キャンペーン実施中!

耐風速アンテナキャンペーン

新築のアンテナ工事を自分で行う方法と3大リスクを徹底解説

アンテナBlog

スカパーの一覧

新築のアンテナ工事を自分で行う方法と3大リスクを徹底解説

2022年09月08日 (木曜日) 13:42

新築のアンテナ工事を自分で行う方法と3大リスクを徹底解説

新築のアンテナ工事を自分で行う方法

新築のアンテナ工事を自分で行う方法は、次の5つの流れです。

新築で視聴する放送とアンテナの種類を決める

新築では、次のような視聴可能な放送があります。

■地上デジタル放送
 ・キー局・キー局系列の地方局
 ・ローカル局(独立U局)※キー局とローカル局の違いについて
 ⇒キー局とローカル局の違いってなに?特徴をご紹介

■衛星放送
 ・BS放送
 ・CS放送
 ・スカパープレミアム

 

アンテナ工事を自分で行う1歩として、まずは、新築でどの放送の番組を見たいのか?どんなアンテナを設置したいのか?を把握しておくことが必要です。

地デジを見たいのか?衛星放送を見たいのか?両方見たいのか?など視聴目的によって設置するアンテナを選びます。

また、地デジや衛星放送の中にもチャンネルが様々あり、例えば地デジであれば、キー局とローカル局、衛星放送であれば、BS、CS、4K8K、スカパープレミアムなどが放送されていて、それぞれの番組を視聴するためには、以下のような各専用のアンテナをご用意していください。

■地デジ用
    ・デザインアンテナ
 ・ユニコーンアンテナ
 ・UHFアンテナ(八木式アンテナ)

■衛星放送(BS・CS・新4K8K放送)用
 ・BS/CSアンテナ

■衛星放送(スカパープレミアム)用
 ・スカパープレミアム専用BS/CSアンテナ

 

テレビアンテナの種類の詳細ついては下記の特設ページをご用意しています。

テレビアンテナの種類や特徴を紹介!メリットデメリットも

使用可能な放送やテレビアンテナの種類についてのご相談は、お気軽に電翔までお問い合わせくださいませ。

電翔の無料相談とメール問い合わせのバナー

新築のテレビ電波の受信レベルを確認

新築のテレビ電波の受信レベルを確認

視聴する放送とテレビアンテナの種類が決まったら、地デジや衛星放送の電波を受信できるのか確認します。

電波は目に見えないため、正確な測定にはレベルチェッカーの使用が望ましいです。もし、無い場合は、新築の近所の住宅には、どのようにテレビアンテナが設置されているのか確認することでもおおよその目安となります。

何軒かの住宅に似たような方法でアンテナが取り付けられている様であれば、同様に設置することで、テレビ視聴が実現する可能性が高いです。

また、地デジの電波であれば、「放送サービス高速化推進協会」のWEBサイトから最寄りの電波塔からどのくらいの範囲に飛んでいるのか確認できます。(画像クリックでサイトアクセス)

A-PABの放送エリアのめやす

スカパープレミアムを除く衛星放送の場合は、新築の南南西の方角を目印に上空を見上げ、建物等の遮蔽物がなければ、たいてい受信可能です。

なお、方角の確認は、BSコンパスというアプリでできます。

■BSコンパス
Android用:ダウンロード
iOS用:ダウンロード

これらの方法で、おおよその電波レベルを確認できますが、もしもっと正確に知りたいというようであれば、電翔で現地調査を行えますので、お気軽にお声掛けくださいませ。

電翔の無料相談とメール問い合わせのバナー

テレビアンテナと工具類の調達

テレビアンテナと工具類の調達

次に、以下のようなアンテナ工事に必要なアンテナ本体一式・工具を用意します。

■部材類
 ・テレビアンテナ本体
 ・アンテナ取り付け金具類
 ・ブースター、分波器、分波器等の周辺機器
 ・アンテナケーブル

■工具類
 ・梯子・脚立
 ・電動ドライバー・ドリル
 ・コーキング剤

■その他あると便利な道具
 ・ヘルメット
 ・安全靴
 ・作業用手袋
 ・レベルチェッカー(電波測定器)
 ・水平器

 

基本的にスカパープレミアム専用以外のテレビアンテナは、家電量販店、ホームセンター、ネットショップで取り扱っています。

工具類は。今お持ちの物も使用できますが、新しく調達する場合は、それなりの価格の物もありますので、今後DIYの予定がなく、アンテナ工事のみにしか使用しないような場合ですと割高になる可能性もありますのでご注意ください。

また、あると便利な道具は、ヘルメットや安全靴など見つける物は工事の安全対策になりますので、ぜひ使用してください。

アンテナ工事に必要な物に関して、ご質問がございましたら、電翔までお問い合わせください。

電翔の無料相談とメール問い合わせのバナー

新築のテレビアンテナ工事実施

新築のテレビアンテナ工事実施

全ての道具が揃えば、いよいよ新築のテレビアンテナ工事の開始です。

設置場所を定めたら、梯子・脚立を立てかけて、部材一式を登って運びます。

支柱を使用する場合は、登る前に地上で組み立ててから運ぶことで、設置場所での作業効率があがるのでおすすめです。

また、新築の外壁や破風板に取り付ける場合は、先に金具をビスで止める必要があるので、アンテナ本体を運ぶ前に、穴あけを済ましておくと効率的です。

準備が整えば、以下の手順でアンテナ工事を進めます。

・金具の取り付け
・アンテナ本体の固定
・アンテナケーブルの接続
・位置調整
・ブースターなどの周辺機器の設置
・配線処理

 

このように、アンテナ工事は本体以外にも周辺機器の取り付けや配線処理も適切に行わなければなりません。

新築住宅の構造によっては、屋根裏や天井裏といった狭い場所での作業も必要です。事前に配線ルートや工事可能なスペースであるか確認しておきましょう。

アンテナ工事についてもっと詳しく知りたい場合は、電翔へご連絡ください。

電翔の無料相談とメール問い合わせのバナー

テレビのチャンネルスキャン

テレビのチャンネルスキャン

新築住宅のテレビアンテナ工事の仕上げは、テレビがしっかり映るかのチェックです。アンテナを設置できても肝心なテレビが映らなければ、意味がありません。

テレビの電源を入れて、チャンネルスキャンを行い、正常に映るのかチェックしましょう。

もし、E202などのエラーが発生するようでしたら、正しくテレビアンテナを設置できていない可能性がありますので、不備がないかチェックしてください。

もう、上手くいかない場合は、電翔がお手伝いいたします。ご遠慮なくお声掛けくださいませ。

電翔の無料相談とメール問い合わせのバナー

新築のアンテナ工事を自分で行う場合の3大リスク

新築のアンテナ工事を自分で行う場合の3大リスク

新築住宅に限らず、テレビアンテナ工事は常に危険と隣り合わせです。ご自身で行う場合にぜひとも押さえておいて欲しい3つのリスクをご紹介します。

新築のアンテナ工事を自分で行う際の転落事故

新築のアンテナ工事を自分で行う際の転落事故

テレビアンテナのほとんどは、屋外の高所に設置しますが、梯子や脚立を使った高所作業は足場が不安定で転落事故のリスクがあります。

毎年、屋根の転落事故が起きているように、慣れない場所での作業は危険です。

万が一、転落してしまった場合は、大怪我してしまうことがほとんどで、最悪死亡事故にも繋がりかねません。

せっかく新築での新生活が始まろうとしているのに、ご自身でアンテナ工事を行った故、思わぬ事故に遭遇してしまったら悲しいはずです。

決して、無理せず少しでもご不安があれば、専門業者を頼ってください。電翔でも新築のアンテナ工事を多々行っていますので、ぜひお気軽にご相談くださいませ。

電翔の無料相談とメール問い合わせのバナー

新築のアンテナ工事を自分で行う際の部材破損

新築のアンテナ工事を自分で行う際の部材破損

ご自身の転落事故は防げても、アンテナ本体や部材を高い場所から落下させてしまいますと、破損の可能性大です。

アンテナが故障するだけでなく、下に自動車などがあれば、そちらの損傷も免れないでしょう。万が一、通行人に当たってしまったら、大事故に繋がりかねません。

また、隣の敷地に落下して物件や備品を損傷させてしまう可能性もあります。

こうなると、せっかくの新築住宅での新たな生活が最悪なスタートとなってしまいますので、ご自身の落下防止とともに部材の落下も十分注意してください。

ご心配であれば、電翔がご対応いたしますので、ご連絡くださいませ。

電翔の無料相談とメール問い合わせのバナー

新築のアンテナ工事で費用が高額に

新築のアンテナ工事で費用が高額に

新築でアンテナ工事をご自身で行う目的には、費用対効果もあるかと思います。

しかし、使用頻度の少ない工具を拘って高額な物を一式用意、アンテナの選び間違いで買い直しといった場合、業者へ依頼するよりもコストがかかってしまうリスクもあり得ます。

また、先述のような事故がおきてしまいますと、それに伴う費用も別途かかります。保険が適用されれば、賄える可能性もありますが、過失が大きく認められてしまうと、あまり期待できず、大きな自己負担になるでしょう。

せっかく費用を抑えようとしたご自身でのアンテナ工事が高くなってしまえば、家計にも大打撃です。

もし、こういった費用に関するリスクを抑えたい場合は、次項のアンテナ工事料金をご参考に電翔をご利用くださいませ。

電翔の無料相談とメール問い合わせのバナー

新築のアンテナ工事を業者に依頼する場合の費用

新築のアンテナ工事を業者に依頼する場合の費用

では、最後に電翔で新築住宅のテレビアンテナ工事の費用をご案内します。視聴目的に応じて料金変動はございますが、参考価格を以下にまとめました。

・地デジアンテナ:約22,000円(税込)~
・衛星放送アンテナ:約25,000円(税込)~
・地デジ×衛星放送アンテナ:約48,000円(税込)~

詳しくは下記の電翔の料金ページでも費用をご案内しています。

テレビアンテナ工事の費用は?料金目安や業者選びのポイント

また、電翔のアンテナ工事の正確な料金は現地調査が必要です。お見積もりをお出ししておりますので、ご希望でしたら、下記よりお申込みくださいませ。

電翔の無料相談とメール問い合わせのバナー

新築のアンテナ工事を自分で行う方法とリスクについて

新築のアンテナ工事を自分で行う方法とリスクについて

以上、新築のアンテナ工事を自分で行う方法とリスクについて解説しました。

工事の流れとリスクはつぎのとおりです。

■新築のアンテナ工事を自分で行う方法の流れ

1.視聴する放送とアンテナの種類を決める
2.受信テレビ電波レベルの確認
3.テレビアンテナと工具類の調達
4.アンテナ工事実施
5.テレビの視聴確認

 

■新築のアンテナ工事を自分で行う場合のリスク

・ご自身の転落事故
・部材の落下事故
・工事費用の高騰

 

もし、新築のテレビアンテナ工事がご自身で難しい場合は、ぜひ電翔をご利用くださいませ。

皆様からのお問合せ、心よりお待ちしております。

無料見積依頼


スカパープレミアムアンテナ設置は電翔にお任せあれ!【栃木県宇都宮市】

2021年07月23日 (金曜日) 10:30

 

こんにちは!

テレビアンテナ工事電翔のブログ担当、川原です😊

 

スカパープレミアムアンテナをお持ちで、設置工事業者をお探しのお客様。

電翔は持ち込みアンテナの設置工事も承っておりますので、ぜひ、ご利用くださいませ😉

お引っ越しなどで移設が必要な場合などにも対応可能で👍

本日は、実際にスカパープレミアムアンテナをお持ち込みで設置をご希望された工事の様子をご紹介しますので、ぜひ、ご参考になさってください♪

 

ご依頼くださったのは、栃木県宇都宮市今宮に新築を建てられたお客様。

今回は、お持ち込みのスカパープレミアムアンテナの設置に加えて、地デジアンテナの設置もご希望とのことでした😊

まずは、スカパープレミアムアンテナの設置の様子です。

外壁のスカパーアンテナ

外壁に象鼻金具をビス止めして、アンテナ本体を取り付けています🔧

アンテナの表面には「スカパー」の文字が入っていますね。

ちなみに、このアンテナはスカパープレミアムの他、BS放送新4K8K放送にも対応しています👌

続いて、地デジアンテナの設置の様子です。

戸建住宅の外壁

設置場所をこちらの壁面に決め、デザインアンテナを使用しました!

外壁のデザインアンテナ

ビス止めした専用金具にアンテナ本体を取り付けています🔧

また、同軸ケーブルは垂れ下がらないように、雨樋に結束バンドで止めました👍

引込口の同軸ケーブル

そして、ケーブルはこちらの引込口を使って屋内に配線しています🔧

お写真はアンテナを接続する前の状態です。

引き込んだケーブルはマルチメディアボックスまで伸ばし、

マルチメディアボックスの機器類

アンテナで受信した地デジと衛星放送・スカパーの電波を強くするためのブースターの電源を設置して繋げます。

ここから、各お部屋の端子までケーブルを伸ばして、テレビやチューナーと接続すれば、映像が映るようになるわけです👍

これで無事、工事の完了でテレビの視聴環境が整いました😆👏

同様の工事をご希望のお客様、ぜひ、電翔にお任せくださいませ💪

皆様からのお問合せ、心よりお待ちしております😌

無料見積依頼


パラボラアンテナとは?仕組みと種類をご紹介

2021年04月30日 (金曜日) 10:30

こんにちは!

テレビアンテナ工事電翔のブログ担当、川原です😊

 

皆様、パラボラアンテナと聞くと、宇宙観測所などの大きなアンテナを想像されませんか?

宇宙観測所のパラボラアンテナ

このアンテナです📡

日本では、長野県佐久市にあるJAXA宇宙観測所のパラボラアンテナが一番大きいと言われています。

確かにこれもパラボラアンテナなのですが、実は、もっと身近なところにも存在してるのです😊

そこで、本日は身近にあるパラボラアンテナについて、仕組みや種類を解説させていただきます😉

パラボラアンテナの仕組み

先ほど、身近にパラボラアンテナがあるとお伝えしましたが、実はテレビの衛星放送を視聴するために必要なアンテナもパラボラアンテナと呼びます。

ベランダに設置したパラボラアンテナ

よく、ベランダの手すりなど取り付けられているのを見たことがあるという方もいらっしゃるかと思いますが、これもパラボラアンテナです😉

そもそも、パラボラアンテナの「パラボラ」は放物線の英訳です。

アンテナ本体がお椀やお皿のような放物面になっていることからパラボラアンテナと呼ばれます。

つまり、この形のアンテナは全てパラボラアンテナというわけです😊

ところで、このパラボラアンテナ、どのような仕組みになっているかご存知でしょうか?

簡単に説明しますと、家庭用のパラボラアンテナの場合、まず、衛星から発信されている電波をアンテナの放物面となっているディッシュ(反射器)と呼ばれるパーツで受けます。

次に、反射器で反射した電波を今度は中央に取り付けられた放射器に集めて、コンバーターへ送ります。

※放射器とコンバーターは角のようなアームの先端についています。

なお、コンバーターは、テレビに映像を映し出せるようにするために、電波の周波数を変換する役割を担っています。

そして、変換された電波は同軸ケーブルを通って、屋内へ送信されるという仕組みです👍

ただし、どのパラボラアンテナでもすべての衛星放送を視聴できるわけでは、ありません!

衛星放送には種類があって、それに応じたパラボラアンテナもいくつか種類が存在します。

具体的な種類に関しては、次項で詳しくご説明します😉

パラボラアンテナの種類

まず、衛星放送の種類ですが、BS放送CS放送4K8K放送などがあります。

そして、これらを視聴するには、各放送に合ったアンテナを選ばなければなりません!

では、どんな種類のパラボラアンテナがあるのか、みてみましょう😉

110°BS/CSアンテナ・2K用

外壁のパラボラアンテナ

こちらのパラボラアンテナは、従来のフルハイビジョン放送・2Kを視聴するために使用します。

2Kのみなので、新4K8K放送の視聴はできません😣

また、通常の衛星放送はアンテナ設置するだけで、視聴できますが、WOWOWなど一部の専門チャネルは、有料となっており、別途契約が必要になります💡

110°BS/CSアンテナ・4K8K用

外壁のパラボラアンテナ外壁のパラボラアンテナ

つづいて、4K8K対応のBS/CSアンテナです。

こちらは、新4K8K放送の高画質映像にも対応しています👍

もちろん、従来の2K放送も視聴可能です👌

なお、先述の2Kのみ対応のBS/CSアンテナを現在、お使いで新4K8K放送をご覧になりたい場合は、この4K8K対応のアンテナに取り換えることで、ご視聴いただけます。

CSアンテナ・スカパー用

破風板のUHFアンテナとパラボラアンテナベランダのパラボラアンテナ

こちらは、CS放送、いわゆるスカパーを視聴するためのアンテナです。

スカパーの場合、アンテナの設置だけでは、ご視聴いただけません😣

別途スカパーの契約が必要となりますので、ご注意してください!

ちなみに、「スカパーと表記されているアンテナでないと、視聴できないのでは?」というお問い合わせをいただくこともありますが、実は、先述のBS/CSアンテナでも視聴できる場合があります👌

スカパーには、通常契約とプレミアム契約があるので、それぞれに対応のアンテナが必要となることも留意ください。

詳しくは、電翔までお問い合わせいただければ、対応アンテナをお調べさせていただきます😌

まとめ

いかがだったでしょうか?

ここまで、パラボラアンテナの仕組みと種類をお伝えしてきました😊

一言にパラボラアンテナといっても、色々と種類があることをお分かりいただけたかと思います。

もし、新たに衛星放送の環境を整いたいとお考えであれば、アンテナのご用意から設置まで電翔が迅速に対応いたしますので、ぜひ、お声掛けくださいませ📞✉

皆様からのお問い合わせ、心よりお待ちしております♪

無料見積依頼


スカパー対応のBS/CSアンテナと地デジアンテナの取り付け事例【埼玉県朝霞市】

2020年12月22日 (火曜日) 13:24

こんにちは!

テレビアンテナ工事電翔のブログ担当川原です😉

 

皆様、スカパーはご存知でしょうか?

スカパー!=SKY PerfectTV!(スカイパーフェクトTV)ですが、スカパーJSAT株式会社が運営していて、有料番組を多数取り扱っている放送のことです。

ご視聴ご希望の場合、スカパーにお申込みが必要となり、対応アンテナも必要です。

よく、「スカパーの表記が入ったアンテナじゃないと使用できないのでは?」というお問合せを受けますが、実はCS放送対応の衛星放送用アンテナであればご視聴いただけます👌

すでに対応アンテナを設置されている場合はもちろん、新設・増設・取替などの際に電翔がご用意する対応アンテナでもご視聴いただけます👍

本日は、そのスカパーにも対応したBS/CSアンテナ地デジアンテナを設置した工事の様子をお伝えします。

ご依頼くださったのは、埼玉県朝霞市根岸台にお住いのH様😊

元々、アンテナ以外の方法でテレビをご視聴されていたそうです。

アンテナ以外といえば、ケーブルテレビまたは光テレビを指します。

アンテナ不要ですが、月額固定費が必要です😅

そして、今回、切り替え工事として使用したのが、こちら!

先述のとおりのスカパーにも対応した衛星放送用のBS/CSアンテナ

地デジ用のデザインアンテナです。

BS/CSアンテナはスカパーに限らず、新4K8K放送から海外番組など豊富に扱っているBS放送の視聴も可能です👌

地デジと組み合わせれば、テレビライフを大幅に広げることができます😆

BS/CSアンテナの横には、地デジ・BS/CS共用のブースターを設置して、受信したテレビ電波を強くして安定させました!

アンテナケーブルを屋内に引きこんだ様子です。

屋根の隙間を利用して、配線処理を行いました🔧

ブースターの電源は、屋内のマルチメディボックス内に設置しました。

緑のランプ点灯は正常に動作していることを示しています👌

これで、切り替え工事の完了です👏

 

スカパーご視聴ご希望のお客様、今回ご紹介の案件と同じような工事を行うことで、視聴環境を整えられます👍

ぜひ、アンテナ設置は電翔へお任せくださいませ😌

 

p.s.

ただいま、年末年始電翔特別キャンペーン実施中です!!

3000円分ギフトカードゲットのチャンスです!ぜひご参加くださいませ😌

▼キャンペーン詳細▼

無料見積依頼


スカパーから4K8K対応BSCSアンテナへの切り替え設置模様【茨城県水戸市東赤塚】

2020年05月29日 (金曜日) 12:20

こんにちは🌞

テレビアンテナ工事電翔のブログ担当川原です😊

新型コロナウイルスによる緊急事態宣言が解除されましたが、

一説によると第2破も懸念されており、油断はできない状況ですね😥

身近な個人の対策としては外出時のマスク着用が求められていますが、

マスク不足がなかなか手に入らないという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

電翔では現在、関東エリア限定でマスク50枚プレゼントキャンペーンを実施しております❗❗

先着順に電翔へアンテナ工事をご依頼いただいお客様へマスクをプレゼントさせていただており、

まだまだマスクの在庫が豊富にございますので、この機会にぜひキャンペーンへご参加くださいませ❗❗

※終了※【関東限定キャンペーン】早い者勝ち!アンテナ工事でマスクプレゼント

 

さて、本日は、スカパー放送を見ないため、設置されているスカパー用のアンテナから

4K8K放送用のBSCSアンテナへ交換させていただいた模様をご紹介いたします👍

 

ご依頼いただいたのは茨城県水戸市東赤塚にお住いのH様です😄

手すりのテレビアンテナ

こちらがH様宅に設置されていた

地デジ用の八木式アンテナスカパー用アンテナです。

手すりのテレビアンテナ

今回は地デジ用の八木式アンテナはそのままご使用でスカパーアンテナのみ

4K8K対応BSCSアンテナに取替させていただきました👨‍🔧

4K8K放送はスーパーハイビジョンで従来よりも遥かに画質が鮮明に

なっており、まるでテレビを通さず肉眼で見てるかのような高画質の番組をお楽しみいただけます🤩

4K8K対応BSCSアンテナの新設や切り替えご希望の際は、ぜひ電翔をご利用くださいませ😌

 

なお、設置場所はお写真では分かりづらいですが、ベランダです❗

参考までですが、戸建住宅においてはBSCSアンテナを壁面に設置するケースも多いですが、

壁面設置の場合、金具を取り付けるための穴を開ける必要がございます。

ベランダの手すりを利用することで穴あけは不要となるため

壁へ穴をあけることに抵抗がある方にはベランダへのアンテナ設置も

選択肢のひとつとしてお考え下さいませ😌

 

H様、この度は電翔をご利用くださいまして誠にありがとうございます😌

工事当日は高速の渋滞に嵌ってしまったとはいえ、お約束の時間に遅れてしまい、

大変申し訳ございませんでした😖

また、設置させていただいたアンテナに関しても何事もないのが一番ですが、

万が一不具合等お気づきの点がございましたら、ご遠慮なく電翔までお声掛けくださいませ📞✉

 

余談ですが、H様の息子さんが電翔のロゴカー

別のアンテナ工事現場で発見してくださったとのことです😆

その電翔ロゴカーがこちらです🚗

電翔のロゴカー

電翔ロゴカーは数少なくなかなかお目にかかれないので、

どこかで見つけた際はラッキーだと思ってください🤩

以上、スカパーから4K8K対応BSCSアンテナへの切り替え設置模様をお伝えしました😉

無料見積依頼


開く 閉じる