キャンペーン実施中!

電翔10周年記念!決算還元・大感謝スーパーセール
詳しくはこちら >

【まとめ】引越し先でテレビを観るために必要な契約とは?

アンテナBlog

ケーブルテレビの一覧

【まとめ】引越し先でテレビを観るために必要な契約とは?

2023年01月06日 (金曜日) 13:34

【まとめ】引越し先でテレビを観るために必要な契約とは?

引越しの際に忘れがちなテレビの準備。実はこのトラブルは少なくありません。
電気や水道、ガス、インターネットなど、他のライフラインの手続きはできていても、テレビの視聴環境を整えることは忘れてしまう方も少なくないようです。そもそも、引越し先でのテレビの準備はどのようなことが必要なのか?いざ引越し日が近づくと疑問に思うことでしょう。
テレビを視聴するための選択肢は、おもにアンテナの設置、ケーブルテレビ、ひかりTVの3つです。今回は、引越しの際に、テレビ環境を整えるために必要になる契約などについてご紹介します。

テレビ視聴のためにNHK受信契約の住所変更が必要

まず、前提としてどのような視聴方法であっても、NHKを含む地デジ放送を視聴するためには、NHKとの受信契約が必要になります。地デジアンテナ設置、ケーブルテレビ、ひかりTVすべてが対象です。引越しの際には、住所変更手続きを忘れずに行ってください。

その他に契約が必要なものは?

NHKの地デジ受信契約以外にどのような契約が必要になるのか。アンテナ設置、ケーブルテレビ、ひかりTV。それぞれで必要な契約についてご紹介いたします。まず、必須となる契約と任意になる契約を表にまとめてみます。

NHKの
地デジ契約
NHKの
BS/CS契約
インターネットその他
アンテナ設置必須任意任意
CATV必須必須任意ケーブルテレビの基本契約
ひかりTV必須必須必須ひかりTVのオプション契約

アンテナ設置の場合

自宅にアンテナを設置する場合に、最低限必要な契約はNHKの受信契約です。引越しの際に住所変更の手続きを行いましょう。引越し前の家で衛星放送(BS/CS)を視聴していた場合は、衛星放送の住所変更も忘れずに行ってください。引越し後にBS/CSアンテナを新しく設置する場合は、衛星放送の受信契約への切り替えが必要になります。また、インターネット環境を整えたい場合は、光回線やモバイル契約などで環境を整えます。
アンテナ設置は、NHKの受信契約以外には料金が発生しないので、費用面で一番メリットがあると言えます。

ケーブルテレビの場合

テレビを視聴するために必要な契約は、ケーブルテレビの契約と、NHKの受信契約(地デジ放送+衛星放送)です。ほとんどのケーブルテレビでは、BS/CS番組が視聴できる環境になります。NHKと地デジの受信契約しかしていない場合は、衛星契約への切り替えが必要です。
インターネットが必要な場合は、ケーブルテレビとセットのネット回線を契約することができます。

ひかりTVの場合

ひかりTVでテレビを視聴する場合は、インターネットとNHKの受信契約(地デジ+衛星放送)が必要です。
まずインターネット契約が必須で、そのオプションと言うかたちでひかりTVを契約します。ひかりTVもケーブルテレビと同様に、BS/CS番組の視聴環境がついてくるので、「観たいのは地デジだけ」という場合でも、衛星放送の受信契約が必要です。

ケーブルテレビとひかりTVはNHK衛星放送の契約を忘れずに

外観に影響がないことから、ケーブルテレビやひかりTVを選択肢に考えている方もいると思います。どちらもBS/CS放送の番組が視聴できるようになるため、地デジが観られれば十分という方でも衛星放送の受信契約は必須になりますので、ご注意ください。
費用を重視する場合は、デザインアンテナユニコーンアンテナなど、外観に馴染むアンテナ設置を検討してみてはいかがでしょうか。

後悔しないアンテナ設置は電翔におまかせください:無料相談/見積もり依頼

無料見積依頼


【新築一戸建て】アンテナとCATVを比較!テレビ視聴環境を整えるならどちらが最適?

2022年12月19日 (月曜日) 16:38

アンテナとケーブルテレビの比較

テレビをみるなら、ケーブルテレビでたくさんの番組をみたい?地デジの番組とVODで十分?

今回は、新築の家のテレビ環境を整える場合、ケーブルテレビとアンテナ設置どちらが良いのか。メリット・デメリットを比較し、それぞれがピッタリのケースをご紹介したいと思います。

アンテナ設置のご相談は電翔までお気軽にご連絡ください:無料相談/見積もり依頼

テレビアンテナ設置とケーブルテレビ加入の比較表

アンテナ設置ケーブルテレビ
初期費用△〜✕
継続費用
視聴環境が整うまでの手間
家の外観への影響

初期費用を比較:ケーブルテレビの工事費割引は長期契約前提の場合

まず、テレビアンテナ設置とケーブルテレビの初期費用の比較です。
テレビアンテナもケーブルテレビも初期費用として工事費がかかります。

通常の地デジアンテナ設置の費用は相場としては約20,000円〜約25,000円ほどです。(選択するアンテナの種類などによって、変わる場合があります。詳しくは下記の記事も参考にしてください。)

関連記事:テレビアンテナ工事の費用は?料金目安や業者選びのポイント

ケーブルテレビの工事費用の相場は、約40,000円〜約50,000円ほどとアンテナ工事よりも高い金額となります。この工事費用は、長期契約を前提に分割で支払うこともできます。また、契約期間中、分割金額分を毎月割引するようなキャンペーンが実施されることもあります。

初期費用に関しては、アンテナ設置の方が安く抑えることができると言えるでしょう。

継続費用を比較:アンテナ設置が完全にお得

まずは、利用サービスをテレビ単独で考えた場合の継続費用を考えてみましょう。継続費用は、毎月の料金が発生するケーブルテレビに比べて、地デジテレビアンテナは0円。毎月のランニングコストがかからないテレビアンテナの方に軍配があがります。ケーブルテレビは、一般的な地デジ番組に加えて、多くの番組が視聴できるのが、メリットの1つです。その代わり、月額料金は約5,000円〜約7,000円が発生します。

次に、インターネットの利用も考えた場合の料金を考えてみます。ケーブルテレビとネットのセット料金の相場は約7,000円〜12,000円ほどです。他社のインターネット回線と比較すると、少し高額といえます。最近では、インターネット回線も、モバイルルーターや光回線と様々な選択肢があります。ケーブルテレビよりも安い料金の回線もありますし、同額ならより高速なインターネット回線も選択可能。テレビをアンテナにして、インターネット回線は別で契約した方が、より高いコストパフォーマンスを得られる可能性が高いです。地上波+VOD(動画配信サービス)を楽しみたい方には、テレビアンテナ+インターネット回線という組み合わせがおすすめです。

アンテナ設置の方が、ランニングコストの面でもメリットが多い可能性が高いです。

視聴環境が整うまでの手間を比較

申し込みから実際にテレビ番組が視聴できるようになるまでの期間については、テレビアンテナの設置の方が圧倒的に早いです。テレビアンテナは最短で、見積もりと設置工事を1日で完了させることができます。ケーブルテレビは申し込みから工事完了までは、最短で2週間、長い時は1ヶ月以上かかる場合もあります。そのため、2週間以内にアンテナ工事日を設定できれば、アンテナ設置の方が早く視聴環境が整います。

家の外観への影響を比較

ケーブルテレビは、家の外観への影響がありません。どうしても家の外観を崩したくないという場合は、テレビアンテナよりもケーブルテレビの方が有効です。

最近では、テレビアンテナもデザイン性の高いものが増えてきました。デザインアンテナやユニコーンアンテナと呼ばれるアンテナは、デザイン性が高く新築一戸建てなど、外観が気になる方を中心に人気が高まっています。そのようなタイプのアンテナであれば、周辺から見えてもそれほど目立たなかったり、死角に設置すれば外観への影響を最小限に抑えることができます。

また、その他にも、電波が強い地域であれば、屋根裏設置など屋内にアンテナを設置する方法もあります。しかし、希望通りの場所にアンテナが設置できるとは限りませんので、アンテナ工事業者に設置場所の相談をしてから決定した方が良いでしょう。

テレビアンテナ設置とケーブルテレビのメリット・デメリットまとめ

テレビアンテナケーブルテレビ
メリット
  • 初期費用が安い
  • ランニングコストがかからない
  • 多くのチャンネル、番組の視聴が可能
  • 家の外観に影響がない
デメリット
  • 地デジ番組のみ
  • 家の外観に影響する場合がある
  • 初期費用が高い場合がある
  • ランニングコストがかかる
こんな人におすすめ
  • コストを安く抑えたい
  • 地デジ番組のみ、もしくは地デジ+VODが視聴できれば十分
  • ケーブルテレビでのみ視聴できる番組を観たい
  • アンテナは絶対につけたくない
  • お住まいの場所が、テレビの電波を受信しにくい

ここまで、テレビアンテナ設置とケーブルテレビの比較をしてきました。地デジの電波が弱く、受信環境が悪い場合や、ケーブルテレビだけのチャンネル視聴をしたい場合は、ケーブルテレビがおすすめです。

逆に、アンテナ設置がおすすめなケースは、テレビの電波が問題なく受信できる場所です。アンテナ設置の方が、コスト面のメリットが大きいと言えます。

アンテナ設置のご相談は電翔までお気軽にご連絡ください:無料相談/見積もり依頼

無料見積依頼


BSの無料放送を見るには?一軒家やマンションでの視聴方法!

2022年11月11日 (金曜日) 13:18

BSの無料放送を見るには?一軒家やマンションでの視聴方法!

BSの無料放送を見るには何が必要?

最初にBSの無料放送を見るために何が必要か解説します。基本的には、次の3つ部材があれば視聴可能です。

BS専用のパラボラアンテナ

テレビアンテナでBSの無料放送を視聴する場合は、専用のパラボラアンテナが必要です。

現在のパラボラアンテナは、1台でBS放送の他、CS放送、新4K8K放送が見られるようになっています。そのため、相称してBS/CSアンテナとも表現されます。

また、過去の製品は、ホワイト色のみでしたが、技術力向上により、ブラック色も登場。その他、災害対策用としてメッシュタイプも販売されています。

パラボランテナ(BS/CSアンテナ)については、下記のコラム記事でも詳しく解説していますので、併せてご参考になさってください。

BS専用のテレビアンテナケーブル

BSを無料で見るにはアンテナ単体だけでは実現しません。アンテナで受信したBSの電波をテレビに送るために専用のアンテナケーブルも必要です。

これに付随して、電波レベルを安定して映像にノイズが入らないようにするためのブースターやコンバーターといった機器も欠かせません。

また、新4K8K放送の視聴もご希望であれば、対応品をご用意ください。ご購入や設置のご相談は、電翔にて下記より受け付けております。お気軽にお問合せ下さいませ。

BS対応のテレビまたはチューナー

もう一つ重要なのがBSに対応しているテレビやチューナーです。現在のテレビはほとんど対応しているので、問題ありませんが、旧式のタイプですと対応していない場合があります。

特に新4K8K放送については非対応のケースが多いため、対応のテレビへの買い替え、または専用チューナーの導入が必要です。

BSの無料放送を一軒家で見るには?

BSの無料放送を一軒家で見るには?

つづいて、戸建住宅など一軒家でBSの無料放送を見る方法についてです。

新築など全く視聴環境が無い場合は、前項でご紹介した部材を揃えて、設置工事を行えばBSの視聴環境が整います。

既存の住宅や中古物件でアンテナが設置されている状況であれば、調整、対応部材への交換といったメンテナンスのみでも視聴可能。

いずれのパターンでも、BSの無料放送は特に契約などの手続きをしなくても環境が整っていれば、チャンネル合わせて見られます。

BS用のアンテナ設置やメンテナンスをご希望でしたら、専門店の電翔をご利用くださいませ。

電翔の無料相談とメール問い合わせのバナー

また、テレビアンテナ以外の方法としては、ケーブルテレビや光テレビの契約もありますが、別途月額料金が必要です。イメージ的にはBSの無料放送を見るために、月々コストが発生します。

アンテナであれば、設置費のみで視聴できるので、長期的に見れば、最もコストを抑えられる方法としておすすめです。詳しくは下記の特設ページもご覧ください。

BSの無料放送をマンションやアパートで見るには?

BSの無料放送をマンションやアパートで見るには?

BSの無料方法をマンションやアパートなどの集合住宅で見るには、一軒屋と異なり、物件の環境によって異なりますので、よくあるパターンごとに解説します。

BSアンテナ既設の物件の場合

BSアンテナが既に設置されていて、視聴可能なマンションやアパートであれば、対応しているテレビまたはチューナーをご用意して接続すれば、見られます。

ただし、新4K8K放送の視聴も考えていて、築年数が長い物件の場合、アンテナが旧式で対応していないことも。こういったケースでは、後述する方法または、管理人へのお申し出により見られる可能性があります。

地デジ放送のみ視聴可能な物件の場合

物件によっては、地デジのみが共用されていてBSに対応していない場合があります。こういったマンションやアパートなどの集合住宅は入居者様が個別にアンテナを設置すれば視聴可能です。

ただし、個別の設置が認められている場合に限りますのでご注意ください。許可されていて、設置工事をご希望でしたら、電翔にてご対応いたしますので、お気軽にご利用くださいませ。

電翔の無料相談とメール問い合わせのバナー

ケーブルテレビや光テレビ対応物件の場合

アンテナでなくBS放送に対応しているケーブルテレビや光テレビに契約済みのマンションやアパートであれば、基本的にテレビのみ準備すれば、BSの無料放送も視聴できます。

注意点としては、物件がケーブルテレビや光テレビに対応になっていても、契約は入居者自信が行う必要がある場合です。こういった物件は、ケーブルテレビや光テレビに個別に申込みが必要になりますので、入居前によくご確認しておきましょう。

BSの無料放送一覧

BSの無料放送一覧

ところで、BSの無料放送はどんなチャンネルを見られるのかご存知でしょうか?ご参考までに2022年現在視聴可能な無料放送一覧を下記にまとめました。

■BS無料放送一覧

BS日テレ
BS朝日
BS-TBS
BSテレ東
BSフジ
BS11
TwellV
放送大学
BS松竹東急
BSJapanext
BSよしもと

■BS公共放送一覧

NHK BS1
NHK BSプレミアム

■110°CS放送一覧

ショップチャンネル
QVC

■BS4K放送一覧

BS朝日4K
BS-TBS 4K
BSテレ東4K
BSフジ4K
BS日テレ4K
ショップチャンネル4K
4KQVC

■BS4K公共放送一覧

NHK BS4K

■BS8K公共放送一覧

NHK BS8K

 

このように、地デジに比べると、はるかに多くのチャンネル数で色々な番組をお楽しみいただけるので、テレビライフが広がります。

公共放送については、別途NHK受信料が必要となりますので、ご注意ください。

ご視聴ご希望の場合は、テレビアンテナ工事など電翔でお手伝いいたしますので、ぜひご利用くださいませ。

電翔の無料相談とメール問い合わせのバナー

▼関連記事▼

まとめ:BSの無料放送について

まとめのイメージ

以上、BSの無料放送について見るには何が必要で、どんな視聴方法があるのかについて解説しました。

まとめますと、アンテナで見る場合は次の部材が必要です。

・BS専用パラボラアンテナ(BS/CSアンテナ)
・BS専用テレビアンテナ
・BS対応テレビまたはチューナー

 

また、一軒家やマンション、アパートなどの集合住宅の環境によって、視聴方法が異なります。

アンテナの設置状況、物件ごとの対応状況などご確認の上、適切な方法でBSの無料放送をお楽しみくださいませ。

何かご不明点等ございましたら、電翔がお答えいたしますので、お気軽にご連絡くださいませ。

無料見積依頼


共同アンテナで映らない!?テレビの視聴方法と廃止時の対処方法

2022年11月01日 (火曜日) 10:13

共同アンテナと視聴方法

共同アンテナと視聴方法について

お引っ越し先でアンテナを設置してテレビを視聴しようと思ったところ、「この地域は電波が弱いからアンテナでテレビは映らないよ?」と言われたことはありませんか?

基本的にテレビは電波を送らなければ、番組が見られません。アンテナ設置で視聴する他、ケーブルテレビや光テレビの契約などがありますが、これらは月額料金というランニングコストがかかってしまいます。

もしコスト重視で、自治体が用意した共同アンテナが設けられていれば、これを利用して視聴が実現する可能性があります。

なお、共同アンテナとは、主に弱電界地域と呼ばれる著しくテレビ電波の受信が困難な家庭が多いエリアに設けられた専門的なテレビアンテナことです。

各家庭で受信できない環境下で、共同アンテナが代わりに担って、電気やインターネット回線のように電柱などから電波を送ってテレビが見られるようにしています。

視聴方法は、自治体など共同アンテナの管理団体などに申し出て、送付またはその場で受け渡しされた申請書に必要事項記載の上、申し込むのが一般的な流れです。

ただし、近年、「共同アンテナが廃止され、テレビが映らない」といった事案が各地で発生しています。この理由については、次項で詳しく解説します。

共同アンテナが廃止、テレビが映らない地域増加の理由

共同アンテナで映らない地域増加の事情について

共同アンテナでテレビが映らない地域の増加の一番の理由は廃止です。そこで、なぜ廃止するのか?廃止になるとテレビは突然映らなくなってしまうのか?といった疑問にお答えします。

共同アンテナが廃止になる理由

共同アンテナが廃止になる主な理由は、各家庭でのテレビ電波受信の環境改善です。

一般用のテレビアンテナで受信できる家庭が増えれば、共同アンテナを使用なくてもテレビは見られるようになります。

そもそも、共同アンテナは今よりもテレビ電波の受信が難しかった地上波がアナログ放送だった時代に採用されたケースが多く、特に山間部など電波の遮蔽物に囲まれている地域での使用がスタンダードでした。

ところが、時代の流れとともに地上波はアナログ放送から地上デジタル放送へ完全移行し、関東地方で言えば、電波塔が東京タワーから東京スカイツリーに役目を引き継がれたことにより、かつての弱電界地域でも受信環境が各段にあがったのです。

これにより、以前よりも電波が届きやすくなった地域、極端に言えば、弱電界地域から中電界または強電界地域になった自治体を中心に、共同アンテナの廃止が年々、増加しているという背景があります。

共同アンテナ廃止で突然テレビが映らなくなるの?

共同アンテナの廃止が決定したからと言って、直ちにテレビが映らなくなるわけではありませんのでご安心ください。

基本的には、事前に自治体など共同アンテナを管理団体より廃止の通知が届きます。数カ月間前などあらかじめ運営終了日が発表されるのが通例です。

当然、完全に廃止されるまでは、テレビは見られますが、共同アンテナ終了後は映らなくなりますので、引き続き視聴したい場合は、別途対応が必要になります。これについては、後述で詳しく解説します。

共同アンテナ廃止前にテレビが映らない場合について

一方、共同アンテナが廃止される前にテレビが映らない場合は、他に原因が考えられます。

このケースでチェックすべきポイントは次の通りです。

① 近所でも同様に映らない
② ご自身の住宅のみ映らない

 

①のケースでは、廃止を目前に共同アンテナ側にトラブルが発生している可能性があります。既に障害情報が発表されていれば、復旧後に映るようになります。

②の場合は、テレビやアンテナ端子・ケーブルなどにトラブルを抱えている可能性があります。複数のテレビを使用しているようであれば、まずは、1台のみ映らないのか?それとも全てのテレビが映らないのか?を確認してみましょう。

B-CASカードが正しく挿入されていない、アンテナケーブルが抜けているなど原因は様々です。

これらについては、テレビが映らない原因について解説した下記のコラムもご参考になさってください。

 

共同アンテナの廃止でテレビが映らなくなる前にやるべきこと

共同アンテナの廃止で映らない前にやるべきこと

では、共同アンテナの廃止が決定したらやるべきことを管理側と住民側に分けて解説します。

共同アンテナ廃止で映らない前に管理者がやるべきこと

共同アンテナの廃止を決定したら管理側は、以下の流れですみやかに撤去しましょう。

1. 住民への共同アンテナ廃止の告知

共同アンテナの廃止を決定したら、運用終了日時を使用している全ての住民へ適切に告知します。

住民の方々が余裕を持って対応できるように、最低数カ月前に通知を送付するなどの対応が望ましいです。

2.共同アンテナ使用者全てが個別にテレビが見られるかの確認

共同アンテナを廃止するに際して、これまで使用していた全ての住民が個別にテレビが見られるのか確認が必要です。

一軒でも他の方法でのテレビ視聴が不可能ですと、大きなトラブルの基になりますので、慎重な判断が求められます。

3.共同アンテナの廃止手続き

地域ごとに共同アンテナを運用している総合通信局の有線放送課やケーブルテレビ事業課といった専門部署に申し出て、廃止手続きを行います。

併せて、所属する自治体や契約中の電力会社へ連絡の上、電柱共架や道路占有を要している場合は、こちらの廃止手続きも必要です。

4.共同アンテナの撤去

各種手続き完了後は、いよいよ共同アンテナの撤去です。

主に各家庭の引き込み線や保安器の撤去工事が必要となり、他のテレビ視聴方法が可能であると確認がとれた世帯から順に開始。全世帯の工事が完了したら、共同アンテナ本体の電源を落として、撤去作業が行われます。

共同アンテナ廃止で映らない前に住民側がやるべきこと

先述のとおり、共同アンテナの廃止が決まってもすぐにテレビが映らないといった事態には陥りません。

通知されてから廃止までの期間に、家庭用アンテナ設置、光テレビやケーブルテレビの加入など代替えの方法でテレビの視聴環境を準備すれば問題ありません。

なお、新たな視聴方法は、先に述べたように様々ですが、極力コストをかけないのであれば、家庭用のテレビアンテナ設置をおすすめします。

共同アンテナを使用していた地域は、家庭用のアンテナでは受信できないイメージが強いかもしれませんが、廃止ということは、受信環境が改善された可能性が高いのです。

このため、家庭用テレビアンテナでも十分テレビを見られる可能性があります。また、コスト面でいえば、アンテナは設置費のみで、NHK受信料などの有料チャンネルを除けば、無料で視聴可能です。

ご参考までに、各家庭にテレビアンテナを設置した場合の費用を電翔の参考価格として、ご案内します。

地デジアンテナ工事¥22,000~
衛星放送アンテナ工事¥25,000〜
地デジ×衛星放送¥35,000〜

正確な金額は、現地調査にてお見積もりをお出ししておりますので、ご希望の場合は、下記のフォームよりお申込みくださいませ。

電翔の無料相談とメール問い合わせのバナー

また、テレビアンテナの種類に関しては、下記の特設ページで料金とともにご案内しています。

 

共同アンテナ廃止地域の工事は実績豊富な電翔へ

共同アンテナ廃止地域の工事はご依頼実績豊富な電翔へ

共同アンテナ廃止によりテレビが映らない事態が起きないように、電翔では、次のような対応をしております。

共同アンテナ廃止地域の管理者向けの工事のご案内

共同アンテナ廃止地域で管理されている団体向けのご対応として、電翔では住民への説明および対応をサポートいたします。

例えば、複数の物件のアンテナ工事をご依頼などであれば、料金をお値引き価格でご案内可能です。

いずれにせよ、お打ち合わせが必要な案件となりますので、一度電翔までお問い合わせくださいませ。

電翔の無料相談とメール問い合わせのバナー

共同アンテナ廃止地域にお住いの方への工事のご案内

共同アンテナ廃止地域にお住いのお客様は、自治体または直接電翔へお問合せいただきましたら、新しいアンテナ設置工事などのご対応させていただきます。お申込み・ご相談は下記のフォームをご利用くださいませ。

電翔の無料相談とメール問い合わせのバナー

また、テレビの視聴方法は選択自由ですので、ご都合に合わせてアンテナ設置の他、ケーブルテレビや光テレビの契約も可能です。

その場合、各地域に対応している会社へお申込みいただくことで契約できます。

なお、光テレビは既にインターネット光回線をご利用でしたら、プロバイダーなど契約中の回線会社のオプションメニューとして加入可能ですが追加料金が発生します。

ケーブルテレビの場合は、テレビ1台ごとにセットアップボックスと呼ばれる専用機器のレンタルが必要となり、料金がプラスされることが一般的です。

光テレビやケーブルテレビについては、下記の特設ページでも料金等解説していますので、併せてご覧ください。

 

突然テレビが映らない状況で共同アンテナ廃止を思い出した場合

突然テレビが映らない状況で共同アンテナ廃止を思い出した場合

「ある日、突然テレビを見ようと思ったら映らない」「そういえば、共同アンテナ廃止されていたことを思い出した」といった場合の方もご安心ください。

電翔へご連絡いただければ、すぐに家庭用テレビアンテナの新設工事などご対応いたします。

もちろん、ケーブルテレビや光テレビのご加入も可能ですが、月額料金の発生に加え、開通まで数カ月を要することが多いです。すぐにテレビが映らないと困るようであれば、アンテナ工事がベストですので、ぜひご検討くださいませ。

テレビアンテナ設置に関するご相談は、下記のフォームよりお申込みいただけます。

電翔の無料相談とメール問い合わせのバナー

まとめ:共同アンテナで映らない場合と廃止について

まとめ:共同アンテナで映らない場合と廃止について

以上、共同アンテナについて、テレビが映らない場合や廃止時の視聴方法などの対応方法について解説しました。

共同アンテナでテレビを視聴する場合には、各自治体など管理団体へ申請します。廃止の場合は、管理側は前もって住民への説明などの通達および撤去、住民側は家庭用テレビアンテナ設置などへの移行が必要です。

そして、電翔では共同アンテナにまつわるご相談を受け付けておりますので、お気軽にお問合せ下さい。

皆様からのお問合せ、心よりお待ちしております。

無料見積依頼


東京MXの視聴方法は?見る方法をテレビアンテナのプロが解説

2022年10月06日 (木曜日) 11:56

東京MXの視聴方法は?見る方法をテレビアンテナのプロが解説

東京MXの視聴方法

東京MXを視聴する方法は、主に次の4とおりです。

・テレビアンテナ
・ケーブルテレビ・光テレビ
・スマートフォン
・パソコン

 

それぞれの方法を詳しく解説します。

アンテナで東京MXを見る方法

前提として、テレビアンテナで東京MXを視聴するには、電波が発信されている東京スカイツリーまたは中継局のエリア内に設置する必要があります。

ご参考までに東京MXの公式サイトに受信エリアのめやすが掲載されていますので、こちらでも転載させていただきます。

東京MXのエリア
画像引用元:TOKYO MX「TOKYO MX 視聴ガイド」

これを見ますと、東京都外でも視聴可能エリアがありますが、周辺環境に高層ビルなどの電波遮蔽物があると受信が困難場合もありますのでご注意ください。

正確に東京MXの視聴可否を知りたい場合は、電翔の現地調査で正確に測定いたします。下記よりお気軽にご相談くださいませ。

電翔の無料相談とメール問い合わせのバナー

なお、東京MX視聴のためのアンテナ工事料金(参考価格)は以下のとおりです。

東京MX用アンテナ追加
(UU混合器含む)
¥27,500~
東京MX用アンテナ新設
(ブースター別)
¥22,000〜

ケーブルテレビ・光テレビで東京MXを見る方法

アンテナ設置以外で代表的な東京MXを見る方法は、ケーブルテレビや光テレビの契約です。

ただし、これらの視聴方法は、月額料金がかかり、光テレビはNTTのひかりTVでいうと東京都内に限定されていて、通常、他県では見られません。

ケーブルテレビは、アンテナよりも若干範囲が広がり、栃木県、群馬県、山梨県、静岡県の一部地域でも視聴可能です。

なお、現在、ケーブルテレビや光テレビで東京MXを視聴されている方は、アンテナでも視聴できる可能性が高く、ランニングコストも抑えられますので、切り替えもおすすめです。

これについては、下記の特設ページをご覧ください。

光テレビ・ケーブルテレビから乗り換え【月額0円のアンテナ視聴】

スマホで東京MXを見る方法

画面サイズに拘りがない場合は、スマートフォンを使った視聴方法があります。その方法がエムキャスというインターネットサービスの利用です。

お使いのスマホにエムキャスの専用アプリをダウンロードすれば、すぐに見られます。

この方法は、アンテナやケーブルテレビ・光テレビと異なり、エリアを気にせず、全国どこでも無料で視聴可能。アプリは下記よりダウンローできます。

Android用エムキャス
iOS用エムキャス

なお、エムキャスでは、東京MXの一部の番組のみの配信となっていますので、全ての番組を無料でご覧になりたい場合は、アンテナ設置がおすすめです。

アンテナ工事のご相談は以下から受け付けております。

電翔の無料相談とメール問い合わせのバナー

パソコンで東京MXを見る方法

インターネット環境があれば、パソコンで東京MXを視聴できます。こちらは、先ほどのエムキャスの公式サイトに直接アクセスして番組を見る方法です。

パソコンから下記にアクセスすれば、すぐに見られます。

エムキャス公式サイト

なお、エムキャスは、スマホ同様に無料で視聴可能ですが、東京MXの番組全ては、配信されていませんので、ご注意ください。

もし、東京MXの番組を無料で視聴するのであれば、先述同様にテレビアンテナがおすすめです。

設置工事のご相談はぜひ電翔をご利用くださいませ。

電翔の無料相談とメール問い合わせのバナー

東京MXを見るためにおすすめのテレビアンテナ工事

東京MXを見るためにおすすめのテレビアンテナ工事

最後にお得で快適に東京MXが視聴できるおすすめのテレビアンテナ工事を参考価格とともにご紹介します。

東京MXは地上デジタル放送のローカル局に分類でき、次の3つの専用アンテナで視聴可能です。

ユニコーンアンテナで東京MXを見る場合の工事料金

ユニコーンアンテナは、地デジアンテナ界の第3世代として登場しました。見た目と性能を兼ね備えた最新式で、注目されています。最近は東京MXを見たいというお客様からの受注も増えてきました。工事料金は以下のとおりです。

ユニコーンアンテナの工事費用

ユニコーンアンテナの工事料金

▼ユニコーンアンテナをより詳しくチェック▼

ユニコーンアンテナとは?【ポール形状が魅力】新アンテナ

デザインアンテナで東京MXを見る場合の工事料金

シンプルなボックスタイプが特徴的なデザインアンテナ。注文住宅などの新築戸建てを中心に大人気の地デジアンテナです。

カラーラインナップは、ホワイト、ブラック、ブラウン、ベージュの4色。外観の色合いによってお選びいただけます。

以下がデザインアンテナの設置工事費です。

デザインアンテナの工事費用

デザインアンテナの費用

▼デザインアンテナをより詳しくチェック▼

デザインアンテナとは?【外観を損ねない】地デジアンテナ

UHFアンテナで東京MXを見る場合の工事料金

UHFアンテナは、八木式アンテナ、フィッシュボーンの異名も持つオーソドックスタイプの地デジアンテナです。

特に屋根上などの高所での電波受信性能を発揮し、弱電界地域でも東京MXの電波受信に長けています。UHFアンテナの工事料金は以下のとおりです。

UHFアンテナ(八木式)の工事費用

UHFアンテナの費用

▼UHFアンテナをより詳しくチェック▼

UHFアンテナとは?【定番】地デジアンテナで安定受信

まとめ:東京MXの視聴方法について

東京MXの視聴方法について

以上、東京MXの視聴方法について解説しました。

まとめますと、東京MXは以下の方法で見られます。

・テレビアンテナ
・ケーブルテレビ・光テレビ
・スマートフォン
・パソコン

 

中でも、テレビアンテナはお得かつ快適に東京MXを見られ、以下の地デジアンテナの使用で環境が整います。

・ユニコーンアンテナ
・デザインアンテナ
・UHFアンテナ

 

なお、金額は参考価格ですので、正確な料金は現地調査を兼ねたお見積もりをご利用くださいませ。皆様からのお問合せ、心よりお待ちしております。

無料見積依頼


開く 閉じる