アンテナの越境問題も解消!ユニコーンアンテナ設置事例【東京都三鷹市】

アンテナBlog

アンテナの越境問題も解消!ユニコーンアンテナ設置事例【東京都三鷹市】

2020年09月24日 (木曜日) 09:46

こんにちは🌞

テレビアンテナ工事電翔のブログ担当川原です。

 

今日は、まずはじめに建物の越境問題についてお話させていただきます!

建物の越境とは、建物に設置された物がお隣の敷地内にはみ出てしまうような状況のことです💦

テレビアンテナに関しても隣家との距離が近く、設置方法や設置場所によっては越境してしまうケースがあります😓

特に八木式アンテナのように設置した時に横に広がるような形状の場合、空中とはいえお隣の敷地にはみ出てしまうことがあります。

これによってご近所トラブルに発展してしまうこともあるようなのでアンテナ設置にも注意が必要です❗

このアンテナの越境問題に役立つのが地デジ用アンテナの第3世代として登場したユニコーンアンテナです👍

ユニコーンアンテナのメリットは立ち上げスタイルで設置することができるため、建物の横に広がらずお隣との境界線が近くても越境しないように取り付けることができます。

 

そこで、今回は実際に電翔が行ったユニコーンアンテナの設置事例をご紹介します。

ご依頼いただいたのは東京都三鷹市にお住いのI様です😊

戸建住宅の外観

今回、I様はケーブルテレビからのお乗り換えでテレビアンテナ工事をご依頼してくださりました😆

なお、お写真奥の建物は、お隣のお家ですが、アンテナの設置場所もお隣と面した場所となりました🔧

大分、お隣との距離が近いですが、越境は大丈夫でしょうか?

住宅の外壁

全く問題ありませんでした😆👏

I様宅には地デジ用にユニコーンアンテナを設置し、セットで衛星放送用のBS/CSアンテナも設置しました。

お写真のように越境も全くしておりません👍

白い円柱型のアンテナがユニコーンアンテナですが、この設置方法が立ち上げスタイルとよばれる工法です。

冒頭で触れたように横に広がらないので、アンテナ取り付けの際に越境がご心配な場合にもご安心いただけます😊

破風板のユニコーンアンテナとBS/CSアンテナ

こちらは別角度からのお写真です📸

お隣の屋根上にUHFアンテナとVHFアンテナが見えますね🧐

高い場所での地デジ電波受信をしていることが伺えますが、I様宅でも立ち上げスタイルで屋根上に近い位置に設置できたことで良好的に地デジ電波を受信することができました。

なお、ユニコーンアンテナ下に見える箱型の部材は安定したテレビ視聴をするためのブースターです💡

テレビ電波の減衰を防いで複数台テレビを設置しても視聴不良を起こさなくなります👌

無事、テレビアンテナ工事が完了し、アンテナ設置でテレビが映るようになりました😆👏

アンテナによるテレビ視聴はケーブルテレビや光テレビのような月額料金がかからないので、ランニングコストの見直しにもおすすめです😊

ぜひテレビアンテナへのお乗り換えをご検討の際は電翔をご利用くださいませ😌

I様、この度は電翔をご利用いただき誠にありがとうございます😌

万が一何かお気づきの点がございましたらご遠慮なく電翔までお声掛けくださいませ📞✉

以上、アンテナの越境問題にも役立つユニコーンアンテナ設置事例についてお伝えしました😊

友だち追加

無料見積依頼

無料見積依頼

開く 閉じる