国立市のアンテナ工事を2件紹介!保険対応のポイントも。 | アンテナBlog | 株式会社電翔

国立市のアンテナ工事を2件紹介!保険対応のポイントも。

アンテナBlog

国立市のアンテナ工事を2件紹介!保険対応のポイントも。

2019年07月08日 (月曜日) 11:59

こんにちは!アンテナ工事電翔の角谷です。

今日は東京都国立市青柳でのアンテナ工事を2件紹介します😊

 

1件目 国立市 ・I様邸

 ご依頼内容:アンテナの撤去

 

電翔では、不要なアンテナの撤去作業も承っておりますが、撤去理由は皆様さまざまです🌱

I様の場合は、“ケーブルテレビを導入するので、アンテナがいらなくなった”というご理由での撤去でした。

アンテナ工事業者としては少し寂しい理由ですが…😢 電翔にご依頼とあれば、責任もって作業を行わせていただきます💪

 

ケーブルテレビ導入でも、アンテナを残しておくことは可能です✨

いずれアンテナでのテレビ受信に戻す時も、部材に傷みがなければ再利用できる可能性も🙆‍♂️⭕

 

ですが、I様邸では撤去したほうがいい理由がありました☟☟

3階ベランダに設置された、BS/CSアンテナと八木式アンテナ

よく見ると、ポールが根元から曲がっており、八木式アンテナが大きく傾ています😱

 

ぎりぎり屋根には触れていませんが、放置しておいてもいいことはナシ🙅‍♂️❌

同じような状態な方がいましたら、早めの撤去や立て直しが勧めです。

取り外したあとのアンテナがこちら☝☝

撤去作業は、電線やお家の壁を傷つけないよう慎重に行っています。

 

丸い円盤型のBSCSアンテナの直径が約45cmなので、いかに大きな部材かお分かりになると思います😳

撤去後の部材は、弊社で持ち帰って処分するのでご安心くださいね💪

 

2件目 国立市 ・M様邸

 ご依頼内容:支線の張り直し

 

M様のお家は、先ほどのI様の家のお隣!

ご依頼の理由は、I様のお家で干していた布団がM様のお屋根に飛んでいってしまい、アンテナを支えている支線が弛んでしまったから😱

(布団がふっとんだ…って、本当にあるんですね😂)

弛んだ支線の写真がこちら☝☝

支線は、アンテナが倒れてしまわないように“支える線”です。

通常、一本のアンテナに対し4本の支線を張ることで、安定性を保っています☘

 

写真の奥には、隣家のI様邸も見えますね❕

 

きちんと張り直して、M様邸の工事も完了です✨

 

この案件では、保険適用となりました。

各種保険対応に関するご対応は、電翔HP内「Q&A」でもまとめています

これから台風なども多い季節🌧

アンテナ工事の火災保険利用は、ぜひ電翔にご相談ください😌

 

友だち追加

無料見積依頼

  • ケーブルテレビ解約の方
  • 光テレビ解約の方
  • TVの映りが悪い方
その他
  • テレビアンテナ工事の費用について
  • アンテナ工事の流れ