キャンペーン実施中!

耐風速アンテナキャンペーン

NHK総合だけ映らない原因は?直し方や修理代をプロが徹底解説

アンテナBlog

地デジアンテナの一覧

NHK総合だけ映らない原因は?直し方や修理代をプロが徹底解説

2022年08月12日 (金曜日) 10:08

NHK総合だけが映らない原因

NHK総合だけ映らない主な原因は3つ

では、最初にNHK総合だけ映らない考えられる主な原因3つご紹介します。ご自身が抱えているトラブル状況に当てはまるのか、照らし合わせてみてください。

一時的な電波障害でNHK総合だけ映らない

一時的な電波障害

基本的にテレビは、電波をアンテナなどで受信して番組を映し出す仕組みになっていますが、NHK総合だけが映らないということは、NHKの電波に一時的な障害が発生していることが原因の一つとして考えられます。

もちろん、NHKに限らず民放各社も個別に電波を送信しているので、それらに一時的な障害が発生すれば映らなくなってしまいます。

分かりやすい例で例えると、2022年7月に携帯電話大手のauにて大規模な障害が発生して、ユーザーが通話や通信が長い時間に渡って使用不能に陥るといったトラブルがありました。これと同じように、テレビ電波も障害が起きれば、各家庭まで届かず、番組も映らなくなってしまうのです。

なお、電波障害が起きてしまう主な原因は次のようなパターンが考えられます。

■NHK総合の電波にトラブルが発生

■NHK総合でメンテナスを実施

※NHK総合以外の場合は、各放送局における同様のケースが原因で映らない可能性あり

 

2022年現在、地上デジタル放送は東京スカイツリーの他、各地方に点在する放送局や中継局より発信されています。これらは地デジ電波の送信所とも呼べますが、その各送信所のトラブルまたはメンテナンスにより、NHK総合だけが映らないことも。ただし、これらの原因はごく稀なことです。

なお、深夜帯など番組放送が休止中であれば、そのチャンネルは映りません。場合によってはE202エラーなどのメッセージが表示されることもありますが、放送開始の時間がくれば、自ずと映るようになります。

ただし、総合とEテレの2つの放送を有しているNHKは、Eテレは放送休止時間があるのに対して、NHK総合は突然の災害に備えて、深夜帯でも何かしらの番組が放送されていることがほとんですので、あまり当てはまりません。

いずれにせよ、一時的な障害やメンテナンスが原因でNHK総合が映らない場合は、番組内やNHKのホームページにてアナウンスされています。その場合は、短時間で復旧することがほとんどでしょう。

もし、復旧しているにも関わらず、映らないのであれば他の原因が考えられますので、この後ご紹介の原因をご参考にしていただくか特定が難しいようでしたら、専門業者電翔の無料相談をご利用くださいませ。

電翔の無料相談とメール問い合わせのバナー

 

周辺環境の変化でNHK総合だけ映らない

周辺環境の変化でNHK総合だけ映らない

NHK総合などテレビ番組をアンテナで視聴している場合は、周辺環境が変化したことにより電波を受信しにくくなって映らなくなってしまうこともあります。

具体的には、次のような周辺環境の変化です。

■NHK総合の電波到来方角に新しく高層建造物が建設

■NHK総合の電波到来方角の樹木が成長

 

上記のように、電波到来の方角にビルやマンションなどの高層建造物が建てられたことにより受信困難に陥いって、NHK総合だけ映らない場合があります。また、森林など自然に囲まれているエリアであれば、周辺の樹木が著しく成長したことで、地デジ電波を遮ってテレビが映らなくなることも。

こういった周辺環境の変化は、NHK総合に限らず全てのチャンネルで起こり得ることです。

また、テレビ電波は携帯電話の電波が一定でないことと同じように、受信レベルに変動があり、視聴可能レベルを下回ることで映らなくなってしまうこともあります。

なお、この電波レベル(アンテナレベル)は、テレビ本体でも確認可能で、ほとんどのテレビはリモコン操作でメニューやサブメニューから「アンテナレベル」などで表示されます。

ここで、他のチャンネルの電波レベル(アンテナレベル)と比べて、NHK総合だけ極端に低下しているようでしたら、設置しているテレビアンテナが受信できにくい状況に陥っているといったトラブル発生の可能大です。

もし、電波レベル(アンテナレベル)のチェック方法がご不明な場合は、電翔の無料相談をご利用くださいませ。

電翔の無料相談とメール問い合わせのバナー

 

識別信号変更に未対応のテレビ使用でNHK総合だけ映らない

アナログ放送から地上デジタル放送へ切り替え

上記2つの原因よりも遥かに可能性は低いですが、識別信号変更に未対応のテレビではNHK総合だけが映らないこともあります。

識別信号とは、放送局などの無線局を識別するための文字列ですが、NHKでは、東京の在京キー局以外に各都道府県のほとんどに地方局を有しており、それぞれの電波が重複しないように個別に識別信号が設けられているのです。

そして、NHKの群馬県域放送や宇都宮放送局などの一部地域では、アナログ放送から地上デジタル放送に移行したときに識別信号が変更されました。

このため、地上デジタル放送開始前の2012年(平成24年)以前に製造されたテレビでは識別信号変更に未対応のケースが考えられるのです。

ただし、非常に稀なケースで、地上デジタル放送に完全移行頃に発生していた事例であり、現在はほとんど該当しません。

少なからず可能性としてあり得るのは、2012年(平成24年)以前に製造販売かつ該当地域でチャンネル設置された中古テレビを購入して同エリアで使用しようとしたらNHK総合だけが映らないといったケースです。

また、過去の識別信号でチャンネル設定しており、長期間使用していなかったテレビを再度見ようと思ったら映らないことも考えられます。

これらの現象が原因でNHK総合だけ映らないのであれば、最新のチャンネル設定をすることで、ほぼ解決しますが、改善されないまたはご使用のテレビの製造年や仕様が不明であれば、電翔の無料相談をご利用くださいませ。可能な範囲でお調べいたします。

電翔の無料相談とメール問い合わせのバナー

 

NHK総合だけ映らないテレビを自分で直す方法

自分で直せる!?

NHK総合だけ映らないテレビはケースバイケースで、ご自身で直せる場合があります。もし、コストを掛けずに解決を目指しているようでしたら、次の方法をお試しください。

周辺環境の変化でNHK総合だけ映らないテレビの直し方

周辺環境の変化でNHK総合だけ映らないテレビの直し方

周辺環境の変化が原因でNHK総合だけ映らない場合は、アンテナで適切なレベルの電波を受信できるようにすることがベストです。その上で効果的な直し方は次のような例があげられます。

■適正レベルでNHK総合の電波を受信できるようにアンテナを設置する

■木々の伐採によってNHK総合の電波を確保する

 

一時的な障害が原因であれば、復旧を待つことで回復が期待できますが、慢性的にNHK総合の電波が遮られてしまっている場合は、適正レベルで受信できるように改善する必要があります。

もちろん、近所に建ってしまったビルやマンションを移動させることはできませんが、既設のテレビアンテナを電波の感度が強い場所への移動や方向の調節は可能です。

アンテナの取り外しや取り付けをご自身で行える方でしたら、まずはNHK総合の電波レベル(アンテナレベル)をご確認しつつ、アンテナの方向を調節すれば映るようになる場合があります。

これは、いままで送信塔から発信されたNHK総合の電波を直接アンテナで受信できていたが、建物に遮られてしまっている場合に効果的で、新たに建物に跳ね返った反射波を受信する方法です。

これでも回復しない場合は、アンテナの設置場所を変える所謂、移設工事を試してみましょう。送信塔のある方角に建設されたビルやマンションに隙間があれば、そこに向けてアンテナを移設すれば受信できるようになるかもしれません。

ただし、アンテナは屋根など高所に設置されていることが多く、地上での作業よりも危険が伴うため、くれぐれも、しっかりと安全性を確保して行ってください。

また、アンテナ工事は本体以外にも支柱や屋根馬といった部材の使用、アンテナケーブルなどの配線処理が伴います。アンテナの位置調整のみで完結するのであれば、本体以外はそのままでも使用可能ですが、移設で設置場所が異なる場合は再工事が必要です。

ビスで金具を固定しなおすのであれば、壁面への穴開けなども必要になることをぜひ頭に入れておきましょう。

もし、少しでもご自身でのアンテナ工事に不安を感じるようでしたら、無理なさらず電翔にご相談くださいませ。迅速対応いたします。

電翔の無料相談とメール問い合わせのバナー

なお、明らかに近所のビルやマンションが原因でNHK総合が映らない場合は、管理会社へお問合せいただき、ご事情を説明することでご自身でアンテナ工事を行わずに直してもらえるケースも多いので、ひとつの解決方法としてご参考になさってください。

一方、周辺に生い茂る樹木によってNHK総合の電波が遮蔽されて映らないのであれば、これらを伐採することで回復が期待できます。もちろん自己所有の敷地内でであれば、ご自身の判断やご家族の同意のもと、処理できますが、他人の所有物の場合は伐採の許可や依頼が必要です。

こちらも、個人の所有物ですと早い対応は期待できなものの、国や地方自治体など行政が管理しているようであれば、まずは1度役所など関係庁舎などへ問い合わせてみましょう。

 

識別信号変更に未対応のテレビでNHK総合が映らない場合の直し方

リモコンでチャンネル設置してみよう

こちらは既にお伝えした内容でもありますが、識別信号変更に未対応のテレビ使用によってNHK総合だけが映らないのであれば、チャンネル再スキャンで映るようになることがほとんどです。

メーカーごとに設定方法は若干ことなりますが、リモコン操作でメニューの設定などから再スキャンが行えます。

万が一、チャンネル設定を行っても改善されない場合は、前項の周辺環境の変化が原因の可能性もありますので、ご紹介した対処方法での解決が必要になることも。

また、可能性は低いですが、配線類の接続不良によりNHK総合が映らないようでしたら、正しく接続し直すことで解決することもあります。

いずれにせよ、原因特定や解決が難しくお困りでしたら、電翔がご対応いたしますのでお気軽にお声掛けくださいませ。

電翔の無料相談とメール問い合わせのバナー

 

NHK総合だけ映らないテレビを業者依頼で直す場合の料金

工事費用

NHK総合だけが映らないテレビを業者に依頼する場合は、工事内容によって料金が変動します。電翔の料金は以下のとおりです。

チャンネルスキャン
(テレビ設定1台)
¥16,500~
テレビアンテナの移設¥27,500〜
アンテナケーブルの延長¥27,500〜
テレビアンテナの新設撤去アンテナの種類によって変動あり。詳しくはお問い合わせくださいませ。

※掲載金額は参考価格です。正確な料金は現地調査を行い、お見積もりでご提示いたします。

また、樹木の伐採で解決できる場合は、許可を得られれば可能な範囲で電翔で伐採いたします。もし、ご自身で直してみて改善されなかった場合もお気軽にお声掛けくださいませ。電翔がお手伝いいたします。

電翔の無料相談とメール問い合わせのバナー

 

まとめ:NHK総合だけが映らないトラブルについて

まとめ

以上、NHK総合だけが映らないトラブルについて解説してきました。

主な原因はNHK総合の電波を受信できない状況に陥っている可能性が高く、ほとんどの場合、テレビアンテナの新設撤去や移設工事・位置調節で解決でき、一時的なトラブルであれば、復旧を待てば早い段階での回復が見込まれます。

また、お使いのテレビによってはチャンネルスキャンなどの再設定も必要です。

もちろん、ご自身で直すことも可能ですが、アンテナ工事を伴う場合などご不安でしたら、ぜひ、電翔をご相談くださいませ。迅速対応でNHK総合だけが映らないトラブルを解決いたします。

無料見積依頼


地デジアンテナは室内と屋外どっちが最強?おすすめをご紹介

2022年07月14日 (木曜日) 16:47

地デジアンテナはその名の通り、地上デジタル放送をテレビで視聴するために必要なアイテムです。

また、地デジへの完全移行やスカイツリーが発信塔になったことによりアナログ放送時代に電波が届き難かった弱電界地域でもアンテナ設置で視聴できるエリアが増えました。

ところで、そんな地デジアンテナですが、設置するなら室内と屋外どっちが良いのか?最強なのか?とお調べになられている方も多いようです。

そこで今回は、アンテナ工事のプロの電翔がおすすめの地デジアンテナの種類や設置方法を解説します。

地デジアンテナの室内用と屋外用の種類

皆さんがお調べになられているように、地デジアンテナには室内用と屋外用があります。どちらが最強なのかを知る上でも、まずはどんな種類が存在するのか知っておきましょう。

室内用地デジアンテナの種類

前提条件として室内に地デジアンテナを設置する場合は、テレビ電波を建物内でも十分受信できる必要があります。

極端な話、電波が届いてないのに室内用の地デジアンテナを設置してもテレビ番組は見られません。

その上、ご紹介しますと、室内アンテナの種類として次のような製品があります。

DXアンテナ製の室内アンテナ
画像引用元:DXアンテナ【UHF室内アンテナ(ブースター内蔵)】

ご紹介の室内アンテナはDXアンテナの製品ですが、省スペース設計で目立たないような見た目が特徴的です。

もう少しコンパクトな室内アンテナがご希望でしたらこちらもおすすめです。

DXアンテナ製の室内アンテナ
画像引用元:DXアンテナ【UHF室内アンテナ】

こちらもDXアンテナ製で、小型化を実現。地デジ電波受信可能範囲であれば、置き場所を選ばずに設置可能です。

なお、これらは室内用に特化したアンテナですが、この後ご紹介する屋外用を屋内に設置してテレビ視聴する方法もあります。

デッドスペースになりがちな屋根裏などに設置すれば、室内アンテナよりも目立ちません。こちらの具体的な設置方法についても後述で詳しく解説します。

屋外用地デジアンテナの種類

つづいて屋外用の地デジアンテナの種類のご紹介です。テレビアンテナといえば、パッと思い浮かぶのが、屋根上で見かける機会の多い骨型タイプではないでしょうか?

屋根上のUHFアンテナ

このアンテナは、屋外用の地デジアンテナの代表格で開発者の名前に因んで「八木式」や魚の骨にも見えることから「フィッシュボーン」とも呼ばれています。

▼八木式アンテナ(フィッシュボーン)の詳細▼

UHFアンテナとは?【定番】地デジアンテナで安定受信

なお、この地デジアンテナですが、電波の感度が強い強電界地域では給電部とよばれる一部のパーツのみを設置できる場合もあります。

UHFアンテナの給電部

また、ご覧の通り武骨な見た目のため、注文住宅など拘りの新築にあまり設置したくないという方も多い現実がありますが、実は屋外用は1種類だけではありません。

その一つがこちら。

4色のデザインアンテナ

このタイプは、通称デザインアンテナと呼ばれており、骨型タイプのUHFアンテナからガラッと姿形を変えて登場。今や大人気の地デジアンテナで電翔でも多くのお客様から設置工事をご依頼いただいております。

▼デザインアンテナの詳細▼

デザインアンテナとは?【外観を損ねない】地デジアンテナ

ちなみに、デザインアンテナは本体にスタンドを取り付ければ室内用と同様に設置可能です。

この他、最新式の地デジアンテナとして登場したのがこちら。

2色のユニコーンアンテナ

地デジアンテナ界の第3世代として登場したユニコーンアンテナです。見た目が空想上の動物、ユニコーンの角に見えることから名づけられ、徐々に認知度の高まりとともに注目されています。

▼ユニコーンアンテナの詳細▼

ユニコーンアンテナとは?【ポール形状が魅力】新アンテナ

なお、屋外用の地デジアンテナは電翔で数多く取り扱っておりますので、設置工事をご希望でしたら、ぜひご利用くださいませ。

無料お見積もりフォームのバナー

地デジアンテナの設置方法

では、ここまでご紹介した地デジアンテナで快適にテレビ視聴をするための適切な設置方法をご紹介します。

室内用地デジアンテナの設置方法

室内アンテナは、適切な場所に置き、本体とテレビを同軸ケーブルで接続することで視聴できます。

ただし、室内であるため電波の遮蔽リスクは高くなり、少しでも感度が弱くなると映像にノイズが入るなどして乱れる可能性も否めません。

より安定した視聴をお求めであれば、先ほども触れた、屋外用の地デジアンテナを室内に設置するスタイルもおすすめです。

ご参考までに、過去に電翔が屋外用の地デジアンテナを室内に設置した例をご紹介したブログ記事を掲載しておきます。

▼UHFアンテナの屋内設置例▼

UHFアンテナの屋根裏設置工事の様子【千葉県印西市舞姫】

▼デザインアンテナの屋内設置例▼

新築における白いデザインアンテナの屋根裏へ設置工事【埼玉県春日部市】

▼ユニコーンアンテナの屋内設置例▼

茨城県水戸市|ユニコーンアンテナも屋根裏設置が可能!!

なお、これらの設置条件としては、十分な地デジ電波を受信できることはもちろん、アンテナ本体が設置可能なスペースがあることも重要です。

詳しい条件の確認など地デジアンテナを室内に設置ご希望のお客様は、お気軽に電翔へご相談くださいませ。

無料お見積もりフォームのバナー

屋外用地デジアンテナの設置方法

次に屋外用の地デジアンテナの設置方法をご紹介します。

屋外では、できるだけ感度の良い地デジ電波を受信するために、基本的に高所への設置が理想的です。

その最たる場所が先述の屋根上ですが、近年は注文住宅の台頭などで屋根の形も様々。形状によっては設置できない場合もあります。

そんな時は、屋根の破風板や外壁、ベランダなども地デジアンテナを設置可能です。もちろん、視聴可能レベルの地デジ電波を受信できることが最低条件となり、各々の環境によって最適な設置方法が求められます。

どの方法がご自身にとってベストなにかについては、正確な電波調査などを要しますので、ご希望でしたら電翔がお見積もりを兼ねた現地調査に桜花が致しますので、お気軽にお声掛けくださいませ。

無料お見積もりフォームのバナー

なお、こちらも参考までに電翔が行った工事として、地デジアンテナを屋外に設置した例を過去ブログでご紹介していますので、転載いたします。ぜひご覧ください。

▼UHFアンテナの屋外設置例▼

茨城県鉾田市|地デジ放送用UHFアンテナの新築住宅設置事例

▼デザインアンテナの屋外設置例▼

新築の美観維持にはデザインアンテナがおすすめ!壁面設置例

▼ユニコーンアンテナの屋外設置例▼

ユニコーンアンテナの向きは?電波を受信するための設置方法

まとめ:地デジアンテナの室内用と屋外用について

以上、地デジアンテナの室内用と屋外用としてどちら種類や設置方法を解説してきました。

ご紹介の通り、いずれの設置スタイルでも適切に地デジ電波を受信できることが最低条件です。

そして、結局のところどちらが最強なのか?については、立地条件や環境にもよりますが、あえて判別するならば、テレビ電波にとっての障害物が少ない屋外の方が最強といえるでしょう。

もし正確に知りたい場合は、電翔で現地調査いたしますので、ぜひご利用くださいませ。皆様からのお問合せ、心よりお待ちしております。

無料見積依頼


最近のテレビはおかしい?普及率や番組内容から理由を考察

2022年03月03日 (木曜日) 14:12

「最近のテレビはおかしい」と一部世論の声がある昨今。インターネット上にも、「最近のテレビ番組がおもしろくない」「テレビを見なくなった」との声も見受けられます。

テレビアンテナ工事専門店としては、悲しいご意見ではありますが、その一方でテレビ設置や地デジの普及率は高い水準で推移しており、東京オリンピックや北京オリンピックなど世界的イベントの中継の視聴率をたたき出しているという現状もあります。

そこで、「最近のテレビがおかしい」をテーマにその理由について番組内容などから、その理由に迫ってみました。

最近のテレビはおかしい理由について

日本においては、第二次世界大戦後にテレビ放送が本格的に開始されたという歴史があり、当時の娯楽の一端を担っていたとっても過言ではありません。

時代の流れとともに、白黒からカラー放送に切り替わり、地上波はアナログ放送から地上デジタル放送へ移行。電波塔が東京タワーから東京スカイツリーへと変化するなど100年も満たない年数で、テレビ界も様々な出来事があったのもまた事実です。

そんなテレビがおかしいと言われているのはなぜでしょうか?その理由を次のように考察してみました。

娯楽の多様化に最近のテレビがおかしいと感じる

先述のとおり、以前はテレビが娯楽の中心的存在でありましたが、現代社会において、インターネット、スマートフォーン・タブレット、ゲームの普及など他にも楽しめる物事が増えた現実が存在します。

そのため、他の娯楽とテレビのおもしろさや楽しさを比較すると「おかしい」と疑問を感じる方もいることが考えられるのです。

また、この娯楽の多様化はテレビだけに限らず、お一人様でも楽しめる事柄が増えたことにより、コミュティなど人との繋がりが希薄化しているといった社会問題もあげられます。

コンプライアンス等の番組規制により最近のテレビはおかしい

過去のテレビ番組に着目してみると、特に地上波は、今では考えられない程の過激な演出がありましたが、現在は、コンプライアンス等による規制からそういった演出をする番組ほとんどありません。

インターネットの普及により視聴者の意見がダイレクトに可視化しているため、スポンサー頼りの民放を中心に、どうしてもクレームを避けた番組制作を行わざるを得ないといった事情もあるのではないでしょうか?

例えば、グルメ番組で演者が食べ残した物を「後でスタッフが美味しくいただきました」といったテロップを流すなど、過剰に視聴者に気を遣っている演出も見られます。

また、車の後部座席のシートベルト着用が義務付けられたことによりドラマでも演者が後部座席に着席時にシートベルトをしているシーンは当たり前になりました。

これについては賛否両論ありますが、任侠系のストーリーなどでアウトローの人間がシートベルトをしていることに違和感が生じることもあります。

こういった事情により「最近のテレビはおかしい」に繋がることが考えられます。

同時にバブル崩壊後の長引く不況により製作費の大幅な削減など限られた予算での番組作りが求められることにより、以前と比べればクオリティが低下していることも否めません。

最近のテレビはおかしいのに普及率は高く人気番組も存在する

前項のとおり、様々な事情や理由から「最近のテレビはおかしい」との意見があるものの、多くの家庭にはテレビが1台以上設置されているという普及率の高さも伺えます。

これは、過去からの名残でテレビは一家に一台が当たり前という、言わば常識的な考え基づいていることが理由としてあげられますが、それだけに限らなさそうです。

最近のテレビはおかしい中でも高い普及率

前提として、「最近のテレビはおかしい」との意見があがるのは、それだけテレビを見ているからではないでしょうか。

つまり、テレビが設置されている世帯が多く普及率は高いが、最近のテレビ番組に疑問を感じる人がいるというのが実情であると言えます。

ちなみに、2021年の消費動向調査データを見てみるとテレビの普及率は、単身世帯で87.9%、二人以上世帯が96.2%と高めです。

ただし、これはテレビが設置されているだけで実際に番組視聴されているかまでは不明確なデータとなっています。

確かに、これまでテレビは地上波や衛星放送の視聴が主な目的でしたが、現在はインターネット番組の視聴やパソコンのモニターとしての使用など用途も多様化しているため、テレビ普及率=テレビ番組視聴率とは言えません。

しかし、テレビ番組を視聴するために必要なアンテナに着目してみると、電翔では高い水準で新規の設置工事のご依頼をいただいており、普及率の高さが伺えるといった現状もあります。

最近のテレビはおかしい中でも人気の番組

最近のテレビはおかしいと思われる番組に着目してみると、毎週決まった日程で放送されているようなバラエティ、ワイドショーなどのジャンルに対しての意見が多い印象です。

それに反して、人気の番組は期間限定で放送されるような内容や直にリアリティを感じられるような内容のものといえます。

その例として、冒頭でも触れたオリンピックは4年に1度という正に限定的なイベント。テレビ放送局各社も必然的に視聴率が上がることを意識してか放送権獲得に向けた動きを劇化させます。

オリンピックだけでなく、スポーツといえば人気も高く、日本では大相撲や高校野球を中心に注目度が高く、これらの中継放送番組も多くの方が視聴しているはずです。

また、日本文化として根強いアニメも人気で、先日まで放送されていた鬼滅の刃遊郭編は日曜日の23:30という時間帯にも関わらず、高い視聴率が取れていました。

このように、ジャンルによっては人気の高い番組もあり、多くの方に視聴されているという現実もあり、全ての番組が「最近のテレビはおかしい」に必ずしも該当するとも言えなさそうです。

最近のテレビはおかしいと感じる方におすすめの視聴方法

お伝えの通り、最近のテレビはおかしいと感じる方は全ての番組に対して否定的ではないことが伺えジャンルによっては面白さや楽しさを感じる番組もありそうです。

そこで、もし最近のテレビに疑問を感じているのであれば、次のような視聴スタイルに変えてみてはいかがでしょうか?

地デジの視聴で最近のテレビはおかしいと感じるなら衛星放送

もし、現在の視聴環境下が地上デジタル放送のみで「最近のテレビはおかしい」と感じているのであれば、衛星放送を導入がおすすめです。

衛星放送というと地デジと違って有料だと思われている方も少なくありませんが、無料で視聴可能番組も多数あります。

地デジとは違った番組も多数放送されていて、趣向にあった専門チャンネルも揃っているため、また一味違った番組を楽しめて、きっとテレビライフの幅が広がります。

視聴するためには、BS/CSアンテナの新設や増設工事で実現し、電翔で工事可能ですので、ぜひご利用くださいませ。

なお、基本的に現行のBS/CSアンテナは後述する新4K8K放送対応製品を使用しています。

旧式BS放送の視聴で最近のテレビはおかしいと感じるなら新4K8K放送

現在、旧式の衛星放送を視聴されていて「最近のテレビはおかしい」と感じているのであれば、最新の新4K8K放送の導入はいかがでしょうか?

これまでのハイビジョン放送に比べて、4Kで約4倍(約800万画素)、8Kで約8倍(3200万画素)の高画質で、リアリティある映像を体感できます。

特にスポーツ番組などでは、まるでその場にいるかのような臨場感を味わえるのも醍醐味です。

視聴するためには、既存のBSアンテナから新4K8K放送対応のBS/CSアンテナへ取替工事で実現します。

1台のアンテナで新4K8K放送以外のBS放送はもちろん、CS(スカパー)も視聴可能です。こちらも電翔で工事が行えますので、お気軽にご相談くださいませ。

まとめ:最近のテレビはおかしいについて

以上、最近のテレビはおかしいについて、その理由について考察してきました。

ご紹介のとおり、時代の変化に伴い、限定的な番組構成が影響したことにより、疑問を感じる方が多いもの、期間限定の番組など一部の放送に対しては好意的なことが伺えます。

これにより、テレビやアンテナの普及率も高いことがいえます。

また、現在、視聴環境でテレビ番組におかしさを感じているのであれば、BS放送や新4K8K放送の導入がおすすめです。

そして、そのためのアンテナ工事は電翔で行っていますので、ご用命の際はぜひご利用いただければと思います。

皆様からのお問合せ、心よりお待ちしております。

無料見積依頼


テレビの映りが悪い!特定のチャンネルに発生する原因を解明

2022年02月17日 (木曜日) 11:53

他のチャンネルは問題なく映るのに、とある特定のチャンネルだけ不調でお困りではないでしょうか?

これまでも、電翔ブログではテレビの視聴トラブルに関しての情報発信をしてきましたが、今回は、特定のチャンネルの映り悪い現象にスポットを当てて原因や解決方法をご紹介します。

テレビの映りが悪い特定のチャンネルの状況と原因

一言にテレビの映りが悪いといっても、起こり得る状況は様々です。また、各状況下においても原因や解決方法が異なるため、まずはよくある事例をあげてみます。

NHKのサブチャンネル放送によりテレビの映りが悪い

NHKサブチャンネルの案内画面

五輪などスポーツ大会が開催されて、NHKで放送権がある場合、たびたびサブチャンネル放送が適用されることがあります。

2022年北京冬季五輪においては、スノーボードハーフパイプ男子決勝において、注目の日本人選手、平野歩夢選手が滑走した瞬間にサブチャンネルに切り替わったことで、見逃してしまった方が多かったことでも話題になりました。

そして、このサブチャンネルですが、1つのチャンネル内で2つの番組を分散して放送する仕組みです。

ご存知の通り、NHKは国営放送であり、定期的にニュース番組を放送する必要があることから、番組の途中であってもニュースに切り替わり、放送中の番組が中断されることがあります。

分かりやすいのは、春と夏に開催されている高校野球の中継で、地デジの場合、イニングが終わるタイミングで数分のニュースが入ります。

ニュース明けには試合は進行していて、番組中断中の試合状況に関しては、実況が口頭で説明するというわけです。これにより過去には、大記録シーンがニュースで流れてしまうなんて問題もありました。

これに似ているのがサブチャンネルであり、五輪のような注目度の高い競技をライブ中継していて、途中にニュースを挟まなければいけない時に中断を避ける目的で用意されているのです。

しかし、先述のとおり1つのチャンネルを2つに分けるため、電波量も分散されてしまい、必然的に映りが悪くなってしまいます。

この場合、決して設置してあるアンテナやテレビのトラブルではないのでご安心ください。

もし、NHKのみが映りが悪いようでしたら、下記のコラム記事もご参考になります。

NHK総合だけ映らない!他のチャンネルが映る場合の原因と対処

特定のチャンネルの受信電波レベル低下により映りが悪い

基本的にテレビは、各電波塔や衛星から発信された電波を受信して番組を映し出します。

そして、テレビアンテナを設置して視聴されている場合、特定のチャンネルの映り悪いのであれば、その放送局の受信電波が低下しているかもしれません。

特に地上デジタル放送の場合、様々な送信所から発信された電波を受信することも多く、チャンネルごとに電波量も違うため、特定のチャンネルの電波のみ低くなってしまうことも。

これが起きる原因の1つには、テレビ電波を増幅されるための機器「ブースター」の不調が考えられます。

例えば、正常に映っているチャンネルのテレビ電波はブースターがなくても視聴可能レベルで受信していても、特定のチャンネルは増幅が必要な場合、故障により低下して映りが悪くなってしまうことがあるのです。

また、テレビアンテナの位置が強風などによってズレてしまうと、特定のチャンネルの電波受信が弱くなり映りが悪くなる可能性もあり得ます。

この他に考えられる原因としては、テレビ周りのトラブルです。よくある事例としては、テレビやチューナー、壁のアンテナ端子に接続されているアンテナケーブルが緩んでいることです。

正しく接続してないと、テレビに電波がうまく供給されず視聴不良を起こすことがあります。

ちなみに、特定のチャンネルが8チャンネルの場合は、それに特化したコラム記事をご用意していますので、併せてご参考になさってください。

テレビの8チャンネルだけ映らない!他は見れるのになぜ!?

テレビの映りが悪い特定のチャンネルの回復方法

では、特定のチャンネルの映りが悪い場合、どのような解決方法があるのか、先述の原因をもとにご紹介します。

NHKサブチャンネル放送によって映りが悪い場合の回復方法

NHKのサブチャンネル放送に切り替わって映りが悪い場合は、基本的にサブチャンネル放送の終了を待てば、自ずと1チャンネルに戻って回復します。

そして、テレビやアンテナの問題ではないため、アンテナの位置調節やケーブルの接続しなおしなどでは解決しません。

もし、サブチャンネル放送が煩わしいということであれば、衛星放送(BS放送)の導入もおすすめです。

NHKのBS放送であれば、基本的にニュースが入らないため、ノンストップで放送されます。これにより、サブチャンネルにも切り替わらず、映りが悪くなつこともありません。

また、NHKのBS放送は4Kにも対応しているため、地デジよりも遥かに綺麗な映像で番組をお楽しみいただけます。

現在、地デジアンテナのみしか設置されていないようであれば、ぜひ新4K8K放送対応のBS/CSアンテナの増設もご検討くださいませ。

もちろん電翔でも取り扱っていて、設置工事可能ですので、多数ご依頼お待ちしております。

特定のチャンネルの受信電波レベル低下により映りが悪い場合の回復方法

特定のチャンネルの受信電波レベルが低下していることにより、映りが悪い場合において、テレビアンテナやブースターにトラブルを抱えているようでしたら、位置調節や新品への交換で回復が期待できます。

仮にテレビやチューナー、アンテナ端子の接続ケーブルの緩みが原因であれば、ご自身でも簡単に回復可能ですが、アンテナ本体やブースター自体のトラブルの場合は、知識と技術が必要です。

もちろんDIYでも修復はできますが、アンテナは屋外の高所に設置されていることが多いため、慣れない作業は思わぬ事故を招く可能性もあるため、無理な作業はおすすめしません。

少しでもご不安があれば、プロのテレビアンテナ工事業者をご利用が一番です。電翔では同様のトラブル対応も多々行っており、原因究明から解決まで迅速対応いたします。

まとめ:テレビの映りが悪い!特定のチャンネルに発生する原因について

ここまで、特定のチャンネルのテレビの映りが悪いトラブルについて、原因や解決方法を解説してきました。

主にNHKのサブチャンネル放送や特定のチャンネルの電波低下が原因であり、新4K8K放送対応BS/CSアンテナの増設やアンテナやブースターの修復により回復が見込めます。

そして、ご自身での対応が難しい場合は、電翔がお手伝いいたしますので、お気軽にご相談くださいませ。

テレビやアンテナのお困りごとに少しでもお役立てできれば幸いです。

無料見積依頼


テレビが見れない!引っ越し先で視聴するための方法を解説!

2022年01月12日 (水曜日) 13:42

引っ越しがひと段落して、テレビでも見ようかと電源をつけたら見れない・・・。そんなトラブルでお困りではないでしょうか?

もし、引っ越し後にテレビが見れないようでしたら、この記事で解説していますので、ぜひご参考になさってください。

テレビが見れない場合の引っ越し先の視聴環境

テレビが見れない場合、引っ越し先・以前、居住されていた場所に関わらず電波をテレビに正しく送れていなければ、映りません。

まずは下記の条件を参考に原因の特定を進めてみてください。

新築戸建住宅でテレビが見れない場合

テレビの視聴方法は、テレビアンテナの設置やケーブルテレビまたは光テレビの契約などがあり、新築戸建住宅でテレビ見れない場合は、視聴環境が十分に整っていない可能性があります。

しかし、近年は、家を新築で建てる際にテレビの視聴方法も考慮して造られることが多く、ハウスメーカーからの提案も珍しくありません。このため入居後にテレビを設置したにもかかわらず視聴できないというトラブルは少ないです。

それでも、視聴できないのであればテレビのチャンネル設定ができていない。引っ越し前から使っている製品であればテレビに問題を抱えている可能性が高いです。

万が一、視聴環境が整備されていないのであれば、テレビアンテナが設置されていない。ケーブルテレビまたは光テレビが未開通ということもあります。

なお、テレビアンテナは設置が完了すれば、即日で視聴できますが、ケーブルテレビや光テレビの場合、お申込みから開通まで数カ月要する場合もあり、まだテレビが見える状態ではない可能性も考えられます。

中古戸建住宅でテレビが見れない場合

中古物件では、よくあるパターンは、アンテナが設置されているにも関わらず、テレビが見れないトラブルです。

もちろん、前項の新築物件同様に、視聴環境が全く整っていない場合もありますが、テレビアンテナが設置されていてテレビが映らないのであれば、アンテナ本体の異常、周辺機器類の不備などが原因として考えられます。

例えば、アンテナの位置がずれていたり寿命で故障してしまっていれば映りません。他にもブースターなどの部材が取り外されていたり、配線のショートといった老朽化の可能性もありえるでしょう。

もし、引っ越し前後のお住いの地域が異なれば、テレビのチャンネルの再スキャンも求められます。

マンションなどの集合住宅でテレビが見れない場合

マンションなど多くの集合住宅の場合、テレビ視聴環境は共用となっており、基本的には部屋の壁に備え付けられた端子とテレビやチューナなどに同軸ケーブルで接続してチャンネル設定をすれば視聴できます。

ただし、地デジのみしか共用されていない場合は、衛星放送は見れません。視聴するには個別に専用のBS/CSアンテナを用意する必要があります。

個別の設置が許可されていれば、ベランダなどの手すりにBS/CSアンテナを設置して環境を整えれば、視聴実現です。もちろん電翔でも集合住宅のアンテナ工事を行っていますので、必要であれば、ぜひご利用くださいませ。

また、ご自身だけでなく、近隣のお部屋の方もテレビが見れないようであれば、共用アンテナにトラブルを抱えている可能性があります。

この場合、管理人様を通してメンテナンスを施すことで解決が望めます。

アンテナが原因でテレビが見れない場合の対処方法

仮に引っ越し先の視聴方法がテレビアンテナの場合で見れないのであれば、次の方法での解決が見込めます。

テレビアンテナの新設工事

引っ越し先でテレビアンテナでの視聴をお考えであれば、設置が必要です。もし、まだテレビアンテナが設置されていないようでしたら、新設工事で視聴環境が整います。

なお、テレビアンテナの種類は主に地デジ用と衛星放送用があり、視聴目的に応じて専用アンテナを選ばなければなりません。

電翔では、後々衛星放送の視聴予定があるお客様には、地デジとセットでの新設工事をおすすめしています。1回分の工事と工賃で視聴環境が整いますので、お得です。

テレビアンテナの取替・移設

もし、引っ越し先のテレビアンテナが位置ずれや寿命によって正常に電波受信できていないのであれば、取替や移設工事で解決する可能性が高いです。

単に位置ずれだけであれば、調節のみでも改善されますが、経年劣化等でテレビアンテナが故障しているようであれば、新設撤去が必要です。

また、BSアンテナは設置されているのに新4K8K放送が見れないという場合は、既存のアンテナが対応していない可能性が考えられます。

この場合も、新4K8K放送対応のBS/CSアンテナへ取り換えることで視聴できるようになります。

アンテナが寿命を迎えていなくて、テレビが見れないのであれば、周辺の環境変化によりテレビ電波受信ができていない状況が考えられるため、設置場所を変更する移設工事で解決可能です。

ブースターや配線のメンテナンス

アンテナ本体に異常がなくても、ブースターや配線類のトラブルでテレビが見れない場合もよくあります。

先述のとおりブースターが取り外されてしまっていて電波不足により映像が映らないこともあるのです。また、屋外配線に接合部に雨水が入り込んでしまってショートしていることもよくあります。

こういった場合は、新品のブースターの使用や配線の新調といったトラブルを抱えている部材のメンテナンスによって改善が見込めます。

引っ越し先でテレビが見れないトラブルについて

ここまで、引っ越し先でテレビが見れないトラブルについて解説してきました。

基本的には、引っ越し先の物件とテレビの視聴方法といった条件をご確認の上、適切な対処をすることで視聴できるようになるはずです。

そして、テレビアンテナに問題があれば、新設・取替・撤去といった工事で解決します。アンテナに関しては電翔で対応可能ですので、お気軽にご相談くださいませ。

なお、テレビが映らないといったトラブルについては下記の記事でもご紹介しています。ぜひ、併せてご覧ください。

テレビが受信できない!映らない原因と対処方法を徹底解説!

無料見積依頼


開く 閉じる