビの場合、お申込みから開通まで数カ月要する場合もあり、まだテレビが見える状態ではない可能性も考えられます。

中古戸建住宅でテレビが見れない場合

中古物件では、よくあるパターンは、アンテナが設置されているにも関わらず、テレビが見れないトラブルです。

もちろん、前項の新築物件同様に、視聴環境が全く整っていない場合もありますが、テレビアンテナが設置されていてテレビが映らないのであれば、アンテナ本体の異常、周辺機器類の不備などが原因として考えられます。

例えば、アンテナの位置がずれていたり寿命で故障してしまっていれば映りません。他にもブースターなどの部材が取り外されていたり、配線のショートといった老朽化の可能性もありえるでしょう。

もし、引っ越し前後のお住いの地域が異なれば、テレビのチャンネルの再スキャンも求められます。

マンションなどの集合住宅でテレビが見れない場合

マンションなど多くの集合住宅の場合、テレビ視聴環境は共用となっており、基本的には部屋の壁に備え付けられた端子とテレビやチューナなどに同軸ケーブルで接続してチャンネル設定をすれば視聴できます。

ただし、地デジのみしか共用されていない場合は、衛星放送は見れません。視聴するには個別に専用のBS/CSアンテナを用意する必要があります。

個別の設置が許可されていれば、ベランダなどの手すりにBS/CSアンテナを設置して環境を整えれば、視聴実現です。もちろん電翔でも集合住宅のアンテナ工事を行っていますので、必要であれば、ぜひご利用くださいませ。

また、ご自身だけでなく、近隣のお部屋の方もテレビが見れないようであれば、共用アンテナにトラブルを抱えている可能性があります。

この場合、管理人様を通してメンテナンスを施すことで解決が望めます。

アンテナが原因でテレビが見れない場合の対処方法

仮に引っ越し先の視聴方法がテレビアンテナの場合で見れないのであれば、次の方法での解決が見込めます。

テレビアンテナの新設工事

引っ越し先でテレビアンテナでの視聴をお考えであれば、設置が必要です。もし、まだテレビアンテナが設置されていないようでしたら、新設工事で視聴環境が整います。

なお、テレビアンテナの種類は主に地デジ用と衛星放送用があり、視聴目的に応じて専用アンテナを選ばなければなりません。

電翔では、後々衛星放送の視聴予定があるお客様には、地デジとセットでの新設工事をおすすめしています。1回分の工事と工賃で視聴環境が整いますので、お得です。

テレビアンテナの取替・移設

もし、引っ越し先のテレビアンテナが位置ずれや寿命によって正常に電波受信できていないのであれば、取替や移設工事で解決する可能性が高いです。

単に位置ずれだけであれば、調節のみでも改善されますが、経年劣化等でテレビアンテナが故障しているようであれば、新設撤去が必要です。

また、BSアンテナは設置されているのに新4K8K放送が見れないという場合は、既存のアンテナが対応していない可能性が考えられます。

この場合も、新4K8K放送対応のBS/CSアンテナへ取り換えることで視聴できるようになります。

アンテナが寿命を迎えていなくて、テレビが見れないのであれば、周辺の環境変化によりテレビ電波受信ができていない状況が考えられるため、設置場所を変更する移設工事で解決可能です。

ブースターや配線のメンテナンス

アンテナ本体に異常がなくても、ブースターや配線類のトラブルでテレビが見れない場合もよくあります。

先述のとおりブースターが取り外されてしまっていて電波不足により映像が映らないこともあるのです。また、屋外配線に接合部に雨水が入り込んでしまってショートしていることもよくあります。

こういった場合は、新品のブースターの使用や配線の新調といったトラブルを抱えている部材のメンテナンスによって改善が見込めます。

引っ越し先でテレビが見れないトラブルについて

ここまで、引っ越し先でテレビが見れないトラブルについて解説してきました。

基本的には、引っ越し先の物件とテレビの視聴方法といった条件をご確認の上、適切な対処をすることで視聴できるようになるはずです。

そして、テレビアンテナに問題があれば、新設・取替・撤去といった工事で解決します。アンテナに関しては電翔で対応可能ですので、お気軽にご相談くださいませ。

なお、テレビが映らないといったトラブルについては下記の記事でもご紹介しています。ぜひ、併せてご覧ください。

テレビが受信できない!映らない原因と対処方法を徹底解説!

無料見積依頼


ソニーのテレビが映らない!地デジやBS放送を映す方法を紹介

2022年01月06日 (木曜日) 14:47

ソニー製のテレビをご使用されていて、番組が映らなくなってしまってお困りでしたら、この記事で対処方法をご紹介していますので、ぜひご参考としてお役立てください。

📔目次

   1.1. ソニーのホームページ上でトラブルシューティング
   1.2. ソニーテレビが映らない場合の本体以外の原因

 

ソニーのテレビが映らない場合の原因について

ソニー製のテレビが映らなくなった場合は、メーカーホームページ上で、設問に答えることで原因を特定できる場合があります。併せて、電翔に多く寄せられているお問い合わせ内容もご紹介しますので、ぜひご確認ください。

ソニーのホームページ上でトラブルシューティング

ソニーの公式ホームページ上には、テレビの種類ごとにトラブル解決ナビが設置されており、設問に答えることで考えられる原因が表示され、各対処方法の案内が表示される仕組みになっています。

テレビの種類ごとのトラブル解決ナビページは次の通りです。

▼Android TV・Google TV▼
SONY【Android TV™ / Google TV™ トラブル解決ナビ】

▼Android TV / Google TV 以外のブラビア▼
SONY【トラブル解決ナビ】

このトラブルシューティングにより、テレビ本体に問題がある場合は、修理対応で解決が見込めますが、それ以外、特にテレビアンテナ関連の原因が考えられる場合は、次の可能性があります。

ソニーテレビが映らない場合の本体以外の原因

ソニー製のテレビが映らない原因としてテレビ本体以外にトラブルを抱えているケースでは、テレビアンテナを含めた設備に不具合が生じていることが多いです。

前提としてテレビアンテナを設置していることが条件になりますが、ソニー製のテレビに限らず、どのメーカーであってもアンテナで正しく電波を受信できていなければ映らない原因の元になります。

よくある例としては、

・テレビアンテナの位置ずれ
・テレビアンテナの故障
・配線類のショート・劣化
・ブースターなどの周辺機器の故障

などです。

なお、テレビ放送には主に地デジと衛星放送がありますが、どちらか一方のみ映らない場合は、その放送専用のアンテナ類に異常をきたしている可能性も考えられます。

そして、これらのほとんどは、自然災害や経年劣化によって起こるトラブルです。

例えば、台風などの強風がアンテナに直撃して位置がずれて電波を正しく受信できなくなったり、年数が経つにつれ、だんだんと部材が老朽化して電波をテレビに送れなくなったりなどです。

テレビが映らなくなってしまった場合のトラブルについては下記のコラム記事でも解説していますので、併せてご参考になさってください。

テレビが受信できない!映らない原因と対処方法を徹底解説!

お役立ち情報|E202エラーでテレビが映らない!原因と対処方法をご紹介

お役立ち情報|Bキャスカードのエラーでテレビが映らない!原因と対処方法をご紹介

BSが見れない?衛星放送が映らない原因と対処方法を徹底解説

ソニーのテレビが映らない場合の対処方法

お伝えの通り、ソニー製のテレビが映らない場合の原因は様々で、改善するためにはそれぞれの状況に応じた適切な対応が必要です。

単なる配線抜けといった内容であれば、ご自身でも容易に対処可能ですが、テレビアンテナ類に問題がある場合は、知識や技術を要する場合も多々あります。

もちろん、DIYで修復することもできますが、原因が他にあるにもかかわらず、問題を抱えている箇所のメンテナンスを行った故、トラブルが悪化の恐れもあります。

なかなか原因特定ができず、テレビが映らない期間が延びてしまうことも想定されるでしょう。

迅速な解決を求めるのであれば、やはり、プロのテレビアンテナ工事専門業者への依頼がおすすめです。業者依頼のため、どうしても料金は発生していまいますが、その分適切な対処が期待できます。

業者も千差万別のため、選び方も重要になってきますが、電翔は長期に渡ってテレビアンテナ事業を牽引してきました。ソニー製のテレビが映らないといったトラブルのみならず、様々な問題解決の実績も豊富です。

ご参考までに、電翔がこれまでにテレビが映らないトラブルを解決した例を一部ご紹介します。

・テレビアンテナの位置調整
・テレビアンテナの新設撤去
・ブースターの新設撤去
・屋外配線の新設撤去

ご予約状況に応じて、空きがあれば即日、解決する場合もあります。もし、他社の都合が悪ければ、一度電翔までご相談くださいませ。迅速対応いたします。

まとめ:ソニーのテレビが映らないトラブルについて

ここまで、ソニー製のテレビが映らない場合の原因や対処方法について解説してきました。

ソニーのホームページより原因特定が可能で内容によってはご自身での解決も可能です。しかし、テレビアンテナ類にトラブルが生じている場合は、知識や技術が必要なため、プロにお任せすることをおすすめします。

そして電翔は適切な対処を行えますので、お困りの際はお気軽にご利用くださいませ。

無料見積依頼