テレビ画面が乱れる!原因は何?直し方は?解決方法をご紹介

アンテナBlog

テレビアンテナの一覧

テレビ画面が乱れる!原因は何?直し方は?解決方法をご紹介

2022年02月24日 (木曜日) 13:51

テレビはブラウン管から液晶テレビ、有機ELテレビと進化を遂げ、放送スタイルも地上波でいえば、アナログ放送からデジタル放送に移行が進みました。

これにより、過去のようにテレビ画面が乱れるといった問題も少なくなりましたが、現在でも時折、この現象に頭を悩ませている方も少なくありません。

もし、同様のケースでお困りでしたら、この記事ではテレビ画面が乱れる原因や直し方を解説していますので、ぜひ、ご参考になさってください。

テレビ画面が乱れる原因について

テレビ画面が乱れると言っても、症状は様々です。元通りに直すためには、まずは原因を特定する必要があります。

これまで電翔が対応してきたアンテナ工事より、よくあるテレビ画面が乱れる原因は次の通りなので、ご自身のテレビの症状と照らし合わせてみてください。

外的要因が原因でテレビ画面が乱れる

外的要因とは、テレビやアンテナ、それらが設置されている建物に直接原因があるのではなく、周辺環境に及ぼすトラブルを指します。

例えば、テレビアンテナを設置されている場合、電波を受信してテレビに映像を出力しているわけですが、周辺の障害物(遮蔽物)や悪天候によってテレビ画面が乱れることがあるのです。

要は、テレビ電波が外的要因により遮られてしまい、受信レベルが低下することが主な原因といえます。

機器や部材のトラブルが原因でテレビ画面が乱れる

機器や部材類のトラブルが原因でもテレビ画面が乱れることはあります。

極端にいえば、テレビ本体が壊れていれば、画面が乱れる可能性は高いでしょう。液晶テレビでいえば、液晶割れや液晶漏れなど画面上の物理的トラブルが原因の可能性が高いです。

また、基盤などテレビの内部が故障していることにより、画面が乱れるケースもあります。

テレビ以外で言えば、アンテナや周辺機器にトラブルを抱えていることも多々あり、よくあるケースとしては、電波の増幅の役割を担っているブースターの故障です。

ブースターは箱型の部材で、アンテナ本体の近くや屋内の分配器の近くに設置されることが多いですが、特に屋内に取り付けられている場合は、長年の雨曝しなどで劣化が進み機能しなくなってしまうこともあります。

もちろん、アンテナ本体に問題があるケースもあり、テレビ画面が乱れる程度であれば、位置がずれてしまって受信電波のレベルが低下していることも考えられます。

この他、屋外に配線されているアンテナケーブルの接合部に雨水が浸水してショートしてしまい、テレビ画面が乱れる原因に直結することもあり得ます。

その他の原因でテレビ画面が乱れる

その他の原因としては、あまり多くはないですが、1台のテレビにレコーダー類の周辺機器を多数接続している場合に、テレビ電波が減衰してしまい、画面が乱れることもあります。

また、アンテナケーブル類の接触不良も原因のひとつで、壁やテレビ・レコーダー裏の端子からケーブルが抜けかけていると映像が正しく映らなくなることもあるのです。

B-CASカードの問題も考えられなくもないですが、この場合、画面が乱れるというよりは、エラーメッセージが表示されて全く映らないことがほとんどです。

テレビ画面が乱れるトラブルの直し方

では、各テレビ画面が乱れる原因ごとの直し方についてみていきましょう。次のようにまとめました。

外的要因でテレビ画面が乱れる場合の直し方

外的要因の中でも、悪天候が原因の場合は、天候回復を待つことで自ずと直ることがほとんどです。もし、悪天候以降も回復しないようであれば、他の原因が考えられ、別の直し方での対応が必要になります。

また、周辺の高層ビルなど建物が電波を遮蔽してテレビ画面が乱れているのであれば、テレビアンテナを別の場所に設置しなおす、移設工事での解決が期待できます。

特に、都市化計画などにより高層マンションが新設されて、いままでアンテナを設置していた場所では受信が困難になってしまった場合などにも効果的です。

なお、テレビ電波の遮蔽物は人口建造物のみならず、木々などの植物の成長も該当します。木々の伐採してしまえば、元の環境に戻りますが、他人の所有物であれば、テレビアンテナを移設工事した方が賢明でしょう。

もし、移設工事が必要であれば、電翔で対応可能です。改めて電波測定を行い、適切な場所に取り付けなおしますので、お気軽にご相談ください。

機器や部材が原因の場合の直し方

機器や部材が原因でテレビ画面が乱れる場合の直し方は、トラブルを抱えている箇所を特定し、交換、修理などのメンテナンスの実施です。

ただし、過失によるテレビ画面割れの場合は、保証対象外になる可能性が高く高額な修理費が伴うことが想定されます。場合によっては新製品購入費用を上回ることもありますので、購入元やメーカー要相談でご検討ください。

一方、テレビアンテナの位置ずれやブースターの故障等であれば、正しい位置調整や部材の新品交換でテレビ画面が乱れないように直すことができます。

テレビアンテナ関連のトラブルであれば、電翔でメンテナンスいたします。

その他の原因の場合の直し方

その他の原因でテレビ画面が乱れる場合の直し方ついですが、映像機器類の使用数が多くてテレビ電波が減衰していて、ブースターが設置されていなければ、増設での解決が見込めます。

ブースターが備えられているか不明であれば、電翔で確認いたします。もし、ブースターが原因でなければ、他の原因特定とともに適切に対応いたします。

また、アンテナケーブルなど配線が抜けかかっていてテレビ画面が乱れているのであれば、ご自身で接続しなおすことでも解決可能です。

万が一B-CASが原因の場合はこちらをご参考になさってください。

Bキャスカードのエラーでテレビが映らない!原因と対処方法をご紹介

まとめ:テレビ画面が乱れる原因と直し方について

以上、テレビ画面が乱れる原因と直し方について解説してきました。

お伝えのとおりよくある原因は、「外的要因」「機器や部材類のトラブル」「機器類の過増設による電波減衰」などです。

そして、主な解決方法としては、アンテナやブースターなどの部材・機器のメンテナンスが効果的とご紹介しました。

もし、電翔にて対応可能なトラブルでしたら、ご遠慮なくお申し付けくださいませ。皆様からのお問い合わせ心よりお待ちしております。

無料見積依頼


テレビの線がない部屋に延長は可能?繋ぎ方や隠し方をご紹介

2022年02月03日 (木曜日) 13:57

テレビの線がない部屋での視聴をお考えで配線方法をお探しでしょうか?テレビの線のことを「同軸ケーブル」「アンテナケーブル」などとも表現されますが、正確には壁のアンテナ端子が無い部屋での配線方法かと思われます。

そこで、この記事では、そのような部屋でテレビ視聴するための配線の延長方法とともに繋ぎ方や隠し方などをご紹介しますので、ぜひご参考になさってください。

テレビの線がない部屋への延長について

まず、テレビの線がない部屋、つまりアンテナ端子が壁に配置されていない場合、ケーブルを延長できるのかについてお伝えしますが、答えは延長可能です。

では、どのような延長方法があるのか見てみましょう。

テレビの線がない部屋への延長方法その1

テレビの線(アンテナケーブル)がない部屋=アンテナ端子がない部屋への延長方法の手軽なのは、端子のある部屋から端子のない部屋まで届くアンテナケーブルを用意して接続することです。

屋内用として30mの商品も販売されています。こういったロングタイプのアンテナケーブルを使って接続すれば、テレビの線がない部屋でも視聴が実現します。

ただし、配線の際は、長さが足りないからと言って部屋の中央を通すような方法はおすすめしません。これは、歩行ルートに配線物があると、足にひっかかって転倒等のリスクが生じるためです。また、見映えも悪くなってしまいます。

もし、ロングタイプのアンテナケーブルを使用するのであれば、できるだけ部屋の端に配線するなど工夫しましょう。

それでも長さが足りない場合は次項の方法で解決します。

テレビの線がない部屋への延長方法その2

アンテナケーブルの長さが足りない場合は、延長アダプタを使って複数のケーブルを接続することでテレビ視聴の実現が可能です。

前項でご紹介した方法で、部屋の端にアンテナケーブルを配線して、テレビまでの長さが足りなければ、不足分の長さのケーブルと延長アダプタを用意して繋げることでテレビまで届くようになります。

ただし、アダプタを使用した接合部はケーブルの太さよりも大きくなるため、ドアの隙間に入らないことが想定されますので、注意が必要です。

また、このように配線が剥き出しの場合、お部屋や廊下の見映えが悪くなり、見た目が気になってしまうこともあります。この場合は、次の方法で延長可能です。

テレビの線がない部屋への延長方法その3

長くて露出したテレビの線、アンテナケーブルの見た目が気になるようでしたら、視聴希望の部屋へアンテナ端子を新たに設けてみてはいかがでしょうか?

その1、その2より専門的な知識と技術が必要で、費用も他の方法よりも高額ですが、一番スマートな方法です。

基本的にテレビアンテナを使用されている住宅にお住いであれば、アンテナ設置場所から同軸ケーブルが配線されており、そこから屋根裏や天井裏、壁の中などを経由して壁にアンテナ端子がある部屋へ伸びている構造になっています。

これを応用して、端子のない部屋にも別途アンテナケーブルを配線して、端子を設置すればテレビ視聴可能な部屋と同じような環境を作ることができるのです。

ただし、この方法は、壁に穴を開けて端子を設置するため、賃貸住宅や集合住宅にお住いの場合は、管理人の許可が必要となりますので、くれぐれも確認をお忘れないようお気を付けください。

また、持ち家であって先述の通り、知識と技術が必要となりますので、工事のご依頼が必要であれば、ぜひ電翔にご相談くださいませ。

このように3つのテレビの線がない部屋への延長方法をご紹介しましたが、アンテナ端子を設けずに、配線した場合、お伝えのとおりアンテナケーブルの露出が目立つことが多々予想されます。見た目が気になる場合は、次項の繋ぎ方や隠し方をご参考になさってください。

テレビの線がない部屋への繋ぎ方や隠し方について

テレビの線がない部屋、アンテナ端子がない部屋へのアンテナケーブルの繋ぎ方や隠し方は次の通りです。

テレビの線がない部屋へのアンテナケーブルの繋ぎ方

最初にアンテナ端子がない部屋への繋ぎ方についてですが、ドアを介して配線するようであれば、細いタイプのアンテナケーブルを用意した方が隙間を通しやすくなります。

ドアの隙間に通したケーブル

アンテナケーブルの太さは様々で、最近ではフラットタイプも販売されていて、よりドアの隙間に通しやすくなっているので、便利です。

標準タイプのアンテナケーブルですと、厚みがありドアの隙間が小さいと通せないまたは、通せたとしても開閉の妨げになることが想定されますので、ご注意ください。

また長さが足りず、延長アダプタが必要な場合は、以下のように接続します。

延長アダプタに接続した同軸ケーブル

手に持った同軸ケーブルと延長アダプタ延長アダプタに接続した2本のアンテナケーブル

ケーブル側はどちらもオスで、アダプタがメスになっています。1方向ずつ接続してアンテナケーブル先端の端子のネジを回して固定すれば延長完了です。テレビと壁の端子には、テレビ視聴可能な部屋と同じように繋げば、テレビが映ります。

なお、アンテナケーブルが長くなるほど、テレビの映りが悪くなると心配される方もいますが、デジタル放送となった現在では、ノイズも入りにくくなっているため、ほとんど影響はありません。

ただし、テレビ電波を強くするためのブースターを設置されていない環境下の場合は映りが悪くなる場合もあるため、アンテナケーブルを延長したことで映りが悪くなるようであれば、設置もご検討ください。

もちろんで電翔でも取り扱っていますので、必要に応じて工事にお伺いいたします。

テレビの線がない部屋のアンテナケーブルの隠し方

次にテレビの線、アンテナ端子がない部屋に延長した際に配線の露出が気になる場合の隠し方についてです。

本棚などの家具があれば、壁際に配線して裏側に隠すこともできますが、それでも露出してしまう箇所が出現してしまうかもしれません。そんな時はモールを使った隠蔽配線もおすすめです。

床に置いたモール
画像引用元:壁掛けテレビ.com【モール加工による壁掛けテレビ配線処理】

モールであれば、露出したアンテナケーブルも綺麗に隠すことができるので、見映えが悪くなりません。

なお、先ほどもご紹介した端子の新設であれば、壁の中にアンテナケーブルを通すため、元々テレビ視聴ができている部屋同様の配線が実現します。

モールの使用や壁の中の隠蔽配線をご希望でしたら電翔から専門業者のご紹介が可能ですので、併せてご利用くださいませ。

まとめ:テレビの線がない部屋の延長方法と繋ぎ方や隠し方について

ここまで、テレビの線がない部屋の延長方法とケーブルの繋ぎ方や隠し方について解説してきました。

手軽な方法としては、テレビ端子のある部屋からロングタイプのアンテナケーブルの使用、長さ不足の場合は延長プラグの使用が効果的です。

そして、配線の露出が気になる場合は、壁の端子の新設、モールを使った配線などがおすすめとお伝えしました。

また、どの工程においても業者へのご依頼をご希望でしたら、ぜひ電翔をご利用くださいませ。快適なテレビライフ実現のお手伝いをいたします。

無料見積依頼


アンテナ工事はランニングコスト不要でお得!

2021年10月29日 (金曜日) 10:44

こんにちは!テレビアンテナ工事電翔のブログ担当、川原です😊

 

早いもので10月も下旬となり2021年の終わりも着々と近づいていますね😲今年の10月といえば、小麦、マーガリン、電気料金、ガス料金、タバコなどが値上げされ、家計に打撃を受けたご家庭も多かったのではないでしょうか?

そんな中で、家計の負担になっているランニングコストのお見直しも効果的で、テレビアンテナもその一つとしておすすめです!

本日は、アンテナ工事であれば、ランニングコスト不要でお得にテレビ視聴を実現できることを解説させていただきます。

なぜアンテナ工事はランニングコスト不要なのか?

テレビといえば、多くの方は現在、地デジと呼ばれる放送を主要にご覧になられているかと思います。その他、新4K8K放送などの衛星放送も併せてご視聴されている方もいらっしゃいますね😁

実は、これらのほとんどは、無料で視聴できることをご存知でしょうか?NHKは別途受信料が発生しますが、その他の民放であれば、広告で番組制作を行っているため視聴者は無料で視聴できるのです👌

そして、テレビアンテナであれば、最初に設置するときに工事費だけのお支払で、その後のランニングコストは、よほどな視聴環境にトラブルが起きない限り発生しません!

つまり、アンテナ工事はランニングコスト不要なのです👍

「うそだ!うちは毎月料金を支払っている!」というお声が聞こえてきそうですが、その場合は、テレビアンテナ以外の方法で、ご視聴されている可能性が考えられます。詳しくみていきましょう♪

 

アンテナ工事以外にランニングコストが発生するテレビ視聴方法

本来、無料で視聴できるはずのテレビ番組にランニングコストが発生しているパターンとしては、主に次の2通りが考えられます👇

・ケーブルテレビ契約でテレビ視聴
・光テレビ契約でテレビ視聴

 

「毎月お金を払ってテレビを見ている」という方は、お心当たり、ないでしょうか?

ケーブルテレビの場合であれば、地上波がアナログ放送時代だった頃に、立地上電波受信が困難でご加入。地デジに完全移行した現在でも、そのままご利用されている方も多くいらっしゃいます。

光テレビの場合は、新築を建てられるといったケースで、インターネット回線も引くから、オプションでご加入。お家の外観に目立ちやすいアンテナも設置しないでテレビ視聴できていいねとお考えの方も多い事でしょう。

いずれも、契約会社様によって料金形態は様々ですが、テレビ視聴にランニングコストが発生しています😨

その分、アンテナ工事では視聴できない専門番組を放送されていますが、電翔にご相談いただくお客様の中には、アンテナでも視聴可能な放送しか見ていないという方も多くいらっしゃいます。

また、アンテナが目立つからという理由でランニングコストがかかるケーブルテレビや光テレビをご契約されている方も多いですが、今やテレビアンテナもファッション性で選べる時代となっています👍

アンテナの種類や設置場所を工夫することで、外観に目立たせず、オシャレに取り付けることも可能です👌

確かにアンテナ工事は、最初に設置費がかかります。しかし、この先も長年テレビ視聴をされるご予定があれば、トータルコストでアンテナ方が断然お得です!!ぜひ、ランニングコストのお見直しをお考えであれば、テレビ視聴環境を変えてみてはいかがでしょうか?

電翔がお客様に最適なプランでお得なテレビ視聴環境をお作りいたします💪

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

ここまで、アンテナ工事がランニングコスト不要でお得であることを、ケーブルテレビや光テレビと比較してお伝えしてきました😉

この記事をご覧いただいて、テレビアンテナの方が良いとお感じいただけましたら、設置工事は電翔にお任せくださいませ💪

ケーブルテレビや光テレビの切り替え工事も多数承っております👍まずは、簡単なご相談からでも、お気軽にお声掛けくださいませ。皆様からのお問合せ、心よりお待ちしております😌

なお、テレビアンテナへの切り替え工事についての詳細は下記リンクでもご紹介しています。併せてご参考になさってください♪

ケーブルテレビからの乗り換えで【ランニングコスト0円】

【月々0円】光テレビからアンテナ視聴への乗り換えがお得

無料見積依頼


テレビアンテナはいらない!?視聴方法の真実

2021年10月10日 (日曜日) 15:07

こんにちは!テレビアンテナ工事電翔のブログ担当、川原です😊

 

新築を建てられるなど、新居へお引っ越しをご予定されているお客様。テレビを視聴するのにアンテナ以外の方法をお探しではないでしょうか?

電翔としては、テレビアンテナ工事をメインに行っているため、他の方法を大きな声で推奨するのは、いささか気が引けてしまうのですが、嘘を申し上げるわけにはいきません😅

確かにアンテナは存在感が大きいから、なるべく設置したくないという風にお考えのお客様もいらっしゃいますよね。

そこで、今回はコラムとして、「テレビアンテナはいらない」をテーマに色々な視聴方法をご紹介するとともに、アンテナの良さもお伝えさせていただきます。

 

「テレビアンテナはいらない」は本当?

 

まずは、冒頭でも触れたとおり、テレビアンテナがなくてもテレビを視聴できるのかについてですが、答えはYESです👌

そもそもテレビ番組は、地デジの送信塔や宇宙の衛星から発信された電波を何かしらの方法でテレビに送って映し出す仕組みになっています。そして、テレビアンテナは各ご家庭において、設置することでその電波をダイレクトに受信してテレビを映し出しているのです。

つまり、「アンテナがいらない」ということは、別の方法で映像をテレビに映し出すことを指します😉

では、それは、具体的にどのような方法なのでしょうか?次項で詳しくご紹介します♪

 

テレビアンテナなしでテレビ視聴する方法

テレビアンテナなしでテレビ視聴する方法は様々ですが、有名で利用者が多いのは次の3通りです!

インターネット光回線

 

一つ目はインターネット光回線です。光回線のインターネットをご利用の方であれば、もしかしたら過去に光テレビのご案内を受けたことがあるかもしれません。

光回線といえば、インターネットの高速回線サービスを指し、テレビとは関係なさそうに思えますが、近年はオプションサービスとして、インターネットと一緒にテレビ視聴もできるようなっている回線会社が増えています。

仕組みとしては、インターネット回線会社が受信したテレビ電波を光ファイバーで契約者様のご家庭に送信してテレビに映像を映し出します。これにより、アンテナを設置しなくてもテレビが視聴できるわけです👌

また、同時に、他サービスとの差別化を図る目的で、独自番組も配信している特徴もありまが、中には通常の地デジ放送以外は見ていないという方も一定数存在しているようです。

なお、光テレビはインターネット利用料金とは別にオプション料金が月額で発生します。

ケーブルテレビ

 

二つ目はケーブルテレビです。こちら、地上波放送がアナログ放送時代に送信塔から遠い場所や山間部などでは、電波が届き難かった事情があり、代わりにケーブルテレビ会社がテレビで電波を受信し、契約者様のご家庭に有線で送信してテレビ番組を映していた背景があります。

つまり、個別にアンテナ不要でテレビ視聴が可能というわけです!なお、現在でもサービス提供は続いており、近年はオプションとしてインターネット回線サービスや電話回線も一緒に契約されているお客様もいらっしゃいます。

しかし、ケーブルテレビ会社にもよりますが、月額料金が他と比べると割高な傾向にあるようです😅

VOD

 

三つ目は、VODいわゆるビデオオンデマンドサービスです。Amazonプライムやネットフリックスなどをスマホやタブレットでご利用されている方も多いのではないでしょうか?

以前は、レンタルビデオショップで映画のDVDなどを借りて自宅で視聴される方もいらっしゃったと思いますが、インターネットの普及によりパソコンやスマートフォンなどから月額定額で手軽に見ることができるようになりました👍

また、最近のテレビはインターネットを利用できる製品も多く、VODの視聴も可能です。

ただし、VOD提供会社が配信している番組のみしか視聴できませんので、通常の地上デジタル放送や衛星放送の番組をリアルタイムで見ることはできません!

 

以上、3つのアンテナ以外のテレビ視聴方法をご紹介しましたが、実はアンテナでテレビ視聴をされている方が多くいらっしゃるのもまた現実としてあります。

なぜ、アンテナがなくても視聴できる方法があるのに、あえてアンテナを選ぶのでしょうか?その確固たる理由がございますので、次項でご紹介します😉

 

テレビアンテナを選択したお客様の声

 

冒頭でも触れたように、現在においてテレビアンテナに抵抗感がある方は、その見た目が気になるからではないでしょうか?

確かに以前は、八木式アンテナのような骨型が主流で、流行りの注文住宅にはマッチしないということも多々あり、毛嫌いされていたこともあります💦

しかし、最近は、オシャレなアンテナも登場し、多くのお客様に親しまれるようになっています。見た目の向上により、注目度も増しています。実際に、電翔に工事をご依頼くださったお客様からも「設置して良かった」とのお声を多数いただいております👍

また、どうしてもアンテナを屋外に設置したくないという場合は、建物内まで十分電波が届いているといった諸条件は必要ですが、屋根裏などの屋内設置で外観から完全に隠すこと可能です👌

では、なぜ、アンテナなのでしょうか?

その一番の理由はなんといってもコストパフォーマンスの良さです。前項であげた視聴方法はどれも月額料金が発生しますが、テレビアンテナは料金不要で視聴が実現してしまいます👌

アンテナの寿命も10年~15年と長く、この期間、光やケーブルテレビの月額費用を支払うことを考えると、1回のみのアンテナ工事料金の方が遥かにお得であることはお気づきでしょうか?

見た目もコスパも良いなら「アンテナがいらない」ではなく「アンテナがいる」ですよね?

もし、テレビアンテナの価値を感じていただけましたら、ぜひ、電翔にご相談くださいませ。最適なアンテナ工事をご用意いたします👌

 

4. まとめ

 

いかがだったでしょうか?

アンテナ以外にもテレビを見る方法は色々ありますが、料金がかかることをお分かりいただけたかと思います。また、アンテナのコスパの良さもご理解いただけたのではないでしょうか?

ぜひ、テレビ視聴の環境整備としてお役立ていただき、アンテナ設置をご希望の際は、電翔をご利用くださいませ😉皆様からのお問合せ、心よりお待ちしております😌

無料見積依頼


栃木県宇都宮市|不要なアンテナを撤去!早め早めの対策を

2021年09月20日 (月曜日) 13:58

こんにちは!

テレビアンテナ工事の電翔、ブログ担当のムカイです🤗

早速ですが、おめでたいニュースが入ってきました♪

 

NACK5にて電翔CMが放送されていますが💁‍♀️

ナレーションを担当してくださっている、村田綾さんがご結婚されたとのこと💐!

\村田さんおめでとうございます♪/

またこれからもよろしくお願いいたします😆❤

 


 

さて本日は、宇都宮市西原町でのテレビアンテナ工事をご紹介していきます❗

と言いましたが、今回は、新設工事ではありません!!

既存アンテナの撤去工事をご紹介します👨‍🔧

 

え、アンテナ撤去するだけじゃん!技術力なんて必要ないよね?と思うかたも多いですよね😲

私も電翔に入ったばかりのときは、撤去するだけなんだから簡単な作業でしょ?と思っていました。

 

ですが実は撤去作業、とても危険で神経を使う作業なんです😨

 

 

こちらが今回のご物件、ケーブルテレビで視聴されていて、屋根上にある不要なアンテナを放置していたら倒壊してしまったそう😥

大きな破損は見られませんが、屋根馬が曲がっていたり、少し錆びも確認できますね⚠

 

先ほど「実は撤去作業、とても危険で神経を使う作業」と言いましたが、

屋根を傷つけずに、解体しないまま片手でアンテナを持ち、勾配のある屋根を下り、電線などに引っかからないよう注意しながらアンテナを持ったまま梯子を下りてくる。といった一連の作業があります🥶

危険予測のできる、技術力のあるスタッフでないとできない作業です⚠⚠⚠

 

また、不要アンテナの放置は大変危険です。

これからのシーズン台風が上陸する可能性が高いです💪

弱ったアンテナが強風に飛ばされて、隣のお家を傷つけてしまったという事例もあります。

最悪の場合、飛んだアンテナが当たってケガしてしますこともあるかもしれません。

なにもなくて良かったと言えるよう、早め早めの対策をしましょう♪

 

 

最後に、工事後の外観写真です。お屋根の上がすっきり!これで安心して過ごすことができますね♪

こちらのお客様は、ケーブルテレビでの継続視聴をご希望されましたが🙆‍♀️

今は、屋根上に取り付ける八木式アンテナだけでなく、外観を損なわない壁に取り付けるボックス型のデザインアンテナや、ポール型のユニコーンアンテナなどの地デジアンテナもございます🙋‍♀️

ランニングコストがかからないテレビ視聴なら、テレビアンテナの設置がおすすめです👏

 

電翔でのテレビアンテナの撤去費用については、お気軽にお問い合わせください♪

無料見積依頼


開く 閉じる