破風板 | 株式会社電翔

ユニコーンアンテナはデザインアンテナの設置困難の際にもおすすめ【千葉県柏市】

アンテナBlog

破風板の一覧

ユニコーンアンテナはデザインアンテナの設置困難の際にもおすすめ【千葉県柏市】

2021年01月15日 (金曜日) 12:22

こんにちは!

テレビアンテナ工事電翔のブログ担当川原です😊

 

本日も電翔のアンテナ工事をご紹介します😉

その前に、地上デジタル放送用のアンテナには、種類があると、過去ブログでも何度かお伝えしていますが、

・八木式アンテナ

・デザインアンテナ

・ユニコーンアンテナ

の3種類が存在しています。

各アンテナの詳細につきましては、下記リンクよりご確認いただけます♪

テレビアンテナ工事の種類

元々、八木式アンテナのみでしたが、時代の流れとともに、新しいアンテナが開発されてきました。

近年、見映えが良く人気の高いデザインアンテナに加えて、第3世代のユニコーンアンテナが登場し、アンテナの常識も変わりつつあります💡

ただし、デザインアンテナは、壁面設置の例が多く、住宅密集による電波遮蔽の可能性が高いエリアでは、受信困難な場合もあります😥

そんな時は、高い場所で感度の良い電波受信に適していて、見た目もオシャレなユニコーンアンテナがおすすめです👍

そこで、同様の条件で、実際にご希望のデザインアンテナからユニコーンアンテナの設置となった事例をお伝えします。

 

ご依頼くださったのは、千葉県柏市豊町に新築を建てられたお客様です。

こちらが、今回使用したユニコーンアンテナの様子です。

周辺にはマンションなどの、高層建造物も多く立ち並んでいるため、やはりデザインアンテナの壁面設置では受信が厳しい状況でした😭

見映え良く、立ち上げスタイルで感度の良い地デジ電波が拾えるユニコーンアンテナを使用することに!

さらに、衛星放送のご視聴もご希望だったため、併せてBS/CSアンテナも設置しました🔧

このセットは1本のマストにまとめるて固定できます👍

金具はサイドベースを使用して、破風板にビス止めしています。

こちらは、金具設置前に破風板にビス穴を開けてコーキング処理を施した様子です。

ビス穴から雨水の浸水を防ぎ、腐敗を防止します👌

受信したテレビ電波を強くして、テレビ視聴を安定させるためのブースター電源も設置しました🔧

ブースター本体は、アンテナを固定したマストに一緒に、電源は屋内のマルチメディアボックス内が設置場所です👌

これで、無事、地デジと衛星放送が映るようになりました😆👏

オシャレなアンテナ設置をご検討のお客様、ぜひユニコーンアンテナも選択肢のひとつにお考えくださいませ♪

無料見積依頼


ユニコーンアンテナと4K8K対応アンテナを使用したアンテナ工事【神奈川県鎌倉市】

2020年12月15日 (火曜日) 13:07

こんにちは!

テレビアンテナ工事電翔のブログ担当川原です😉

 

地上デジタル放送用のアンテナに種類があるのをご存知でしょうか?

多くの方に馴染み深いのは、魚の骨のような形をしたUHFアンテナ

新築などの戸建住宅を中心に人気の高い、スタイリッシュなデザインアンテナ

そして、地デジアンテナ界の第三世代として登場したユニコーンアンテナがあります。

▼ユニコーンアンテナの詳細▼

ユニコーンアンテナ

ユニコーンアンテナは、歴史が浅いですが、近年、認知が高まり、着々と設置数を伸ばしております👍

本日は、そのユニコーンアンテナを使用したアンテナ工事をご紹介します。

ご依頼くださったのは、神奈川県鎌倉市寺分に新築住宅を建てられたN様です😊

ホワイト系とブラウン系のカラーを使い分けてツートーンを演出した素敵な新築住宅ですね😆

梯子を立てかけてアンテナ工事スタートです💪

今回は、地デジ用のユニコーンアンテナに加えて、新4K8K放送対応のBS/CSアンテナも一緒にご用命いただいたので、セットで設置しました🔧

破風板にサイドベースをビス止めして、ポール型のユニコーンアンテナと円盤型のBS/CSアンテナを固定しています。

左のお写真のBS/CSアンテナ裏に見える箱型の部材は、受信したテレビ電波を強くして、各お部屋に設置されたテレビに安定供給させるためのブースターです。

ちなみに、ユニコーンアンテナは、奥様がインスタグラムでアンテナを検索されて興味をお持ちになられたそうです😊

アンテナケーブルを屋内に引き込み、2階屋根裏にブースターの電源を設置した様子です。

これで、ユニコーンアンテナと新4K8K対応のBS/CSアンテナの設置工事が完了しました👍

通常の地上デジタル放送に加えて、超高精細映像で迫力満点の美しさを誇る新4K8K放送や海外番組など、幅広いジャンルの専門チャンネルが楽しめる衛星放送の視聴環境が整いました😆👏

こちらは、アンテナ設置後の外観の様子です。

ユニコーンアンテナは360度どこから見ても同じ形状をしていています👀

カラーは白の他、黒もご用意しております👌

ユニコーンアンテナにご興味のあるお客様はもちろん、これから地デジアンテナ設置をご検討されているお客様も、選択肢のひとつにユニコーンアンテナも加えてみてはいかがでしょうか?

設置の際のご相談は、電翔が親切・丁寧にご案内させていただきます😌

 

p.s.

電翔公式インスタグラムのお知らせです!

ブログではお伝えしていないアンテナ工事に関するホットな情報をインスタグラムで配信しております😊

下記バナーよりアクセスできますので、ぜひご覧ください😌

▼電翔公式インスタグラム▼

無料見積依頼


新築平屋住宅のUHFアンテナ設置工事!千葉県野田市の事例

2020年12月08日 (火曜日) 13:13

こんにちは!

テレビアンテナ工事電翔のブログ担当川原です😊

 

12月も第二週に入り、2020年、令和2年終了も刻々と迫っています。

私は、そろそろ年賀状を作らなければと思っている今日この頃です😅

 

さて、本日も電翔のテレビアンテナ工事をご紹介します😉

ご依頼くださったのは、千葉県野田市西光三ケ岡に新築を建てられたS様です。

平屋でレンガ調の外壁が素敵な新築住宅ですね😆

今回のアンテナは地上デジタル放送視聴のために、UHFアンテナを使用しました。

 

破風板設置の場合、サイドベースを呼ばれる金具をビス止めします🔧

ビスを止めるために、破風板にビス穴を開ける必要がありますが、止めたビスの隙間から雨水などが浸水して腐敗しないようにコーキングを施します。

お写真は、電翔の工事スタッフが、サイドベース取り付け後にコーキング処理を行っている様子です👍

コーキング処理後のお写真です。

白い固形物がコーンキング材です。

これで、サイドベースの取り付けが完了です👌

取り付けたサイドベースにアンテナ本体を固定します。

アンテナ本体は支柱(マスト)に取り付けて、サイドベースへ固定しました🔧

UHFアンテナ設置後のお写真です📸

よく目にする、アンテナですね。魚の骨のようにも見えますね👀

アンテナの位置は、電波塔に向けて調整し、レベルチェッカーで入念に電波測定を行って決めます。

アンテナの尻尾(お写真右下)方角に電波塔があります!

ブースターと電源の設置の様子です。

アンテナで受信した地デジ電波を増幅させて、テレビを複数台設置しても、安定した視聴ができるようにするための装置です💡

屋内のマルチメディアボックス内に設置しました。

配線が色々見えますが、テレビアンテナに関する部材はもちろん、インターネットのLANなど様々な配線を収納することができます。

左上のオレンジ色の配管は、CD管と呼ばれるもので、主に光テレビのご視聴のための、光ケーブルを通すために使用することが多いです。

元々、光テレビ視聴仕様に設置された場合でも、後々アンテナ視聴にお乗り換えで、アンテナケーブルを通線する場合もあります。

これで、UHFアンテナの設置工事が全て完了しました👏

アンテナ設置をご検討中のお客様、年内の工事ご希望の場合、お早めにお声掛けくださいませ😌

無料見積依頼


新築引き渡し前のテレビアンテナ工事!茨城県の事例【ひたちなか市】

2020年12月04日 (金曜日) 12:18

こんにちは!

テレビアンテナ工事電翔のブログ担当川原です😉

 

新築を建てられた際のテレビアンテナ工事についてですが、どのタイミングで行えば良いのか分からないというお声もいただきます。

電翔では、以下のタイミングでの工事が可能です👌

①物件お引渡し前(電気工事後)

②物件お引き渡し後

③入居後

詳しくは下記のページでご説明しておりますので、ぜひご参考にしていただければと思います!

新築物件へアンテナ工事検討のお客様

 

そして、本日は、①の物件お引渡し前のテレビアンテナ工事についてご紹介します😊

今回は、茨城県の事例として、ひたちなか市中根に建てられた新築住宅への工事の様子です。

明暗を分けて立体的な構造が特徴的で素敵な2階建ての新築住宅です😆🏠

地上デジタル放送の視聴できるように、UHFアンテナを使用して工事を行いました🔧

ちなみに、お引渡し前の工事は、ハウスメーカーさんからご依頼があれば、お客様のお立合い不要で工事可能です👍

設置場所は、破風板を選びました。

高い場所にアンテナを設置する際は、左のお写真のように梯子を使用します。

レベルチェッカーを使用した、地デジ電波の測定の様子です。

電翔は、このように念入りに測定を行った上で、工事を行います🔧

30dbμv以上であれば、良好と判断しておりますが、58dbμvと表示され、十分、視聴可能レベルと言えます👌

破風板設置には、サイドベースと呼ばれる金具をビス止めしてアンテナ本体を固定します!

お写真は、ビス止めの様子です。

破風板にビス穴を開けて、腐敗しないようにコーンキング処理を行い、金具をビス止めしました🔧

屋内工事の様子です。

1階ユニットバスの天井裏に各部屋にテレビを配置しても電波が弱くならないように、増幅させるためのブースター電源を設置しました🔧

上段の黒い部材が電源、下段の白い部材がブースター本体です。

電源に緑のランプが点灯しているのは正常であることを示しています👌

以上で、新築引き渡し前のテレビアンテナ工事が完了しました👏

これで、お引っ越し後のテレビを設置してケーブルを接続の上、チャンネル設置をすれば、テレビが映るようになります。楽しみですね😊

新築建設中のお客様、これから新築を建てられるご予定のあるお客様、アンテナ工事は電翔へお任せくださいませ💪

無料見積依頼


地デジアンテナはUHF・デザイン・ユニコーンから選択可能【さいたま市緑区】

2020年11月28日 (土曜日) 12:50

こんにちは!

テレビアンテナ工事電翔のブログ担当川原です😉

 

地上デジタル放送を視聴するために必要なアンテナは、現在3種類存在していることをご存知でしょうか?

よく目にするのは、お馴染みのUHFアンテナですね。

UHFアンテナ

八木式とも呼ばれる、最も歴史が長いアンテナです。

魚の骨にも見えますね🐟🧐

つづいて、大変人気なのがデザインアンテナです。

デザインアンテナ

建物外観の見た目を重視されるお客様にご好評いただいております😊

コンパクトな箱型形状が特徴的で、主に外壁への設置が多いです。

そして、地デジアンテナ界の第3世代として登場したのがユニコーンアンテナ

ユニコーンアンテナ

アンテナを設置した様子がユニコーンの角に見えることから名づけられました。

見た目と性能向上を目指して開発されたニュータイプの地デジアンテナです👍

円柱型をしており、360度どこから見ても同じ形状に見えるのが特徴的です。

※各リンククリックで詳細をご確認いただけます。

以上、3種類から選択の上、設置工事が行えます👌

ただし、各設置条件がありますので、詳細は電翔が親切、丁寧にご説明させていただきます😌

お気軽にお声掛けくださいませ。

 

本日は、その3種類のアンテナの中から、UHFアンテナをお選びいただた事例をご紹介します。

ご依頼は、さいたま市緑区に新築を建てられたお客様よりいだきました😆

クリーム系カラーにダーク系カラーを組み合わせた素敵な2階建て住宅です🏠🤩

UHFアンテナは破風板に設置しました🔧

近くで撮影した様子です📸

引込口の直ぐ上の破風板に設置しました🔧

そのため、アンテナケーブルの露出を最小限に抑えることができました👌

アンテナは支柱に取り付けて、ビス止めしたサイドベースに固定しました。

サイドベースをビス止めした様子です。

白い固形物はコーキング剤です。

ビスの隙間から雨水などがビス穴に侵入して腐敗しないようにしています👌

地デジ電波を強くして安定させるために、ユニットバス天井裏にブースター電源を設置した様子です。

緑のランプ点灯は正常であることを示しています👌

これでアンテナ工事完了です。

地デジアンテナの設置をご検討中のお客様、ぜひ、ご参考の上、設置は電翔にお任せくださいませ💪

無料見積依頼


  • テレビアンテナ工事 キャンペーン情報
  • 4K8K放送アンテナ工事
  • 光テレビ・ケーブルテレビから乗り換えをご検討の方
  • テレビが映らない!受信・映像の不具合発生!
  • 電翔アンテナ工事のお支払方法について
  • テレビアンテナ工事のよくある質問
  • 関西エリアテレビアンテナ工事情報
その他
  • テレビアンテナ工事の費用について
  • アンテナ工事の流れ