キャンペーン実施中!

耐風速アンテナキャンペーン

光テレビは開通まで遅い?すぐ見たいならアンテナがベスト!

アンテナBlog

屋根上の一覧

光テレビは開通まで遅い?すぐ見たいならアンテナがベスト!

2022年07月12日 (火曜日) 11:32

こんにちはテレビアンテナ工事電翔のブログ担当、川原です😊

 

梅雨が明けたはずなのに天気が芳しくないですね・・・😯戻り梅雨なんて言われていて、今日は関東のあちらこちらで雷雨との予報にもなっていますので、くれぐれもお気を付けください😌

もし、テレビの映りが悪くなってしまったなどでお困りでしたら電翔がご対応いたしますので、お気軽にご相談くださいませ。お問合せは下記より受け付けております!

無料お見積もりフォームのバナー

 

さて、いつものようにアンテナ工事をご紹介したいと思いますが、新築でテレビ視聴するために、光テレビをご検討されていて、なかなか開通しないなんてお困りではないでしょうか?

アンテナ設置の必要がなく、インターネットと一緒に契約できるから便利ということで申し込まれる方も多いですが、回線会社様によっては開通まで数カ月、場合によっては半年以上かかってしまうケースも少なくありません😅

せっかく、新築でテレビを楽しもうと思ったのに、いつまでも映らなかったらイライラしますよね・・・😥でもアンテナ工事ならすぐに見られるようになりますよ!しかも光テレビのような月額料金もかかりませんので、おすすめです!

設置は電翔が迅速に行っていますので、すぐにテレビが見られるようになりますよ!ご紹介の案件も光テレビを検討されていましたが、なかなか工事が進まずアンテナにご決断されたケースですので、ぜひご参考になさってください😉

ご依頼くださったのは、神奈川県綾瀬市深谷中に新築を建てられたF様。アンテナはローカル局の東京MXやテレビ神奈川を含んだ地デジ視聴をご希望で、ユニコーンアンテナを使用しました♪

ユニコーンアンテナを設置した戸建住宅

1階と2階のツートンカラーがオシャレな佇まいですね😆屋根上に写っているのがユニコーンアンテナです!

近くで見てみましょう👀

屋根上に設置したユニコーンアンテナ

今回は、骨型のUHFアンテナと同等のスタイルで屋根馬と支柱を使ってユニコーンアンテナを設置しました🔧カラーはブラックブロンズをチョイス。この他、ウォームホワイトもご用意しておりますので、お好みで選択可能です👌

▼ユニコーンアンテナの詳細▼

ユニコーンアンテナとは?【ポール形状が魅力】新アンテナ

 

お次は配線処理のご紹介です。

戸建住宅の外壁

同軸ケーブルはこちらの引込口に配線し、アンテナ本体まで伸ばして接続しています🔧

屋内への引込先の屋根裏には、分配器と接続されていて、テレビにノイズが入らないように電波を強くするためのブースターの本体と電源も設置しました!

屋根裏の分配器とブースターの本体及び電源部

上から、ブースターの電源、本体、分配器です。

以上でアンテナ工事が完了!光テレビよりも早くテレビが見られるようになりました😆👏

今回使用したユニコーンアンテナの設置をご希望でしたら、現在実施中のキャンペーンがお得です!!

22.07 バーゲンセール

ユニコーンアンテナの本体代が半額になるチャンスですので、この機会をお見逃しなく!

また、現在光テレビをご利用中でアンテナに切り替えをご希望でしたら、下記の特設ページもご参考になさってください😉

【月々0円】光テレビからアンテナ視聴への乗り換えがお得

それでは、皆様からのアンテナ工事のご依頼多数お待ちしております😌

無料見積依頼


【2022年最新】台風でアンテナが飛んだ!?もしもに備えてやるべき対策3選

2022年06月23日 (木曜日) 16:29

梅雨明けに伴い、次の天気に纏わる話題は台風になることが多いですが、近年は過去に類を見ない大型で勢力が強い台風の発生率も増えています。

そのせいか、「台風でアンテナが飛んだ」といったトラブルも耳にします。そこで今回は、テレビアンテナの台風対策について解説しますので、ぜひご参考になさってください。

台風でアンテナが飛んだ3件の事例

「台風でアンテナが飛んだ」と表現しましたが、実際は、飛ぶというよりは「倒れる」「倒壊」の方が多い傾向にあります。

「飛ぶ」となると屋根ごとアンテナも吹き飛ばされるようなレベルの台風被害が考えられますが、最初にこれまでに電翔がご対応したアンテナが台風の影響を受けた3件の事例からご紹介します。

台風でアンテナが飛んだ事例1

1件目は、2019年の台風15号で横浜市港南区上永谷の住宅に設置されていたアンテナが倒壊してしまった事例です。

屋根上で倒壊したテレビアンテナ

屋根上で地デジ用UHFアンテナと衛星放送用BS/CSアンテナが1本のマストに固定してありましたが、土台の屋根馬ごと台風で倒れてしまいました。

幸い支線が繋がっていたため、屋根からの落下は避けられましたが、劣化で切断してしまうと、もっと遠くまで飛ばされてしまった可能性もあります。

詳細は下記の別記事を参照

【港南区】台風でアンテナ倒壊♬既存部材を活かして立て直し。火災保険も◎

台風でアンテナが飛んだ事例2

お次は、千葉県千葉市緑区の事例です。

屋根上で倒壊したテレビアンテナ

こちらは、台風到来時から約8年前に屋根上に設置したアンテナですが、強風の煽りを受けて1件目同様に倒壊してしまいました。

テレビアンテナの屋根上設置は、常に外気に触れているため、年数が経つにつれ劣化の進行具合が早い傾向にあります。

そのため、前年の台風には耐えられたが、翌年は倒れてしまったというケースも珍しくありません。

▼事例の詳細▼

台風でアンテナが倒壊…デザインアンテナの新設☆【千葉県千葉市緑区】

台風でアンテナが飛んだ事例3

3件目の事例は、BS/CSアンテナが台風の影響を受けてしまいました。

屋根上のBS/CSアンテナ

写真を見ると、飛ばされてはいませんが、台風の強風でアンテナの位置がずれてしまい、視聴不良を起こしてしまったのです。

このアンテナは衛星放送用ですが、地デジと比べると電波受信がシビアで少しでも位置が悪いと、テレビが映らなくなってしまうことも珍しくありません。

飛ばされなくても不具合が生じる可能性があることを実感させられる事例でした。

詳しくは下記より

台風に煽られ、BSCSアンテナが視聴不良に!ベランダ移設で対策【川崎市】

台風でアンテナが飛ばされないための対策3選

では、台風でアンテナが飛ばされないためにはどのような対策が必要なのか?具体的かつ効果的な方法を3つ解説します。

台風に強いアンテナに取り換える

先述のような現在の設置スタイルに不安点があれば、台風に強いアンテナに取り換えるのもおすすめです。

例えば、地デジ用に八木式と呼ばれるUHFアンテナがあります。このアンテナは、形は変わっているもののテレビ放送開始以来、アナログ放送時代でも使用されていました。

屋根上に設置したUHFアンテナ

ただし、屋根上など風当たりが強い場所に設置されるケースが多いため、台風の影響を受けやすいとも言えます。

こういった事情より、現在では台風などの災害にも強いデザインアンテナやユニコーンアンテナがあります。

外壁に取り付けたデザインアンテナ破風板に取り付けたユニコーンアンテナ

見た目もオシャレなので、ファッション性でも選択可能です。電翔でもこれらのアンテナをいち早く取り入れて、今日までに多くのお客様のアンテナ工事に使用してきました。

また、衛星放送用のBS/CSアンテナでいえば、基本的な形状は変わらないものの、位置ずれ防止用として、風の受け流しを実現したメッシュタイプが登場。

メッシュタイプのBS/CSアンテナ

こちらも台風対策として大変効果的ですので、おすすめのアンテナです。

取り換えをご希望のお客様は、下記よりお申込みくださいませ。

無料お見積もりフォームのバナー

台風に強い場所にアンテナを移設する

アンテナを取り換える方法以外で、台風に効果的なのは、現在よりも風が当たりにくい場所に移設するのも効果的です。

先ほどご紹介した骨型タイプのUHFアンテナは、屋根上設置が多いとお伝えしましたが、破風板や外壁、ベランダにも設置できます。屋根よりも低い位置のため、強風の直撃も回避可能です。

この方法は、衛星放送用のBS/CSアンテナにも効果があります。

さらに台風対策として究極の設置場所としては、屋内があげられます。こちらは地デジのみではありますが、電波感度の強い、強電界地域では建物内でも受信できる可能性が高いです。

屋内の中でも屋根裏に設置するケースが多いですが、台風だけでなく鳥害対策もできます。また、外観から完全に隠せるため、住宅の美観も損ねません。

もし、屋根裏設置をはじめ、台風に強い場所へのアンテナ移設工事にご興味ございましたら、下記より電翔へお気軽にご相談くださいませ。

無料お見積もりフォームのバナー

台風に耐えられるようアンテナを新設撤去する

受信テレビ電波の強度の兼ね合いなど、他の場所への設置が難しい、予算の都合が合わないなどといったご事情がある場合は、アンテナの新設撤去工事で台風から守ることができます。

年数が経つと劣化が進み、各部材の強度も弱くなってしまいますが、同じアンテナでも新品に交換すれば、また耐性が増すので台風対策としても効果的です。

支柱や屋根馬などの錆が進行していると、台風でなくても倒れてしまう可能性もあるので、最初の設置から、だいぶ年数が経っていると感じられているようでしたらメンテナンスもおすすめです。

電翔でご対応いたしますので、ぜひご利用くださいませ。お申込みは下記からできます。

無料お見積もりフォームのバナー

まとめ:台風でテレビアンテナが飛んだ場合について

以上、「台風でテレビアンテナが飛んだ」をテーマに実際の事例や効果的な対策などを解説してきました。

飛ばないようにするためには、主に「台風に強いアンテナへの取替」、「アンテナの設置場所の変更」、「アンテナを新品へ交換」の3つがおすすめです。

また、万が一アンテナが飛んでしまって修理が必要な場合は、火災保険が適用可能なケースもあります。

一部申請に必要な資料は電翔でもご用意いたしますので、お気軽にお声掛けくださいませ。

アンテナ工事に火災保険を使用する方法については、下記に特設ページをご用意しておりますので、併せてご参考になさってください。

【2022年最新】テレビアンテナの修理は火災保険が適用される

無料見積依頼


アンテナが倒れたら保険で修理できる!新設撤去事例をご紹介

2022年06月21日 (火曜日) 11:43

こんにちは!テレビアンテナ工事電翔のブログ担当、川原です😊

 

沖縄では梅雨明けが発表されましたね!いよいよ季節は本格的な夏がやってきそうな予感です😎

とはいえ、既に各地で熱中症も多発しているとのことで、今後の気温上昇に備えたいところですね💦

同時にこの時期になると台風も話題になりますが、先日、ウェザーニューズの発表によりますと、今年2022年の台風傾向は、平年より少ないとのことです。しかし、0ではなく、近年の甚大な被害を考えれば、対策は備えておいた方が良いかと思います🤔

テレビアンテナも例外ではなく、毎年のように強風で倒れたという被害も発生しているので、ご心配であれば電翔にご相談くださいませ♪

万が一、倒れてしまった場合は、火災保険を使った修理も可能です🤗

適用方法についは、こちらをご覧ください。

テレビアンテナの修理は火災保険が適用される

 

そして、本日は実際に火災保険を使ったアンテナ工事をご紹介しますので、併せてご参考になさってください😉

 

ご依頼くださったのは、千葉県市川市国分台にお住いのN様😊

地デジは映っているけど、屋根上のUHFアンテナが倒れてしまったので直したいとのことでした。

さっそく現地調査をしてみると

屋根上の倒れたアンテナ屋根上の倒れたアンテナ

屋根にはみ出る格好で倒れてしまっている上に、土台の屋根馬の足も折れてしまっていました😲

倒れたアンテナの傍のトップライトは割れもなく無事のようでしたが、このまま放置しておくのは落下してしまう危険性もあります😣

そこで、部材の劣化も目立っているので、今回は新設撤去で対応することに。

屋根上のUHFアンテナ

撤去後に新設したUHFアンテナです。新品でピカピカですね😆

倒壊防止のために、支線も新しく交換してしっかりとアンテナのバランスを保っています👍

少し離れたところからみてみましょう。

UHFアンテナを設置した戸建住宅

住宅地で建物が密集していますが、高所で感度の強い地デジ電波を受信できています👌

火災保険を使用するために、修理前と修理後のお写真もN様にご提供し、今回のアンテナ工事は無事終了!

今回設置したアンテナには電翔の保証もお付けしています♪

 

同じようにアンテナが倒れてしまってお困りでしたら、電翔がすぐにご対応いたしますので、ぜひご利用くださいませ😌

今なら、はじめてご利用になられるお客様を対象にこちらの割引キャンペーンを実施中です😉

初めてのお問合せ5%OFFのバナー

その他、1000円ギフトプレゼントキャンペーンも実施中ですので、ぜひお申込みくださいませ😉

Googleクチコミ投稿キャンペーンのバナー

皆様からのお問合せ、心よりお待ちしております😌

無料見積依頼


埼玉県上尾市|テレビが映らない時は電翔の迅速対応で解決

2021年11月14日 (日曜日) 14:39

こんにちは!テレビアンテナ工事電翔のブログ担当、川原です😊

 

テレビが映らない・映像が乱れるなどといったトラブルでお困りでしたら、電翔でご対応可能です👌
原因調査からテレビアンテナの修理や交換などのメンテナンスまで迅速に解決いたしますので、ぜひご利用くださいませ!

 

具体的な例として、本日は、5年ほど前からテレビ映像の乱れがあるお客様宅のアンテナ新設撤去工事の様子をご紹介します♪
ご依頼くださったのは、埼玉県上尾市今泉にお住いのお客様。

撤去前の屋根上設置されていたUHFアンテナとVHFアンテナ

元々、お写真のように屋根上に地デジ用UHFアンテナとアナログ放送用VHFアンテナが設置されていましたが、今回はデザインアンテナに変えて欲しいとのご要望。

また、お問合せはメールでいただきましたが、ドメインがJCOMになっており、アンテナではなく、ケーブルテレビをご利用されている可能性もありましたが、娘様のアドレスでした😅

そして、既存のアンテナを撤去して新しいアンテナを設置したわけですが、地デジ電波の受信レベルが弱く、残念ながらご希望のデザインアンテナは厳しい判断に・・・😥

屋根上のUHFアンテナ

代替え案として、お写真のとおりお客様ご相談のもと、新品のUHFアンテナを同じ屋根上に設置することになりました🔧

屋根上ですと、倒れるかもしれないことを不安視されていましたが、支線でしっかり固定して安全対策をとっていること、万が一の備えに長期保証をお付けしていることをご説明させていただき工事が実現😆

無事、地デジが綺麗に映るようになりました!

 

戸建住宅の外観

設置後の外観全体のお写真です📸屋根上は高所で、周りに障害物も少ないので感度の強い地デジ電波受信が期待できます👍

最近、周辺に高層ビルが建ってしまい、テレビが映らないまたは映りが悪いといった現象があるようでしたら、電波が遮蔽されてしまっている可能性も😱
同様のケースでお困りでしたら、すぐにご対応いたしますので、電翔にご相談くださいませ😊

皆様からのお問合せ、心よりお待ちしております😌

無料見積依頼


東京都立川市|テレビアンテナの寿命を新設撤去工事で解説!

2021年10月30日 (土曜日) 11:49

こんにちは!テレビアンテナ工事電翔のブログ担当、川原です😊

 

テレビアンテナの寿命が気になっているお客様、設置されている環境や種類にもよりますが、概ね10~15年と言われています💡現在、アンテナでテレビ視聴をされていて、最初の設置から年数が経っているという方は、メンテナンスもおすすめです👍

電翔では、テレビアンテナの修理新設撤去工事も行っているので、ぜひご利用ください😉

本日は、一例としまして、倒れてしまったアンテナの撤去と新しいアンテナの設置工事の様子をご紹介します♪

 

ご依頼くださったのは、東京都立川市一番町にお住いのT様。屋根上に設置されていたテレビアンテナが傾いて倒れてしまったため、新設撤去工事となりました🔧

アンテナが倒壊した戸建住宅倒壊したVHFアンテナ

屋根上に倒壊してしまった旧式のVHFアンテナが写っていますが、これは大変です😱

屋根上から撮影した様子がこちら。

倒壊したアンテナ

完全に倒れてしまっていますね😳お隣のお家との距離も近いですし、このまま放置していたら落下して、ご近所トラブルにも発展しています可能性もあります。下に人がいるタイミングで落ちてしまったら、大変な事故にも繋がりかねません😫

早々に撤去させていただきました👌

そして、新しいアンテナがこちら。

ベランダのUHFアンテナベランダのUHFアンテナ

新品のUHFアンテナをT様ご希望で、ベランダに設置しました🔧屋根上や破風板・外壁設置の多い地デジアンテナですが、地デジ電波をキャッチできれば、このようにベランダの手すりに取り付けることも可能です👍

今回は、象鼻金具を使用して手すりに固定してしました!

水平器で測定した金具

アンテナを真っすぐ取り付けるために水平器による測定も欠かしません👍

以上で、T様宅のアンテナ新設工事が完了、再び地デジの視聴環境が整いました👏

なお、T様は電翔ご利用前に、電気屋さんにご依頼したとのことですが、屋根上作業は辞めてしまったため、お断りされてしまったようです💦同様のケースでお困りでしたら、電翔がご対応いたします💪

テレビアンテナの寿命が気になる場合も、ぜひお気軽にご相談くださいませ。皆様からのお問合せ心よりお待ちしております😌

無料見積依頼


開く 閉じる