キャンペーン実施中!

電翔10周年記念!決算還元・大感謝スーパーセール
詳しくはこちら >

テレビの配線工事の費用は?自分でできる?手順とともに解説

アンテナBlog

壁面設置の一覧

テレビの配線工事の費用は?自分でできる?手順とともに解説

2022年11月07日 (月曜日) 13:46

テレビの配線工事の費用は?自分でできる?手順とともに解説

テレビの配線工事の費用はいくら?

テレビの配線工事の費用について解説します。

配線工事は主にアンテナから分配器までと分配器からテレビまでの2種類あり、それぞれ作業内容と料金が異なります。詳細は次のとおりです。

アンテナから分配器までの屋外配線工事の費用

アンテナから分配器までの屋外配線工事の費用は、電翔では3mまでを無料で行い、それ以上の長さを要する場合は、参考価格として1,100~とご提示しております。

また、外壁に穴あけが必要な引き直しの配線工事は27,500円です。いずれにせよ、正確な金額は現地にて事前調査を行って上でお見積もりをお出ししておりますので、ご希望の際は、下記のお申込みフォームをご利用くださいませ。

電翔の無料相談とメール問い合わせのバナー

分配器からテレビまでの屋内配線工事の費用

つづいて分配器からテレビまでの屋内配線工事の費用ですが、こちらは1mまでは無料、それ以上は、屋外配線同様に1,100円~です。

また、穴あけ作業を伴う、参考価格として22,000円とご案内しております。こちらも正確な金額は現地にてご提示しておりますので、お見積もりをご希望でしたらお気軽にお声掛けくださいませ。

電翔の無料相談とメール問い合わせのバナー

テレビの配線工事は自分でできるの?

テレビの配線工事は自分でできるの?

テレビの配線工事は自分でできるの?という疑問についてですが、結論から申し上げますと、可能です。ご自身でもDIYで配線工事を行えます。ただし、次の注意点が必要となり、少しでもご不安であれば、プロの専門業者へのご依頼をおすすめしますので、ご参考になさってください。

屋外配線工事を自分で行うリスク

通常、テレビアンテナは屋根上などの高所に設置してあります。屋外配線はこのアンテナに屋内から伸びているアンテナケーブルを繋がなければなりません。

この過程において、屋根からの転落などの思わぬ事故の恐れがありますので十分注意が必要です。

毎年、屋根からの落下事故はアンテナ工事に限らず、雪下ろしなどでも多々発生しています。決して「自分は大丈夫だ」と思わずリスクがあることを心得た上で作業してください。

また、高所での作業は難しく、転落しなくても、バランスを崩してアンテナに手をかけた拍子に位置がずれてしまうことも。アンテナは正しく位置に調整しないと、電波を受信できなくなってしまい、テレビが映らない原因にもなります。

その他、穴あけ作業が必要ですと、さらに難しい作業内容でハードルがあがります。これらを難なくこなす自信がなければ、おすすめできませんので、決して無理はなさらないようにしてください。

ご不安な場合は、電翔がお手伝いさせていただきます。お気軽にお問合せくださいませ。

電翔の無料相談とメール問い合わせのバナー

分配器の場所が分からない

屋内配線工事を自分で行う場合、分配器からテレビまで壁の中の作業が中心になります。そもそも分配器がどこにあるのか分からなければ、工事が行えません。

設置場所は屋根裏やユニットバスの天井裏など住宅によって様々です。また、例え場所がわかっても、屋根裏などの狭い場所に入って作業を要します。

こういったことに不慣れで難しいとお感じでしたら、ぜひ電翔をご利用くださいませ。すぐにご対応いたします。

電翔の無料相談とメール問い合わせのバナー

電気工事士資格が必要な場合がある

また、大変稀ではありますが、屋内配線工事において、壁の端子の取り付けの際に構造によっては、加工が必要な場合があり、電気工事士資格がなければ作業を行えないケースがあります。

無資格で工事を行ってしまいますと、電気工事士法第3条第1項又は第2項の規定違反となり、3か月以下の懲役または3万円以下の罰金に処される可能性がありますのでご注意ください。

もし、備え付けの端子、または端子の新設も必要で、資格の必要有無がご不明でしたら、電翔へご相談くださいませ。

電翔の無料相談とメール問い合わせのバナー

テレビの配線工事を自分で行う場合の手順

テレビの配線工事を自分で行う場合の手順

では、最後にテレビの配線工事を自分で行う場合の手順を解説します。

アンテナから分配器までの屋外配線工事の手順

現在の状況によって手順は異なりますが、屋内の分配器から外壁の引込口までアンテナケーブルが伸びていれば、アンテナまで伸ばして接続します。

この際、雨樋など使って隠蔽配線すればアンテナケーブルが垂れ下がらずに、外観の見映えが悪くなりません。

また、引込口にアンテナケーブルが無いようでしたら、別途引き直し作業が必要となりますが、こちらはより専門的な技術を要しますので、状況に応じて電翔をご利用くださいませ。

電翔の無料相談とメール問い合わせのバナー

分配器からテレビまでの屋外配線工事の手順

分配器からテレビの配線工事ですが、基本的には、テレビが設置したある部屋の壁の端子までアンテナケーブルを伸ばします。

しかし、壁の中の配線が困難であれば、分配器から壁の内側までアンテナケーブルを露出させて、テレビまで伸ばして直接接続する方法が簡単です。

ただし、アンテナケーブルの露出部が多いほど建物内の見映えは悪くなりますので、綺麗な配線を目指すのであれば、やはり壁内の隠蔽配線をおすすめします。

もちろんこの作業はプロでなければ困難を要しますので、ご自身での配線工事が難しいようでしたら、ぜひ電翔へご相談くださいませ。

電翔の無料相談とメール問い合わせのバナー

まとめ:テレビの配線工事の費用や自分で行う場合の手順について

まとめ:平面アンテナについて

以上、テレビの配線工事について費用や自分で行う場合の手順などを解説しました。

配線工事は、お伝えの通り、基本的に以下の費用で行っております。

屋内配線引き直し(穴あけ作業が伴う場合)¥22,000
屋外配線引き直し(穴あけ作業が伴う場合)¥27,500
外同軸ケーブル3mまで無料 3メートル以上¥1,100~
内同軸ケーブル1mまで無料 1メートル以上¥1,100~

また、自分で配線工事も行えますが、技術や知識が必要でリスクも伴います。場合によっては費用対効果が見込めず、業者に依頼するよりも大幅に高額になってしまうことも。

そういった意味でも安心・安全を考慮すればプロのアンテナ工事専門業者のご利用が一番と考えます。電翔はそのお手伝いが可能ですので、ぜひお気軽にご利用くださいませ。

皆様からのお問合せ、心よりお待ちしております。

無料見積依頼


兵庫県西宮市|テレビアンテナは自分で設置できるの?

2021年10月22日 (金曜日) 11:16

こんにちは!テレビアンテナ工事電翔のブログ担当、川原です😊

 

近年、DIYの流行によりテレビアンテナも自分で設置してみようとチャレンジされる方が増えております。設置方法もインターネットで調べればたくさん出てきますね😏

ただし、テレビアンテナはテレビ視聴に十分な電波キャッチをしなければならず、ほとんどの場合、高所に設置する必要があります!この高所が厄介で、屋根上など足場が不安定な場所も多々あり、慣れない作業は思わぬ事故を引き起こしてしまうことも・・・。

毎年、アンテナ設置に限らず、屋根からの落下事故が起きておりケガだけでは済まないケースあり、危険であることは一目瞭然です😣また、無事に設置できたとしても、アンテナの取り付け方に不備があり、正しく電波を受信できずテレビが映らないなんてこともありえます😰

こういったトラブルを防ぐには、やはりプロの専門業者へのご依頼がおすすめです!!実績豊富な電翔がお手伝いいたしますので、ぜひ、お声掛けください😉

 

さて、本日は、テレビアンテナをご自身でご用意し、工事を電翔にご依頼くださったY様宅のアンテナ工事をご紹介します😊

現場は、兵庫県西宮市郷免町のこちらのご物件。

住宅の外観

以前、入居されていた方はケーブルテレビで視聴をされていたということで、アンテナがないため電翔をご利用くださいました。なお、ご依頼のきっかけは、口コミを見てくださったとのことです😆

また、Y様はご自身で地デジ用デザインアンテナをご用意してくださり、確認したところ使用可能だったため、壁面に取り付けることとなりました。まずは、アンテナを固定するための専用金具をビス止めの様子のご紹介です🔧

外壁の壁面取付金具

ビスに被さっている白い固形物は、ビス穴に雨水が入らないようにするためのコーキング剤です。

つづいて、デザインアンテナを取り付けた様子がこちら。

外壁のデザインアンテナ

スタイリッシュなアンテナで、ホワイト色をお選びになられたので白い外壁にもよくマッチしています😆念のため、電翔でも部材を準備しましたが、Y様がご用意したアンテナを使用できてホッとしております😊

住宅前の女性

以上でアンテナ工事が完了し、最後にご自宅前でY様にも撮影にご協力いただきました!アンテナに関してとても詳しい奥さまで、中継局などのお話もすぐにご理解してくださり、工事もスムーズに行えました😊この度はありがとうございました😌

自分で取り付けるためにアンテナをご用意したお客様もご不安がございましたら、電翔が設置いたします💪お気軽にお声掛けくださいませ♪

皆様からのお問合せ、心よりお待ちしております😌

無料見積依頼


横浜市金沢区|電翔でアンテナと一緒に壁掛けテレビ設置も!

2021年10月19日 (火曜日) 16:27

こんにちは!テレビアンテナ工事電翔のブログ担当、川原です😊

 

電翔といえば、テレビアンテナのイメージが強いかと思いますが、実はそれ以外のサービスにも色々と携わっております👍

 

テレビアンテナ工事以外も!暮らしのことなら電翔にお任せ

 

その中でもアンテナにと関係が深い壁掛けテレビは人気で、一緒に工事をお申込みいただくことも可能です👌本日は、実際にアンテナと壁掛けテレビ設置をご依頼くださったお客様宅の工事をご紹介しますので、ぜひ、ご参考になさってください😉

 

ご依頼くだったお客様は、神奈川県横浜市金沢区富岡西にお住いのY様。地デジ視聴のために、デザインアンテナの取り付けをご希望いただきました。設置場所は外壁で、アンテナ本体を固定するために専用金具をビス止めします🔧その様子がこちら。

 

外壁の壁面取付金具

 

アンテナをまっすぐ設置するために、水平器を使って正確に取り付けています👌今回は4本のビスを使用。四方に止めたビスは白い固形物が覆われていますが、これはコーキング剤で壁面に開けたビス穴に雨水が侵入して腐敗を防ぐ目的で使用します👍

 

そして、アンテナ本体を取り付けた様子がこちら。

 

外壁のデザインアンテナ住宅の外観

 

地デジ電波に合わせて角度調節して固定しました。白い外観に合うようにホワイト色のデザインアンテナを選びましたが、遠目から見てもよく馴染んでいます😊つづいて、アンテナで受信した地デジ電波をテレビまで送るための配線処理です。

 

外壁の引込口

 

こちらは引込口にアンテナに接続した同時作ケーブルを屋内に引き込んでいる様子です。屋内には、ブースターと電源を設置してテレビの映像が乱れないように地デジ電波を強くしました👍

 

天井裏の機器類

 

上部の白い部材がブースター、その下の黒い部材が電源です。緑のランプはブースターが正常に動作していることを示しています👌

 

壁掛け設置したテレビ

 

こちらは、壁掛けテレビ.com様が設置を行った壁掛けテレビです!お部屋の広さそのままで、大型テレビを設置できるのも大きな魅力ですね😊地デジもバッチリ映っています📺

 

以上で、アンテナ工事と壁掛けテレビ工事の完了です。アンテナでテレビ視聴をお考えのお客様、ぜひ一緒に壁掛けテレビもいかがでしょうか?電翔経由からお申込みで工事料金5%OFFです!!

 

暮らしのお得情報|工事料金5%OFFの壁掛けテレビで住空間がスッキリ

 

ぜひ、ご利用くださいませ😉皆様からのお問合せ心よりお待ちしております😌

無料見積依頼


千葉県山武市|アンテナ工事のついでに”お得に”壁掛けテレビやLAN工事も!

2021年09月27日 (月曜日) 17:52

 

こんにちは🙋‍♀️

テレビアンテナ工事の電翔

ブログ担当のムカイです!

 

\テレビ周りのことなら全て電翔へお任せください/

ということで、本日はアンテナ工事以外に電翔で対応可能な工事を簡単にご紹介🤗

 

・壁掛けテレビ

・LAN工事

・モール工事

の他、光触媒コーティング、エアコン設置に、ウォーターサーバーなど

 

実はテレビ周りの他にも、色々対応しているんです😆🙌

壁掛けテレビは、電翔でご予約いただけると・・・なんと“5%OFF”😳❤

お家のことを整えるとかなり費用がかかるので、このお得な割引があるうちに是非一度お問い合わせください♪

 

さて、テレビアンテナ工事の専門業者として

千葉県山武市でのテレビアンテナ工事をご紹介していきます!

 

今回ご紹介するご物件は、新築の“平屋建て”

最近平屋のご物件を目にする機会が増えているような気がするのは私だけでしょうか。。

コロナの影響でお家に費用をかける方が増えたということなのかもしれませんね🤔❣

 

肝心のテレビアンテナはというと・・・

戸建住宅の外観

 

壁面に地デジアンテナのデザインアンテナと、衛星アンテナのBS/CSアンテナを取り付けています👏

2つともホワイトを設置!

平屋の場合、2階建てのご物件と比べて設置位置が低くなるので、屋根上に八木式アンテナを取り付けることが多いのですが、こちらのご物件では、1階の高さで電波が十分に受信できたので、お写真のようにスッキリとした施工を行うことができました♪

 

マルチメディアボックスの機器類

 

最後に宅内工事について👌

こちらはメディアボックスの呼ばれる、宅内の配線やWIFI機器などをまとめて入れることのできるもので、テレビアンテナで快適に視聴をするために重要な<ブースター>を取り付けています🙆‍♀️

 

アンテナ工事のついでに!お得に壁掛けテレビ工事やLAN工事をしちゃいましょう♪

電翔までお気軽にお問い合わせください😆

壁掛けテレビ.comのバナー

 

無料見積依頼


テレビアンテナのメリットとデメリット

2021年09月19日 (日曜日) 11:33

こんにちは!テレビアンテナ工事電翔のブログ担当、川原です😊

 

皆さん、テレビアンテナの設置を考えた時に、メリットデメリットは気になりませんか?今回は、アンテナ専門店でもあるプロの電翔が詳しく解説いたしますので、ぜひ、ご参考になさってください♪

 

テレビアンテナのメリット

 

まずは、テレビアンテナのメリットをご紹介します。テレビを視聴する方法にはアンテナ以外にも光テレビやケーブルテレビへの契約もありますが、次にあげるメリットを見れば、アンテナの方が良いことが、いっぱいです😁

トータルコストが安い

光テレビやケーブルテレビの場合、月額料金が発生しますが、テレビアンテナは設置費だけでテレビ視聴が可能。光テレビやケーブルテレビのみで放送されている専門チャンネルを全然見ていないのであれば、無料で視聴可能なアンテナの方が断然お得です!!

また、アンテナの寿命も10~15年の長いので、1度設置してしまえば、長期間にわたって無料でテレビを視聴できます👍

テレビ視聴実現までの時間が最短

テレビアンテナは、設置工事のお申込みからテレビの視聴環境が整うまで最も早く実現します。光テレビやケーブルテレビの場合、お申込みから開通までの時間を要することが多々あり、場合によっては3か月以上待ってようやくテレビが見られるようになったというケースもあります😓

すぐにテレビを見たいという場合はアンテナが一番おすすめです!!電翔はお客様との予定が合えば、即日対応も可能です😉

形状やカラーなどの見た目で選べる

テレビアンテナといえば、屋根上に設置する骨型のアンテナをイメージされる方も多いかと思われます。これを理由にアンテナに抵抗感があるという方も少ないですが、実は近年、アンテナもファッション性で選べるようになっていて、形状がオシャレでカラーバリエーションも豊富になっています👍

インターネットや電話回線を自由度高く契約可能

光テレビやケーブルテレビの場合、インターネットや電話回線とセットで契約しなければならないケースも多々あり、他の格安サービスや高速回線を利用できないなんてこともあり得ます。一方、アンテナの場合は各種回線とセットにないので、テレビ視聴以外のサービスは自由度高く選べます

以上、4つのテレビアンテナのメリットをお伝えしてきましたが、実はメリットだけでなく、デメリットも少なからず存在しますので、そちらに関しても触れておきます。

テレビアンテナのデメリットと対策

テレビアンテナを設置する上で、想定されるデメリットは次の通りです。同時に各デメリットへの解消方法もご紹介します♪

設置時に工賃が発生する

テレビアンテナの設置工事を専門業者などにご依頼される際には、初期費用として工賃が発生します。ただし、アンテナの場合、免許なしで設置できるのでDIYで費用を抑えることもできます👌

しかし、高所作業が伴うことの多いアンテナ工事は危険が高く、要所で専門知識が必要な場合もありますので、ご不安あれば専門業者へのご依頼がおすすめです。コスト面でも、光テレビやケーブルテレビの月額料金を長期間支払っていくことを考えれば、アンテナ設置費の方が安いことがほとんどです👍

台風など自然災害の影響を受けることがある

特に屋根上にテレビアンテナを設置している場合は、台風の強風によって倒壊のリスクも少なからずあります。この対策としては、デザインアンテナなど自然災害への耐性が強いアンテナの使用や、屋内設置で回避が期待できます👌

また、仮に万が一自然災害によってアンテナが被害を受けたときは、ほとんどのケースで火災保険が適用され保証で修復可能です!

弱電界地域など一部エリアで受信が困難なことがある

地上波でみれば、アナログ放送から地上デジタル放送に完全移行になって、関東では送信塔が東京タワーからスカイツリーに切り替わったことで、受信性能も依然と比べれば格段とあがっています。

しかし、一部の山間部や高層ビル密集地帯などでは、電波が遮蔽されてしまい、受信困難なケースも・・・。

このような環境下では、高性能アンテナを使用することでテレビ視聴が実現する場合があります👍

住宅の美観を損ねることがある

メリットの項目でも触れましたが、従来のテレビアンテナは骨型が一般的で、住宅のイメージに合わず美観を損ねる恐れもありました😣

しかし、ご安心ください!今では、スタイリッシュなアンテナが人気で住宅の外観に馴染むフォルムになっています😉デザインアンテナを例にとれば、どんな住宅にもぴったりマッチするがコンセプトになっているので、目立たせず設置可能です👍

それでも、どうしても屋外にアンテナを取り付けたくないという方は、屋根裏などの屋内へ設置ができる場合もあります。これならば外観から完全に隠れるので、美観を損ねるといった心配がなくなります!!

以上、テレビアンテナのデメリットと解消方法をご紹介してきましたが、電翔にはアンテナ工事士資格を持ったスタッフが揃っています。ここでご紹介した以外のご不安があれば、解消に向けてとっておきのご提案も可能ですので、お気軽にご相談くださいませ。

まとめ

いかがだったでしょうか?

ここまで、テレビアンテナのメリットとデメリットをアンテナ工事のプロ目線でご紹介してきました。お伝えした通り、テレビアンテナは、メリットが多く、デメリットもご紹介の方法で解消可能です😊

これを機会にテレビアンテナでテレビ視聴をしようというお気持ちが芽生えましたら、ぜひ設置は電翔にお任せくださいませ💪皆様からのお問合せ、こころよりお待ちしております😌

無料見積依頼


開く 閉じる