キャンペーン実施中!

感謝セール
詳しくはこちら >

BS/CSの番組を他の部屋でもみたい時に!BS/CSアンテナの分配工事

アンテナBlog

分配工事の一覧

BS/CSの番組を他の部屋でもみたい時に!BS/CSアンテナの分配工事

2023年02月03日 (金曜日) 15:44

bs アンテナ 分配 工事 BS/CSの番組を他の部屋でもみたい時に!BS/CSアンテナの分配工事

ここでは、BS/CSアンテナの分配工事について解説いたします。分配工事とはどのような工事なのか、分配工事はDIYでできるのか、分配工事の注意点などを、プロのアンテナ工事業者がご紹介します。BSアンテナの分配工事について、情報収集をしている方の参考になりますように。

分配工事もおまかせください!Denshoなら快適な視聴環境をおつくりします。お気軽にご相談ください【年間10,000件のアンテナ工事の実績】

BS/CSアンテナの分配工事とは何のためにするの?

分配工事とは、同じ種類の電波を等しく分けるための工事です。BS/CSアンテナの分配工事は、複数のテレビでBS/CS放送を視聴できるようにするため、または、テレビとレコーダーなど複数の機器に接続するために、工事をします。
電波を均等にわけるために「分配器」という装置を取り付けます。電波を分ける数に応じて、「2分配器」「3分配器」「4分配器」と選ぶ事ができます。分配工事は、もともとひとつの電波を複数にわけるので、分配する数が多くなるほど、それぞれの機器への電波は弱くなります。

分配工事はDIYでもできる?業者に依頼した方がいい?

分配器をどこに取り付けるかによって、工事の難易度が変わってきます。

部屋のアンテナ端子とテレビの間に分配器を設置する

まずひとつ目は、アンテナ端子とテレビの間に分配器を設置するパターンです。もうひとつの工事と比較すると、難易度は低くなります。作業自体の難易度は低い反面、仕上がりに手間がかかるというデメリットもあります。例えば、他の部屋にケーブルを届かせるためには、長いケーブルが必要になり、そのケーブルを部屋のドアや廊下に配線していかなければいけません。また、分配した場合の電波強度の確認がかかせません。電波強度が弱い場合には、ブースターという電波増幅器の設置なども必要になります。見た目の仕上がりや、分配後の品質を重視するのであれば、アンテナ専門工事業者に依頼することをおすすめします。

アンテナからのケーブルを分配して、アンテナ端子を増設する

こちらの方法は、DIYとしての難易度はかなり高いため、アンテナ工事業者への依頼がおすすめです。アンテナ端子を増設する場合は、配線も壁の中など見えない場所になりますので、仕上がりもすっきりします。また、ブースターが必要有無も含めて作業をまかせることができるので、手間がかかりません。

分配工事の注意点

BS/CS放送に限らず、地デジ放送も分配工事が必要になることがあります。ここからは、アンテナ分配工事をする時の注意点をご紹介します。DIYで行う場合は、アンテナ工事業者に依頼する場合も、知っておいていただきたいことです。

目的が違う「分波器」

分配器と呼び方が似ている「分波器」というものがあります。
分配器:地デジ電波、BS/CS電波を均等に分配する
分波器:地デジの電波とBS/CS電波を種類別に分ける
間違えやすい名前ですが、機能は全く異なります。分波器はテレビの背面についている地上デジタル入力端子とBS/CS入力端子に電波を振り分ける時に使用します。DIYで行う場合は、「分配器」と「分波器」を間違えないように、十分に注意してください。

分配すると電波が弱くなる

分配工事はそれぞれの機器に送信される電波を均等に分ける工事です。分配先が増えれば増えるほど、それぞれの電波の強さは弱くなっていきます。分配工事をするときには、電波を増幅させる「ブースター」の設置も同時に行うことがほとんどです。DIYで行う場合も、分配器を設置したら、できるだけブースターを設置をしましょう。

BS/CSアンテナの分配工事まとめ

BS/CSアンテナの分配工事について、解説をしてきました。DIYで行う場合に可能な作業や注意点についてもご紹介しましたが、各テレビで快適に視聴ができるようにするなら、やはり、工事経験の豊富な専門業者への依頼がおすすめです。

分配工事もおまかせください!Denshoなら快適な視聴環境をおつくりします。まずは無料相談からお気軽にご連絡ください【年間10,000件のアンテナ工事の実績】

無料見積依頼


敷地内の複数建物への新設撤去と、アンテナ分配工事事例【茨城県稲敷市】

2020年10月22日 (木曜日) 11:21

こんにちは!

テレビアンテナ工事電翔のブログ担当川原です😉

 

近年、土地の有効活用のひとつに敷地内に離れとして増築するという方法でお家を建てられる方もいらっしゃいます。

メリットとして、水道、下水道、電気、ガスなどのインフラ設備が併用できることがあげられます。

テレビアンテナもそのひとつとなり、アンテナ1台から分配することで母屋と離れでテレビ視聴が可能となるのです👍

本日は、そのような敷地内に離れを増築されたお客様宅のテレビアンテナ分配工事事例をご紹介します。

現場は、茨城県稲敷市のお客様宅です😆

住宅の外観

こちらが新築された一条工務店様施工による離れの建物です。

ツートンカラーがお洒落なデザインの佇まいですね🏠🤩

住宅の外観

元々、こちらの建物の屋根上に設置されていたUHFアンテナから母屋と建て壊し予定の建物に分配してテレビ視聴をされていました。

今回は、新築を建てられたということで、そちらでもテレビ視聴をするために、設置されていたUHFアンテナを撤去して、新しいUHFアンテナに取替を行って分配することになりました😊

新しいUHFアンテナでは、いままでテレビ視聴されていた母屋と新に視聴される新築へ分配して視聴環境を作りました。

さらに4K放送のご視聴希望のため、対応のBS/CSアンテナもセットで設置することになりました😆

住宅の屋根

各アンテナの新設・撤去が完了し、アンテナケーブルを新築の離れに伸ばした様子です。

このように伸ばすことで敷地内の建物に分配が可能となります👌

外壁の同軸ケーブルマルチメディアボックスの機器類

新築の離れの引込口から宅内のマルチメディアボックスまでアンテナケーブル配線した様子です。

外壁のスリットを利用して配線の隠蔽処理を行いました👨‍🔧

電翔では配線処理など細かい部分も丁寧な施工でお客様にご満足いただけるよう努めております💪

マルチメディアボックス内にはブースター用電源も設置しました!

ブースターによってテレビ電波を増幅させることによって複数の建物でも安定したテレビ視聴が実現します👌

これで無事、アンテナ工事が完了して問題なくテレビも映るようになりました👏

このように、敷地内に複数テレビがある場合は1台のアンテナより電波を分配して供給することによって各建物でテレビ視聴が可能となります。

同じようなアンテナ工事をご希望のお客様は電翔が安心工事を行いますので、お気軽にお声掛けくださいませ😌

無料見積依頼


開く 閉じる