プロが無料相談受付中!
吹き出し 通話無料

0120-596-442

(法人様:03-4446-2382)

平日・土 9:00〜19:00/日・祝日 10:00〜19:00

メール

ブログ

ホーム ブログ EV充電設備

自宅で快適にEV・PHEVを充電!設置方法とコツ

自宅で快適にEV・PHEVを充電!設置方法とコツ

自宅で快適にEV・PHEVを充電!設置方法とコツ

電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド車(PHEV)の普及が急加速。家庭用の充電設備の整備の重要性も注目されていますが、導入方法がご不明な方も少なくありません。

そこで本記事ではスムーズでお得に家庭用EV・PHEVの充電設備が整えられるよう、充電器の種類をはじめ、具体的な設置方法、費用相場、補助金の活用方法など分かりやすく解説。

電気自動車の充電設備に関しての迷いや不安を解消していただけますので、ぜひご参考になさってください。

\電気工事のスペシャリスト/

電気工事のスペシャリスト
電翔にお任せください

お問い合わせ

 

 

自宅でEV・PHEV充電環境を整える方法

EV(電気自動車)やPHEV(プラグインハイブリッド車)の普及に伴い、自宅での充電環境整備が不可欠となっています。自宅で充電できることで、外出先の充電スタンドへの依存が減り、時間とコストの節約につながります。

まず、自宅充電に適した設備を選ぶ必要があります。一般的には、普通充電(AC100V~200V)と急速充電(DC200V以上)の2種類があります。普通充電は家庭用コンセントから利用できますが、急速充電には専用の機器や設置工事が必要です。

充電器選びで重要なポイントは、出力(kW)と対応コネクタの種類です。車種によって対応するコネクタが異なるため、事前に確認が必要です。また、出力も充電速度に影響しますので、自分のライフスタイルに合ったものを選ぶことが大切です。

設置場所は屋外が望ましいですが、屋内であれば壁や収納スペースに充電器を設置することも可能。安全対策として、保護機能付きの製品を選ぶことをおすすめします。

69,800円〜!1日で工事完了!EV充電器工事の詳細はこちら

家庭用EV充電器の種類と設置方法

家庭用EV充電器には、コンセントや充電ポイントからACをDCに変換して車両のバッテリーに充電するオンボードタイプと充電器内部でDC変換して直接バッテリーに充電するオフボードタイプがあります。どちらも専用コンセントや充電ケーブルが必要です。

設置方法は、専用スタンドを用意し、駐車スペースの近くに設置するのが一般的です。電力会社との契約によっては、使用電力量に応じた料金プランが提供されることもあります。

電源設備にコスト的余裕がある場合は、太陽光発電システムと組み合わせることで、環境にやさしいエネルギー供給が可能です。

設置工事費用の相場と補助金活用

充電器の設置工事費用は、概ね10万円~30万円が相場ですが、地域や施工条件によって変動します。

なお、家庭用充電設備を設置する際には、国や地方自治体が提供する補助金を活用できる場合があります。利用方法や金額は地域によって異なりますので、事前に調査が必要です。

また、充電器メーカーや販売業者が提供するサービスも活用できます。例えば、無料で設置見積もりを提供してくれるサイトや、設置工事をワンストップで手配してくれる業者もあります。

充電設備の購入や設置に関する質問は、車や充電器のメーカー、販売店、電力会社などに問い合わせることができます。適切なアドバイスを受け、自分のライフスタイルや住環境に適した充電環境を整えましょう。電翔はお客様に最適なプランをご用意。ご予算等ご希望に応じた工事が行えますのでお気軽にご相談くださいませ。

\電気工事のスペシャリスト/

電気工事のスペシャリスト
電翔にお任せください

お問い合わせ

 

電気自動車充電のための家庭内設備

電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド車(PHEV)を充電するための家庭内設備は、専用充電設備と一般家庭用コンセントの両方が存在します。専用充電設備は急速充電が可能で、出力は10kWから20kW程度。一般家庭用コンセントは普通充電で、出力は1.5kWから3kW程度です。

家庭で充電を行う際には、EVやPHEVの対応電圧と出力、ケーブルの長さ等を確認し、設置場所を検討することが重要です。また、コンセントのタイプによっては、専用の変換プラグが必要になる場合もあります。

専用充電設備の設置には、電気工事が必要ですが、多くの自治体では補助金制度があり、費用を抑えることが可能です。工事にかかる期間や費用は業者や設置条件によって異なりますので、事前に確認しましょう。

充電設備に関しては、多くのメーカーや販売店が様々な商品を取り扱っています。検索サイトや専門サイトで情報を収集し、ご自身の要望に合った設備を選択することが大切です。また、アフターサービスや保証期間も選定基準として重要なポイントの一つです。

総合的にみて、家庭内で電気自動車充電設備を利用する場合、車種や充電方法によって適切な設備を選び、関連工事や費用を検討し、適切なサポートが受けられる業者と契約することが大切です。

69,800円〜!1日で工事完了!EV充電器工事の詳細はこちら

100Vと200Vの違いと適切な出力選び

100Vと200Vの違いは、電圧の高さによって充電速度が変わることです。100Vは一般的な家庭用コンセントで、出力1.5kWから3kW程度。一方、200Vは専用充電スタンドで出力が10kWから20kW程度あり、充電速度が速いのが特徴です。

適切な出力選びには、ご自身の使用状況や車種を考慮することが重要です。普段の走行距離が短く、夜間充電が可能な場合は、100Vの普通充電で十分です。しかし、長距離走行や頻繁な充電が必要な場合は、200Vの急速充電がおすすめです。

また、車種によっては200V専用の充電設備が必要な場合もありますので、購入前に確認しましょう。

電力会社との契約方法と発電システム

家庭で電気自動車を充電する際、電力会社との契約方法や発電システムも検討する必要があります。

まず、電力会社との契約方法には、従量電灯契約と夜間電力契約があります。従量電灯契約は、消費電力量に応じて電気料金が決まります。一方、夜間電力契約は、深夜から早朝にかけての電気料金が割引されるため、夜間充電が可能な場合はお得です。

また、太陽光発電システムを導入することで、自家発電による電気自動車充電が可能となり、環境にも経済的にもメリットがあります。太陽光発電システムは、自治体や電力会社からの補助金制度を利用することで、費用負担を軽減できます

必要なケーブルと充電プラグの種類

EVやPHEVの充電には、適切な充電プラグとケーブルが必要です。充電プラグには、急速充電に対応するタイプと、普通充電向けのタイプがあります。急速充電タイプは、多くの電気自動車との互換性があり、効率的な充電が可能です。一方、普通充電タイプは家庭用の100Vコンセントで使用でき、日常の充電に適しています。

充電ケーブルを選ぶ際は、使用する車両と充電器に合わせたプラグ形状を確認することが大切です。また、ケーブルの長さも重要で、駐車場の配置に合わせて適切な長さを選ぶ必要があります。長すぎると扱いにくくなりますが、短すぎると充電が困難になることもあります。

充電設備の選定には、自宅の電力環境や駐車スペースを考慮し、車両との互換性を確認しながら最適な選択を行いましょう。また、使用する機器やケーブルの取り扱い方法はメーカーによって異なるため、購入前には必ず確認が必要です。

駐車場や屋外での充電設備利用

駐車場や屋外での充電設備利用には、以下のポイントが挙げられます。

・防犯対策や防水設計が重要

・照明や配線計画を事前に検討

・設置場所の見直しや、近隣住民や施設との調整が必要

・補助金やサービスを活用し、費用負担を軽減

・プラグやケーブルの保護や収納方法を検討

屋外での充電設備利用は、利便性が向上する反面、設置や維持管理には注意が必要です。できるだけ安全で快適な充電環境を整えることが望ましいです。

電翔の工事なら安心安全に充電設備環境が整います。まずはお見積りなど簡単なご相談からでもお気軽にお声掛けくださいませ。

\電気工事のスペシャリスト/

電気工事のスペシャリスト
電翔にお任せください

お問い合わせ

自宅充電のメリットと注意点

自宅でEVやPHEVを快適に充電するためには、メリットや注意点の理解も重要です。

自宅充電のメリット

  1. いつでも充電可能

自宅にEV充電器を設置することで、いつでも好きなタイミングで充電が可能になります。公共の充電スポットでは、他の利用者の待ち時間が発生することがありますが、自宅での充電ならその必要はありません。

  1. 充電のための外出が不要

充電スポットへの移動が不要になるため、時間と労力を節約できます。特に、自宅から離れた場所に充電スポットがある場合には、その利便性は顕著になります。

  1. 太陽光発電との併用で経済的

自宅に太陽光発電システムがある場合、その電力を利用して充電することで、電気代の節約が可能です。また、電気自動車の利用により燃油代の削減も期待できます。

以上のように、自宅にEV充電器を設置することには、いつでも充電できる利便性、外出の手間の軽減、経済的メリットがあります。これらの点は、電気自動車やプラグインハイブリッド車の利用者にとって、大きな魅力となるでしょう。

注意点

  1. 初期コストがかかる

自宅にEV充電器を設置すると、充電器の購入と設置工事に費用がかかります。価格は充電器の種類によって異なりますが、最低でも10万円以上を見積もる必要があります。ただし、長期的に見れば、ガソリン代や外出時の充電費用が節約できるため、トータルのコストはお得になることもあります。

  1. 充電時間が長い

自宅での充電は、主に100Vまたは200Vの普通充電となるため、急速充電器に比べて時間がかかります。ただし、自宅での充電はいつでも可能なため、車を使わない時間を利用して充電することができます。太陽光発電システムと併用すれば、日中の充電も経済的に行えます。

自宅充電は、多くのメリットがありますが、注意点も存在します。充電設備の設置にあたっては、専門業者と相談し、最適な方法を検討しましょう。

69,800円〜!1日で工事完了!EV充電器工事の詳細はこちら

おすすめの家庭用EV充電器メーカーと製品

家庭用EV充電器は、自宅で電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド車(PHEV)を充電するための必要な設備です。おすすめのメーカーと製品を紹介します。

選ぶ際の基準は、信頼性・機能性・価格・サポート体制などがあります。多くのメーカーが家庭用充電器を提供していますが、ここでは人気メーカーに絞って紹介します。

以下は、信頼性や機能面でおすすめの家庭用EV充電器の一覧です。

メーカーモデル特徴おすすめポイント
日東工業EVP-1GTVA壁面取り付けタイプ、EVとPHEV対応、耐久性のあるステンレスとアルミ製、寒冷地に適した設計、安全な3桁ダイヤル錠、215×870×140mm、重さ17kg耐久性と寒冷地での使用適性が高く、安全性も確保されているため、多様な設置環境に適応
パナソニックDNC321K/DNC321PK壁面取り付け、EVとPHEV対応、ケーブル本体収納、鍵付きハンドル、300×1,100×145mm、重さ17kg、銅板製ケーブルの収納と鍵付きハンドルによる高いセキュリティが特長で、安全性を重視するユーザーに適している
トヨタホームEVH1-H/EVH1-H-M壁面取り付けタイプ、EVとPHEV対応、軽量でコンパクトなデザイン、耐寒性、樹脂製、240×415×240mm、重さ7kg軽量でコンパクトな設計は、限られたスペースにも最適で、トヨタ車ユーザーには特に好評
東光高岳HFR1-50B9スタンドタイプ、EV専用、非常停止スイッチ、665×1,734×407mm、重さ270kg高い安全性と販売実績が信頼性を保証し、公共施設などの大規模な設置に最適
新電元工業SDQC-30-S-Cスタンドタイプ、EVとPHEV対応、耐腐食性ステンレス鋼、雷サージ保護、550×1,700×900mm、重さ245kg雷サージ保護機能と耐腐食性の高さが特長で、屋外設置に最適
内外電機EVCSP-1K1スタンドタイプ、軽量、EVとPHEV対応、ケーブル収納、鍵付きスイングハンドル、250×1,500×250mm、重さ44kg軽量で設置しやすく、鍵付きスイングハンドルが防犯面で優れており、多様な環境での使用に適している

これらの製品を参考に、自分の車や家庭の状況に合わせて適切な充電器を選ぶことが重要です。また、設置場所や費用、補助金制度なども検討することで、総合的な満足度が向上します。

よくある質問と回答集

家庭での充電がEVやPHEVの利用者にとって大切な要素であるため、以下に充電設備や方法に関するよくある質問と回答を一覧でまとめました。

電気自動車の充電はどのような方法があるのか?

通常、自宅での充電には200Vのコンセントを利用したAC電源の充電と、急速充電スタンドでのDC電源の充電があります。

家庭での充電設備はどのようなものが必要か?

家庭での充電には専用の充電設備やコンセントが必要で、通常の100Vコンセントでは充電ができません。また、使用電力量によっては、電力会社との契約変更などの手続きが必要な場合もあります。

充電器の設置にかかる費用はどれくらいか?

充電器本体の価格や工事費の相場は、約10万円~30万円です。また、月々の電力料金などコストがかかります。。ただし、補助金や企業・自治体が提供するサービスによって費用負担を軽減できる場合があります。

自宅の駐車場やガレージに充電設備を設置できるか?

設置可能です。ただし、ケーブルの長さや保護機能等も考慮して適切な設備を選択する必要があります。

以上の質問と回答を参考に、適切な充電環境の整備を検討してみてください。

充電器の種類は何があるか?

主に急速充電器と普通充電器があり、普通充電器は一般的な住宅で用いられることが多いです。

 充電器を購入する際のおすすめメーカーは何か?

日東工業、パナソニック、トヨタホーム、東光光学、新電元工業、内外電気など信頼と実績がある国内メーカーがおすすめです。

家庭用EV充電器の機能にはどのようなものがあるか?

メーカーや製品によって様々ですが、雨対策用のカバー付き、ケーブル収納、手元表示灯など家庭で快適に充電するための便利な機能が備わっています。

まとめ:自宅でのEV・PHEV充電環境の整備

自宅でのEV・PHEV充電環境整備は、電気自動車の利用者にとって重要な要素です。充電設備の選択や設置、費用負担の軽減策などを検討することで、快適な充電環境を整えることができます。

次のアクションとして、充電設備の製品情報を検索し、メーカーや代理店に問い合わせて具体的な施工や費用を確認しましょう。

また、自治体やサービスの利用を検討して、手続きや補助金の申請を行うことでお得にEV・PHEV充電環境を整備可能です。

もし、自宅でのEV・PHEV充電環境を整えたい場合は、専門店の電翔へご相談くださいませ。まずは簡単なご相談からでも親身にご対応いたします。下記よりご連絡お待ちしております。

\電気工事のスペシャリスト/

電気工事のスペシャリスト
電翔にお任せください

お問い合わせ

関連する記事

EV充電設備の最新記事

まずはお気軽にご連絡ください

開く 閉じる