【工事不要のネット回線】自宅でも使えるおすすめのWi-Fi環境

アンテナBlog

【工事不要のネット回線】自宅でも使えるおすすめのWi-Fi環境

2023年03月15日 (水曜日) 10:49

※この記事はプロモーションを含みます

近年、多くの人々が自宅でのインターネット接続を必要としています。しかし、新しい建物や住宅地に引っ越すと、まだインターネット回線が敷かれていない場合があります。そこで、工事不要で手軽に利用できるインターネット回線が注目を集めています。本記事では、工事不要のインターネット回線のメリットや種類、注意点などについて解説します。

工事不要のインターネット回線

光回線やケーブルテレビは、インターネット環境を整えるために、工事が必要です。工事が完了するまでに時間がかかったりと、すぐにインターネットを始めることができません。工事不要でインターネット環境を整えられる方法をご紹介します。

モバイルルーター

モバイルルーターとは、モバイル通信網(LTEや5Gなど)を利用して、複数の端末をインターネットに接続するための装置です。モバイルルーターは、Wi-Fiルーターと同様にSSIDとパスワードを設定することで、複数の端末を同時にインターネットに接続できます。

据え置き型との大きな違いは、バッテリー内蔵で外出先でもインターネット接続が可能な点です。例えば、旅行先や出張先でのインターネット接続や、災害時などでも利用することができます。

モバイルルーターを利用する場合、契約によって通信速度によって料金が異なります。また、一定の通信容量を超えた場合は、速度制限がかかる場合があるため、契約内容をしっかりと確認することが重要です。

モバイルルーターのメリット

インターネット回線が必要な場所で、簡単にインターネット接続をすることができます。複数の端末を同時に接続できるため、複数の人が同時に利用する場合に便利です。また、移動中にも利用できるため、旅行や出張、外出先での作業などにも重宝します。

モバイルルーターのデメリット

通信環境によっては、モバイルルーターでのインターネット接続時に通信速度が低下する場合があります。通信回線契約によって、通信容量制限がある場合があり、通信容量を超過すると、通信速度が低下したり、通信制限がかかります。バッテリー内蔵型のモバイルルーターを利用する場合は、バッテリーの持続時間に注意が必要です。

据え置き型のモバイルルーター(ホームルータータイプ)

据え置き型のモバイルルーターは、Wi-Fiルーターと同様に、インターネット回線を配信するための装置です。モバイルルーターは、Wi-Fiによる無線通信に加えて、LTEや5Gなどのモバイル通信網を利用することで、移動中でも高速なインターネット接続が可能です。

モバイルルーターは、電源と通信回線を接続するだけで利用でき、場所を選ばずに使用できます。また、一般的なWi-Fiルーターと同様に、SSIDとパスワードを設定することで、複数の端末がインターネットに接続できます。ただし、使用する通信回線の契約によって、速度制限や通信量制限がある場合があります。

据え置き型のモバイルルーターには、以下のようなメリットとデメリットがあります。

据え置き型のモバイルルーター(ホームルータータイプ)のメリット

インターネット接続が必要な場所に、据え置き型のモバイルルーターを置いておくことで、常時インターネット接続をすることができます。
多くの端末を同時に接続できるため、複数人で利用する場合に便利です。
Wi-Fiルーターとして機能するため、Wi-Fi環境の整備が不要で、配線なども不要です。
モバイルルーターの通信速度が速く、通信回線によっては有線回線に近い速度で通信できる場合があります。

据え置き型のモバイルルーター(ホームルータータイプ)のデメリット

電源の確保が必要で、電源コードを接続しなければなりません。
通信速度には制限があり、高速通信を利用するためには、通信回線契約によって追加費用が必要な場合があります。
電波の届きにくい場所では、通信速度が低下する場合があります。
静止している場所での利用が前提となるため、移動中に利用することはできません。

スマホでのテザリング

スマホでテザリングを行うと、スマホのインターネット回線を利用して、別の端末をインターネットに接続することができます。この方法には、以下のようなメリットとデメリットがあります。

テザリングのメリット

Wi-Fi環境がない場所でも、スマホを使ってインターネットに接続できるため、常にネットに接続したい場合に便利です。
別のWi-Fiルーターを用意する必要がないため、コストがかかりません。
通信量に制限がある場合でも、スマホでテザリングを行うと、通信量を抑えることができます。

テザリングのデメリット

スマホのバッテリーを消耗します。テザリングを行うと、スマホがWi-Fiルーターとして機能するため、スマホのバッテリーが消耗しやすくなります。
スマホの通信速度が低下する場合があります。テザリングを行うと、スマホの通信回線を複数の端末が共有するため、スマホの通信速度が低下する場合があります。
別の端末からのアクセスによって、スマホの通信容量が消費されるため、通信容量に制限がある場合は、注意が必要です。
以上が、スマホでテザリングする時のメリットとデメリットです。利用する場合は、バッテリーや通信速度、通信容量など、注意点を確認して利用することが大切です。

モバイルルーターか据え置き型のホームルーターがおすすめ

コストを考えると、スマホのテザリングが一番安くなります。しかし、電池の消耗が激しくなったり、通信容量の制限を気にしたりと、かなり不便な使い勝手になります。できるだけ固定回線に近い形での使い方をするのであれば、モバイルルーターか据え置き型のホームルーターがおすすめです。

モバイルルーターのタイプを選ぶポイント

持ち運べるモバイルルーターか、据え置き型のホームルーターか。外出先でも使うならモバイルルータータイプ、自宅だけで使うなら据え置き型がおすすめです。

モバイルルータータイプは、外出先で利用できるという利便性がある一方で、最大速度は据え置き型の方が速くなっています。また、つなげる機器の台数も多いため、自宅内で様々な機器をネットに接続することが可能です。

また、サービス提供者毎に、回線速度や月額料金が変わります。最後に、おすすめのモバイル回線サービスをご紹介しますので、比較し参考にして下さい。

(バナーから各社の公式サイトに移動することができます。)

モバイルルーターを比較

とくとくBB WiMAX

通信速度 最大2.7GB
月間データ容量 無制限
データ容量超過後の速度制限 なし
※一定期間内に大量のデータ通信のご利用があった場合、混雑する時間帯の通信速度を制限する場合があり
月額料金 1〜24ヶ月目 3,553円
25〜35ヶ月目 4,103円
36ヶ月〜 4,708円
通信エリア WiMAXの通信エリア
契約期間 最低利用期間24ヶ月
違約金 なし



どこよりもWi-Fi

通信速度 最大150Mbps
月間データ容量 100GB
データ容量超過後の速度制限 128kbps
月額料金 初月 550円
2〜36ヶ月目 3,058円
37ヶ月〜 2,508円
通信エリア docomoの通信エリア
契約期間 2年更新
違約金 更新月以外の解約時に2,508円


据え置き型モバイルルーター(ホームルーター)を比較

Softbank Air

通信速度 最大2.1Gbps
月間データ容量 無制限
データ容量超過後の速度制限 なし
※一定期間内に大量のデータ通信のご利用があった場合、混雑する時間帯の通信速度を制限する場合があり
月額料金 5,368円
通信エリア Softbankの通信エリア
契約期間 なし
違約金 なし



docomo home 5G

通信速度 最大4.2Gbps
月間データ容量 無制限
データ容量超過後の速度制限 なし
※一定期間内に大量のデータ通信のご利用があった場合、混雑する時間帯の通信速度を制限する場合があり
月額料金 4,950円
通信エリア docomoの通信エリア
契約期間 なし
違約金 なし



友だち追加

無料見積依頼

無料見積依頼

開く 閉じる