4K8K放送を見るために必要なアンテナ工事とは?

新4K8K放送対応BS/CSアンテナ

2018年12月1日より、次世代規格のBS・4K8K衛星放送が開始されました。
現行のハイビジョンを超えるより高画質な放送で、臨場感があふれる映像を楽しめるようになります。

その理由は、画素数の大幅なアップ。さらに色彩豊かな表現が可能になりました。
なかでもスピード感のあるスポーツ番組は、臨場感たっぷりの感動を届けてくれること間違いなしです。

4K8K対応のアンテナ工事は安心・丁寧な施工が強みの電翔におまかせください。

新4K8K放送の魅力についてはこちら

 

新4K8K放送を見るには

<チェックポイントは4つ>

1⃣お持ちのテレビは4K8K対応品ですか?

2⃣チューナーはテレビに内蔵、または外付けされていますか?

3⃣4K8K対応のBS/CSアンテナがついていますか?

4⃣アンテナ周辺設備が4K8K対応していますか?

 

新4K8K対応工事を頼むなら、電翔がオススメ!!

今はまだ耳慣れない4K8K放送ですが、一般家庭にも普及が進んでおり、だんだんとスタンダードになりつつあります。

アンテナ工事のスペシャリスト・電翔なら、4K8K対応工事もばっちり対応!

・安心無料見積もり実施中! 工事後の値上げはございません

・5年間の安心アフターフォロー付き! 長く快適に受信設備を利用できます

 

4K8K対応のアンテナ工事が必要な理由

BS通信衛星と右旋左旋療養アンテナ
新4K8K放送は、宇宙にある通信衛星からの電波を受信しています。

BSの電波はらせん状に回転する波形をしており、従来の2K放送では右回りの右旋円偏波というものでした。一方、新しく始まった4K8K放送では、左回りの左旋円偏波という波形をしています。

既存の設備では受信ができない新しい電波の種類なので、きちんと電波信号を受け取れる4K8K対応アンテナにする必要があります。

● BS/CSアンテナ

見た目はこれまでのBS/CSアンテナと同じ、丸い45型のパラボラアンテナです。メーカーによっては「4K8K」のロゴが入っている場合もあり、ロゴの有無で対応しているかどうかがわかります。 従来の2K用アンテナを使っている方は、既存のアンテナ設置位置に取り付けるので、外壁の傷を増やすことなく、最新設備でテレビの視聴が可能になります。
新4K8K放送対応BS/CSアンテナ

ほかにも!

新4K8K放送を見るために必要な設備は、実はアンテナだけではありません。
何が必要なのか?どうやったら見れるようになるのか?をここでは詳しく紹介します。

● 分配器

分配器は、各お部屋に電波を分配する機器です。4K8K放送化によって受信する電波の波形が変わるので、分配器も交換が必要です。交換費用は、分配数によって異なります。
新築物件は、すでに4K8K対応分配器が設置されている場合もあります。工事ご依頼の際には、是非ハウスメーカー様にも確認してみて下さい。
新4K8K放送対応の分配器

● テレビ端子(ジャック)交換

お家の中には、テレビの配線を接続するための端子(TVジャック)があります。一見すると接続穴だけですが、壁の中にはユニット(端子本体)があり、この本体部分を交換しなくてはいけません。
作業後には、端子部分をきちんと元通りに直しますのでご安心ください。
建物全体の端子交換もできますが、その分コストがかかってしまうので、実際にテレビを接続する箇所のみの交換でも大丈夫です。
新4K8K放送対応のテレビ端子

テレビやチューナーに関して

新4K8Kを視聴するためには、お客様サイドでご用意いただくものがあります。それが、テレビ本体やチューナーといった設備です。現在、各メーカーからさまざまなモデルが販売されています。

フルハイビジョンテレビと4Kテレビ
──対応品のアンテナをつけたが、テレビが従来のハイビジョン用だったら?
テレビは映りますが、4K8K放送ならではの高画質、高精細な映像をお楽しみいただくことができません。4Kテレビの画素数は、ハイビジョンテレビのなんと4倍。細やかな画素が、これまでにないなめらかな映像を再現してくれます。
4KテレビおよびチューナーとHDMIケーブル
──チューナーにはどんなタイプがある?
4K放送視聴には、チューナーも必要です。テレビと一体化した”チューナー内蔵型”と”外付けタイプ”の2種類あります。新しく購入する際には、間違えないようお気を付けください。

4K8K放送に関するよくある質問

──4K8Kテレビ購入のポイントは?

「明るさ」「精細さ」「色彩表現」の3つを要チェック。各メーカーによって、性能が違うので、家電量販店などで現物をみての購入がおすすめです。

──チューナー内蔵型と外付けはどっちが便利?

外付けチューナーの場合は、設置の手間が生じます。もし工事の際にお持ちいただければ、電翔でも取り付けのお手伝いをさせていただきますので、ご安心ください。

マンション・アパートにご入居の方へ

──アンテナを使ってマンション・アパートで新4K8K放送を見るには?
必要な設備は、戸建物件の場合と同じです。アンテナのほか、ブースター、分配器、テレビ端子など受信設備の改修工事が必要です。

──アンテナ工事を依頼する際のポイントは?
工事の際には、建物の管理会社やオーナー様の許可が必要です。また、建物の設備によって工事内容が変わります。まずは、お気軽に電翔へお問い合わせください。管理会社さまへの確認事項や、工事の手順などをきちんとご説明するのでご安心ください。

 

集合住宅に設置された地デジアンテナとBS/CSアンテナおよび分配器と室内壁面端子

無料見積依頼