新4K8K放送が2018年12月スタート!

新4K8K放送が2018年12月スタート!

電翔の技術が光る高度な施工でハイビジョン放送を超える、次世代高画質映像をご家庭に

2018年12月1日より、次世代規格のBS・4K8K衛星放送が開始されます。
現行のハイビジョンを超えるより高画質な放送で、臨場感があふれる映像を楽しめるようになります。

画素数の大幅なアップ。さらに色彩豊かな表現が可能になりました。
なかでもスピード感のあるスポーツ番組は、臨場感たっぷりの感動を届けてくれること間違いなしです。

2020年には東京オリンピック・パラリンピックも開催されます。スポーツに触れる機会が増える2年後にむけて、4K8K対応のアンテナ工事は安心・丁寧な施工が強みの電翔におまかせください。

4K8K放送はいつから開始?魅力は!?

放送開始は、2018年12月1日です。
2016年からの試験放送を経て、4K8K衛星放送の実用放送がついにスタートします。4K8K放送の魅力は、何といってもなめらかな映像美。
画素数が4倍、16倍と大幅に増えることで、表現可能な色の範囲が広がり、より高精細な映像をご覧になることができます。
明るさの変化もさらに自然になり、肉眼で見るようなリアリティある映像で、テレビの視聴が大きな感動をもたらしてくれることでしょう。

画素数画面サイズ
2K

約200万画素

水平1,920×垂直1,080
=2,073,600

水平画素数 約2,000=2K

32インチ等

4K

約800万画素

水平3,840×垂直2,160
=8,294,400

水平画素数 約4,000=4K

50インチ等

8K

約3,300万画素

水平7,680×垂直4,320
=33,177,600

水平画素数 約8,000=8K

100インチ等

その他、新4K8K衛星放送についてのお問い合わせは、下記へ

☎︎0570-048-001(総務省・新4K8K衛星放送コールセンター)

4K8K放送を視聴するには?

12月スタートの4K8K放送を見るためには、4K8K専用の機器に交換する必要があります。
電翔では、対応アンテナはもちろん、分配器などアンテナ周辺機器のご用意もございます。
数々のアンテナ工事を手掛けてきた電翔に、是非4K8K視聴準備に向けた工事をおまかせください。ご新築やマンションなど集合住宅への設置はもちろん、既存アンテナからの交換作業も可能です。

4K8K視聴には何が必要?

● BS/CSアンテナ

これまでのBS放送の電波は、右旋円偏波といいます。一方、これから始まる4K8K放送は左旋円偏波という種類です。従来のBSCS用アンテナでは、右旋円偏波しか受信できないので、アンテナ本体も左旋円偏波を受信できるものにする必要があります。
また、このアンテナを設置することでCS放送を含む、海外のスポーツ番組やドラマなどバラエティ豊かな番組を視聴できるようになります。
従来のBSCSアンテナと4K8K衛星放送に対応したアンテナの比較画像です。

● 分配器

分配器は、各お部屋に電波を分配する機器です。4K8K放送化によって受信する電波の波形が変わるので、分配器の交換が必要です。交換費用は、分配数によって異なります。
新築物件は、すでに4K8K対応分配器が設置されている場合もありますので、工事ご依頼の際には、是非ハウスメーカー様にも確認してみて下さい。
従来の分波器と4K8K衛星放送に対応した分波器の比較画像です。

● テレビ端子(ジャック)交換

お家の中には、テレビの配線を接続するための端子(TVジャック)があります。一見すると接続穴だけですが、壁の中にはユニット(端子本体)があり、この本体部分を交換しなくてはいけません。
作業後には、端子部分をきちんと元通りに直しますのでご安心ください。
建物全体の端子交換もできますが、その分コストがかかってしまうので、実際にテレビを接続する箇所のみの工事で価格を抑えることもできます。
4K8Kユニットの端子内部と差込口の画像です。

無料見積依頼

  • CATV解約の方
  • 光テレビ解約の方
  • TVの映りが悪い方
  • デジアナ変換
その他
  • テレビアンテナ工事の費用について
  • アンテナ工事の流れ