コラム | 株式会社電翔

テレビアンテナ工事の電翔・役に立つ情報たっぷり【コラム】を一挙紹介します!

アンテナBlog

コラムの一覧

テレビアンテナ工事の電翔・役に立つ情報たっぷり【コラム】を一挙紹介します!

2020年11月11日 (水曜日) 11:58

こんにちは!

テレビアンテナ工事の電翔のムカイです。

本日は、電翔ブログで人気のコラムを一挙紹介✨!

 

ではまずは、こちらから▼

■テレビアンテナの鳥害対策

【お役立ち情報】テレビアンテナの鳥害、糞害とは?その対策は?

屋根上などに取り付けたテレビアンテナに、鳥がとまっているのを見たことはありませんか?

特にUHFアンテナは、お魚の骨のような形をしているので、鳥が休憩するのにとまりやすい太さのようです…💦

と気になるのが、鳥がとまる=糞害ではないでしょうか。

皆さんお察しの通り、屋根上に取り付けたアンテナの周りには、鳥の糞が落ちていることが多いです🤕

それらを予防するために、おすすめのアンテナがデザインアンテナ!

UHFアンテナ同様に、地上デジタル放送を受信することができますが

取り付け位置が、屋根上ではなく・・・・壁面!!

鳥がとまりにくい場所への取り付けが可能なんです🙆

デザインアンテナなら、屋根を綺麗に保ちつつアンテナ視聴を実現できます◎

その他、鳥害についてのコラムはこちらから≫

 

■景観保全地区について

【コラム】テレビアンテナ工事と景観保全地区について

景観保全地区とはなんですか?と思う方も多いですよね🤔?

近年増加傾向にあるのですが、景観法に基づいて、市区町村が街の景観が損なわれてしまわないように

奇抜な色の外壁塗装や、お家の形などに決まりがある地域のことを『景観保全地区』と呼びます📢!

そして、厄介なことに?その条例にテレビアンテナの屋根上取り付けが禁止されていることがあります🙀

なので、景観保全地区でテレビアンテナ工事を行う場合

屋根上取り付け禁止=壁面取り付けのデザインアンテナや、テレビアンテナの屋根裏設置を、景観保全地区では行うことが多いです😊

景観保全地区の他にも、美観地区・景観計画地区・美しいまちづくり条例などと呼ぶ地域もあります。

 

▼最後に・・・・

 

■番外編~

アンテナ工事業者選びの4つポイントを紹介!電翔なら安心丁寧な施工をお届け☆

テレビアンテナ工事業者選びにお困りの方は、こちらのコラムもご確認ください😌

電翔のテレビアンテナ工事についての他にも、業者を選ぶ際の注意点なども記載✏

ぜひぜひご参考になさってくださいね♬

 

それでは、明日の電翔ブログもお楽しみに🙋✨

無料見積依頼


【コラム】弱電界地域とは?特徴やアンテナ選びと設置方法をご紹介

2020年11月08日 (日曜日) 11:18

こんにちは!

テレビアンテナ工事電翔のブログ担当川原です😊

 

皆様、「弱電界地域」という言葉をご存知でしょうか?

テレビアンテナの世界においては、重要な言葉でもあり、アンテナ設置工事を行う上でも考慮する必要があります🤔

テレビの映りにも影響してきますので、今回は「弱電界地域」について詳しくご紹介したいと思います。

弱電界地域とは

「弱電界地域」、あまり聞きなれない言葉かもしれません。

地上デジタル放送で考えてみると、テレビ電波は送信塔から発信されていますが、地域よって受信強度が異なります💡

主に、強・中・弱と分けられ、一番電波が強い地域を「強電界地域」、続いて「中電界地域」、そして一番弱い地域を「弱電界地域」と呼びます。

つまり、「弱電界地域」とは、極端にテレビ電波の受信強度が低い地域のことを指します。

では、なぜ地域によって受信強度が異なるのでしょうか?

それは、地域や場所によって様々な環境が存在するためです💡

次項では、具体的にどのような環境下が「弱電界地域」となるのかご紹介します。

弱電界地域の特徴

「弱電界地域」は前項でテレビ電波の受信強度が弱い地域であることをご説明しましたが、電波が弱いということは、アンテナに電波が届き難くなっているのです。

電波が届き難い主な原因としては、

・設置場所が山や森林に囲まれている。

・設置場所がビル群など高層建造物に囲まれている。

が考えられます💡

これらが、テレビ電波の障壁となってしまい、テレビ視聴可能レベルの電波を受信できていないのです😖

電波塔と設置場所の間に電波にとっての障害物があればあるほど、「弱電界地域」になりやすくなります。

「じゃあ、弱電界地域ではアンテナでテレビを見ることはできないの?」と思われるかもしれませんが、そんなことはありません!

最適なアンテナの選びや設置方法を工夫することで弱電界地域でもテレビ視聴ができる可能性があります👍

弱電界地域でのアンテナ選びと設置方法

「弱電界地域」に限らず、最適なアンテナと設置方法は地域の環境によって異なります💡

テレビアンテナは比較的高い場所への設置が一般的です。

壁面アンテナと呼ばれるデザインアンテナも2階建て住宅の場合、1階よりも高い2階の壁面への設置が一般的です。

なぜでしょうか?

それは高い場所の方がテレビ電波の受信感度が良くなるからです👌

地上デジタル放送の電波塔として活躍中の東京スカイツリーで考えてみましょう。

最上階から周辺を見渡してみると、


※私が以前、スカイツリーの展望回廊から撮影した写真です。

見晴らしがいいですよね😊スカイツリーよりも高い建物は今のところ見当たりません🧐

このような環境下では、電波を遮断するものが少なくなります。

一般住宅でも同じことが言え、高所へのアンテナ設置は周辺の高い建物が少なり、電波が遮断され難くもなるのです👌

しかし、「弱電界地域」では、建物の一番高い場所にアンテナを設置しても、周辺にさらに高い建物が建っている場合もあります。

そのような環境下では、「反射波」と呼ばれる建物に反射した電波を受信する方法もあります。

▼反射波を利用したアンテナ工事事例▼

テレビ電波が弱い場合の反射波を利用したアンテナ工事!ビル群での施工事例

しかし、山に囲まれている環境下では、反射波を受信するのも難しいケースも考えられます。

そのような場合は、より受信感度が高いアンテナを使用することで改善する可能性があります。

具体的には高性能アンテナと呼ばれるアンテナの使用です👍

高性能アンテナについては、下記リンクの過去記事をご参考にしていただければと思います。

高性能アンテナ&BS/CSアンテナの新築住宅への設置事例【茨城県神栖市】

このように最適なアンテナを選んだり、設置場所を選んだりすることで「弱電界地域」でもテレビ視聴が可能なる場合があります😉

実際の判断はテレビ電波の強度を測定してみないと、なかなか難しいですが、電翔はレベルチェッカーを用いて測定しています👍

アンテナ設置工事の前には必ず測定を行っており、電界の強度が明確になりますので、ぜひご利用くださいませ♪

まとめ

ここまで、「弱電界地域」についてご紹介してきました。

地域によって電界の強さが異なり、弱電界地域では、テレビ電波の遮蔽物が多く存在することがお分かりいただけたかと思います。

それに応じて、適切なアンテナ選びと設置方法の工夫が重要であることもお伝えしました。

電翔では、これまでの豊富な施工実績より、各環境に最も適したアンテナ工事をご提案しております😉

お客様に寄り添い、ご安心していただけるよう努めております。ぜひ、アンテナ工事は電翔におまかせくださいませ💪

皆様からのお問合せこころよりお待ちしております😌

無料見積依頼


Bキャスカードのエラーでテレビが映らない!原因と対処方法をご紹介

2020年10月26日 (月曜日) 11:45

こんにちは!

テレビアンテナ工事電翔のブログ担当川原です😊

以前、テレビの「E202エラー」についてご紹介しましたが、その中で、原因の一つとしてBキャスカードについて簡単に触れました。

※E202エラーに関するコラム記事は下記リンクよりご確認いただけます♪

E202エラーでテレビが映らない!原因と対処方法をご紹介

今回は、さらに詳しくBキャスカードのエラーでテレビが映らなくなってしまった原因と対象方法についてお伝えしたいと思います👍

Bキャスカードのエラーとは?

Bキャスカードはご存知の方も多いかと思いますが、おさらいしますと、

このカードのことですね💡

これをテレビやチューナーに挿入することで、番組視聴ができるようになります。

現在のテレビ電波は番組の著作権保護の目的などから、B-CAS方式でという方式で暗号化されています。

映像を映し出すためには、暗号化キーが必要となり、その役割を担っているのがBキャス(B-CAS)カードというわけです🤔

お写真のカードは赤色ですが、地デジ・BS・CSの共用となっており、青色は地デジ専用黄色はケーブルテレビ専用となっています。

そして、このBキャスカードのエラーについてですが、

エラーが発生すると、主にテレビにこのようなメッセージが表示されます。

E202エラーが表示される場合もありますが、Bキャスカードのエラーの場合は、ほとんどがこのエラーメッセージです。

要はBキャスカードが正しく認識されていないため、テレビが映らなくなってしまう現象です😱

では、一体どのような原因で現れるエラーなのでしょうか?

Bキャスカードのエラーの原因

主なBキャスカードによるエラーの原因は以下のとおりです💡

・Bキャスカードが挿入されていない

・Bキャスカードの向きが間違っている

・Bキャスカードの破損

・テレビやチューナーの故障

ほとんどが、Bキャスカードの挿入方法が原因となっていますが、カードの破損やテレビやチューナーなどの受信機が故障していて、カードが読み取れなくなったことが原因の場合もあります😓

そこで、次にこれらの対象方法をご紹介します。

Bキャスカードのエラーの対処方法

Bキャスカードの挿入方法が原因の場合は、正しくBキャスカードを挿入することで解決します👌

掃除をした時などに抜いたままにしてしまったり、挿入の向きを間違えてしまったりといったことも考えられます😅

挿入口または、各機器の取り扱い説明書に挿入方法が記載されているので、参考にしてみてください。

テレビの挿入口は、このような記載がされています。

Bキャスカード正しく挿入しても、改善されない場合は、カードの破損や機器側の故障が考えられます・・・😖

Bキャスカードの破損が破損してしまった場合は、以下のリンク(B-CASホームページ)より再発行が可能です。

B-CASカード再発行のお申込み(仮申込み)

Bキャスカードが付帯した機器購入から3年以内で、適切な使い方をされていた場合は無償で交換できますが、それ以外の場合は、2,160円の手数料がかかります。

交換時に古いBキャスカードの返却が必要となるため、紛失などしないよう気を付けてください。

また、カードの問題ではなく、テレビやチューナーなどの機器が故障の場合は、修理や買い替えが必要となりますので、購入元やメーカーへお問合せいただきますよう、お願いいたします😌

まとめ

以上、Bキャスカードのエラーについて、原因や対処方法をお伝えしてきました。

エラーのほとんどはBキャスカードが正しく挿入されていないことによるものですが、カードの破損や機器の故障の場合もあることをご理解いただけたかと思います。

万が一、ここでご紹介した対処方法をお試しになっても、テレビが映らない場合は、電翔までご一報くださいませ📞✉

解決のお手伝いをさせていただきます💪

Bキャスカードやテレビ以外、特にテレビアンテナ周りのトラブルの可能性も考えられます。

迅速対応いたしますので、お気軽にお声掛けくださいませ😌

ちなみに、テレビの買い替えや処分時にBキャスカードが不要となった場合は、クレジットカードと同じようにハサミで切って処分するか、B-CAS社へ返却するようにしてください。

Bキャスカードの所有権はB-CAS社にあるため、許可なく転売などすると不正行為となってしまいますので、注意してください😱

新しいテレビには新しいBキャスカードが付属していますのでご安心を!

無料見積依頼


E202エラーでテレビが映らない!原因と対処方法をご紹介

2020年10月20日 (火曜日) 11:36

こんにちは!

テレビアンテナ工事電翔のブログ担当川原です😊

電翔はテレビアンテナの新設・増設工事だけでなく、アフターフォローとしてテレビの視聴トラブル対応も行っております。

その中で、「テレビをつけたら『E202』と表示されて映らない」というお問合せを数多くいただいています。

そこで、今回はこの『E202』エラー発生の原因と対策をお伝えさせていただきます😌

『E202』エラーとは?

まず、この『E202』がどういったエラーなのかをお伝えします。

基本的にE202エラーが発生する例として

このようなメッセージが表示されるかと思います。

テレビのメーカーや機種によっては様々な表示内容となりますが、

・「放送が受信できません【E202】」

・「受信できません。エラーコード:E202」

といったメッセージが表示される場合もあります。

アンテナ設置によってテレビ視聴をされている場合、テレビを映すためにはアンテナで受信したテレビ電波をテレビに供給する必要があります💡

このことから、E202が表示されたということは

・テレビ電波がテレビまで届いていない。

・アンテナでテレビ電波が受信できていない。

などが起きてしまったと考えられます😖

では、次にこれらは一体、何が原因で起きてしまうのかご紹介します。

『E202』エラー発生の原因

エラーメッセージ内の多くに「アンテナの設定や調整を確認してください」という文言が含まれていますが、

主な原因としては外的要因と内的要因に分けることができます。

分類しますと

外的要因

・電波障害

・天候の影響

 

内的要因

・テレビアンテナなどの部材の故障・不具合

・アンテナケーブルの接触不良

・チャンネル設定に問題

・B-CASカードに問題

となります。

電翔が過去にE202エラーのトラブル対応した様子は下記のブログ記事でもご紹介しています♪

E202エラーコード表示⋄テレビの映りが悪い・映らない!などの不具合を直すには?

テレビが映らない!アンテナの移設工事事例【埼玉県さいたま市桜区】

次に各原因の対象方法のご紹介です。

『E202』エラーの対処方法

前項でE202エラーの原因として「外的要因」と「内的要因」についてお伝えしましたが、「外的要因」の場合は、一時的な場合が多く、電波障害や天候の回復を待つことで自然に復旧することがほとんどです。

電波障害については、インターネットなどでお住いの地域の電波障害を確認することができます。

「お住いの地域名 電波障害」と検索するとご確認いただけます👌

天候の影響の場合は、台風の影響などで一時的に電波状況が悪くなることもありますが、天候の回復後の復旧を待つしかありません😖

ただし、台風の強風でアンテナが倒壊しまったなど、アンテナ自体に異常が発生してしまった場合は、修理や交換の対応が必要となります👨‍🔧

この場合は電翔でご対応させていただきます👍

「内的要因」の場合は、ご自身で解決可能なものあります。

例えば、チャンネル設定に問題があれば、再度チャンネルスキャンを行うことで解消の可能性が高いです💡

また、テレビに接続されていたアンテナ端子が抜けてしまっている場合は再度、接続することで映るようになります。

飼い猫などのペットのイタズラやお掃除の際に抜けてしまうなんてことも考えられるのでチェックしてみましょう🧐

B-CASカードが原因の場合は、カードの抜き差しで改善することが多いですが、改善しない場合は再発行が可能です。

B-CASカードは映像機器購入3年以内かつ自然故障に限り、無料で再発行可能してもらえます👍

これ以外は2,160円で再発行も可能です👌

テレビアンテナなどの故障や不具合が原因の場合は、アンテナの向きがずれてしまってE202エラーが発生したのであれば、向き修正で直ることもあります。

ただし、屋根上などアンテナが高所に設置されている場合、ご自身での作業は大変危険が伴います❗❗

故障の場合は、部材交換が必要となりますので、電翔でご対応が可能です👍

まとめ

ここまで『E202』エラーについてお伝えしてきました。

各発生原因によって自力で解決可能な場合と、プロによる作業が必要な場合があることをご理解いただけたかと思います😊

ここでご紹介した方法で改善しない場合は、電翔へ直接お問合せいただければ、早急に原因究明の上、解決させていただくことができます💪

特にテレビアンテナなど部材のトラブルが原因でエラーが発生してしまった場合は、専門知識と技術が必要になるケースが多いです。

電翔は熟練スタッフが揃っていますので、豊富な知識と経験で迅速対応が可能です👍

『E202』エラーはもちろん、他のテレビ視聴やアンテナに関するご相談も大歓迎です😆

皆様からのお問合せこころよりお待ちしております😌

無料見積依頼


テレビアンテナ工事でも要注目!屋根の材質の種類について

2020年10月13日 (火曜日) 11:44

こんにちは!

テレビアンテナ工事電翔のブログ担当川原です😊

 

アンテナの設置はテレビ電波が十分にキャッチできる場所が望まれますが、特に屋根上は周辺の電波の遮蔽物が少なくなることから良好的な受信が可能な場所として知られています。

電翔もこれまでに屋根上のアンテナ工事を多数行ってきました👍

一言に「屋根」といっても様々な材質がありますので、本日はその屋根の材質の種類についてご紹介したいと思います。

屋根の材質の種類

昔は茅葺屋根や瓦屋根など種類が限定されていましたが、今では建物のデザインの幅が広がり、屋根の材質の種類も豊富となっています。

現在、日本で使われている屋根材は以下のとおりです😉

・日本瓦(和瓦)

日本の伝統的な粘土を使った焼き物の屋根材です。

高耐久で寿命が長く、色持ちが良い特徴があり、断熱性に優れています。

ただし、重く耐震性が低い側面もあり、比較的高価でもあります。

・モニエル瓦

ヨーロッパで普及した洋風瓦として使用される屋根材です。

現在は生産終了していますが、防音性、断熱性、耐火性が高い特性があります。

ただし、重量があり耐震性が弱く、割れた際の交換が難しい難点があります。

・セメント瓦

見た目は日本瓦と変わりませんが、セメントと川砂を混合した材質となっていて様々な形状が選べる特徴があります。

寿命が長く、施工が容易というメリットと、割れやすく、色褪せやすいことからメンテナンスが必要というデメリットが特徴的です。

・スレート

国内で最も普及している屋根材です。

リーズナブルでデザイン性が豊富です。

その反面、割れやすいことからメンテナンス頻度が高い難点があります。

・ガルバリウム鋼板

アルミ亜鉛合金メッキ鋼板とも呼び、軽量で耐震性が高い特徴があります。

また、熱反射率と耐熱性が高いので夏場の表面温度抑制としても効果的です。

デメリットとしてはデザイン性が高い反面、初期費用やメンテナンス費用が高い傾向があります。

・自然石粒付ガルバリウム

ジンカリウム鋼板とも呼ばれる屋根材です。表面に自然石が付着されていて雨音を吸収する働きをします。

軽量であることから耐震性にも優れているのが特徴的です。

ただし、断熱材がないので他の屋根材に比べて寒さと暑さが増します。

また、自然石が剥がれ落ちてしまう難点もあります。

・ステンレス

錆びにくい特性を持ったステンレスを主原料にしています。

そのため、塩害地域などでの使用が効果的ですが、高度な施工技術が必要なため、普及率が高くありません。

軽量で長持ちする特性があるものの、防音性が低く傷がつきやすい特徴があります。

・銅

お寺や神社などの屋根に多く使用されています。

日本の気候に最適で、重圧感のある自然色が特徴的です。

メンテナンス不要で加工性が高いのでデザイン性に優れています。

ただし、施工可能業者が少なく、高価です。

・アスファルトシングル

ガラス基材にアスファルトを浸透させて、表面に石粒を吹き付けた屋根材です。

バリエーション豊かで割れにくく錆びにくい特性があります。軽量なので耐震性も抜群です。

一方、強風による石粒の剥がれ落ちが懸念されます。

・トタン

鉄板を亜鉛メッキで覆った屋根材です。

継ぎ目が少ないことから雨漏りが少ない特性があります。

また、低コストで耐震性が高いです。

その反面、断熱性が低く、錆びやすいため小まめなメンテナンスが必要です。

・茅葺

イネ科の植物を使った屋根材です。

消防法と建築基準法によって新築住宅への使用は原則禁止されています。

昔からある既存宅や許可を得た建物には使用されていて、通気性、吸音性、保温性に優れています。

とにかく燃えやすいので火に弱いデメリットがあります。

 

以上、屋根の材質の種類についてお伝えしてきましたが、電翔は様々な材質の屋根のテレビアンテナ工事を行っています🔧

熟練技術により、各屋根材に最適な工事のご提案・施工が可能です💪

ぜひ、アンテナ工事は施工数豊富な電翔にお任せくださいませ😌

無料見積依頼


  • テレビアンテナ工事 キャンペーン情報
  • 4K8K放送アンテナ工事
  • 光テレビ・ケーブルテレビから乗り換えをご検討の方
  • テレビが映らない!受信・映像の不具合発生!
  • 電翔アンテナ工事のお支払方法について
  • テレビアンテナ工事のよくある質問
  • 関西エリアアンテナ工事情報
その他
  • テレビアンテナ工事の費用について
  • アンテナ工事の流れ